喉の痛みで病院行くべき?医者に頼らない為の3つの秘密とは?

人工的に加工されたコンビニなどで販売される
大多数の食品に関しても同じことを思います。

酸化防止剤(防腐剤)これって人間に例えると
ゾンビを作っていることになります。

自然の摂理に反しているんですよ。

コンビニやスーパーで防腐剤が入っているサラダを食べて、
舌がピリピリ
とした経験はありませんか?

正常な舌を持っていれば僕達の身体が
拒絶反応を示します。これは自然界には無いものだと。

昔「買ってはいけない」というタイトルの本が流行りましたが、
今では添加物の危険性は常識です。未だにリスクは無いと
思っているなら、長期的に見て危険だと思います。

スポンサーリンク

まず栄養は食品ベースで摂ることが重要です。

調理方法に関してもなるべく加工は行わない。例えば、
野菜は生野菜が1番です。卵も生卵が1番。お寿司も良いです。

栄養はほとんどが熱を加えると失われます
水洗いしただけで失われるものもあります。

生と聞くと、食中毒が怖いな…と思われるかもしれませんが、
それは、単純にあなたの身体の免疫力が低下しているタイミング、
不衛生なタイミングで食べるからいけないだけで

タイミングを見計らって、健康な時に食べれば
そういった問題はまず起きません。

なるべく防腐剤、防黴剤
(ぼうばいざい、カビ防止)は避けたいです。

サプリメントなどはその後です。

人間は自然体が一番能力を発揮できるように、
食べ物もなるべく自然に近い状態が良いのです。

「薬を飲むな。」「とにかく痛みを我慢しろ。」

と言ってるように聞こえるかもしれませんが、
そういうことが言いたいのでは無く

長期的に見ればまず人間本来の自然の治癒能力を
信じて良いんじゃないの?
と感じてしまうのです。

薬の服用によるデメリット、
リスクを見て見ぬフリしていませんか?

なまじ症状が消えるから薬をリピートしてしまう。
そのような経験はないですか?

症状は身体の悲鳴なのです。
悲鳴を上げている赤ちゃんを無理矢理黙らせますか?
赤ちゃんに精神安定剤飲ませますか?

お腹が減っているのかなぁ?うるさかったかなぁ?
パパじゃなくてママがだっこしたほうが良かったかなぁ?

そうやって原因を考えると思います。

赤ちゃんの悲鳴=症状であって、正しい防御反応なのです。
それを薬で消去してはいけません。

お医者さんの権威にどこか心を奪われていませんか?

彼らの言うこと迷信だとしたら?
出す薬が本当は出す必要の無い薬だったら?

先ほども述べましたが、お医者さんも商売です。
必要の無い施術を要求し、利益を追求しているとしたら?

医者であっても僕達と同じ人間です。来月のローンの支払い、
風俗に通う金、その為に時には「本当は必要ないけど手術するか」
ということもあります。

次のページでは喉の痛みの根本的な原因をお話しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク