喉に違和感がある…ポリープが問題?病院行ったほうが良い?

の違和感は一体なにが原因なのか?

自分自身で突き止めるのは難しいですよね?

もし声帯にポリープができているとしたら、
鏡で確認することはできません。
扁桃腺の腫れとかなら見えると思います。

病院に行く行かないも個々人で判断が分かれます

耳鼻科医は喉のポリープ(声帯ポリープ)の場合、
9割が良性なので放置してもOKという人もいます。

実際、安静にして声をあまり出さないようにするなど
していれば1週間ほどで自然治癒します。

スポンサーリンク

もし声帯にポリープが出来ているなら症状としては、声が枯れます。

普通に発声しているつもりが、空気が漏れている感じになったり、
声が途中で出なくなったり、普段より声が低くなったりする場合は、
ポリープの可能性があります。

感覚として喉に違和感があるけども、咽頭炎かもしれないし、

実際は炎症はしていなくて咽喉頭異常感症(ヒステリー球)かもしれません。
喉は精密な部分であり、原因の特定が一般人には難しいことは間違いありません。

症状が1日2日の話ではなく、1週間も2週間も喉の違和感が
続いているのであれば、病院に行ったほうが良い
と思います。

もし声がれが1ヶ月も続いている場合は、喉頭がんを疑う必要も出てきます。

病院は基本的には耳鼻咽喉科に行けば良いのですが、

ポリープでは無く、ヒステリー球だった場合は、心療内科、精神科
専門となる可能性もあるので、憶えておいて下さい。

ヒステリー球や病院の選び方についての知りたい人はこちらへどうぞ。

https://bokuno-news.jp/archives/1316.html

ちなみに

ポリープであった場合、何が原因か?

答えは声の出し過ぎ、タバコの吸い過ぎがほとんどで、お酒や喉の風邪が原因で
ポリープができる場合もあるようです。

ポイントは無理な発声で声帯付近の組織が内出血し、
ポリープになるという点です。

なので自宅療養の場合は、とにかく休むこと、極力何も話さないことです。

しかし、保育園の先生や歌手、芸人など職業柄、
喋らないのは難しいよ。という人もいるでしょう。

安静に出来るまではまず無理の無い発声をすることです。

なるべく大声で喋らない。雑音の多い環境なら
聞き手に近づいて耳元で話すようにするなど
ちょっとした工夫で声帯を労ることができます。

声帯ポリープを放置しても癌に発展することはありませんし、
ポリープが出来て間もない場合は、自然治癒が期待できます。

悲観的になることはありません。

早期発見でない場合は、最悪の場合、手術で切除することも有り得ます。

お笑い芸人しずるの池田一真さんや、パンサーの向井慧さんは
声帯ポリープで手術したそうです。

声帯ポリープの手術に掛かる費用は、その日のうちに終わる場合は、
10000円~50000円、入院の必要がある場合は、100000円ほど、
(金額はあくまで概算であり、保険適応で3割負担の場合の金額です。)

手術後は禁声期間を設けられ、全く話せない日が1週間ほど続き、
その後、1ヶ月以内の安静期間で通常どおりの声に戻るというのが多いようです。

お笑い芸人が声帯ポリープになるのは納得ですね。
彼らは声を張るのが仕事といっても過言ではないでしょう。

しかし、同じお笑い芸人でも手術する人、しない人と
分かれるのはなぜか?

それは人によって無理な発声をしていたり、
十分に喉を休ませていないから
です。

次のページでは、一流の歌手であってもポリープが出来る人、
出来ない人が分かれる理由
、声帯結節とポリープの違いなど、
お話しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク