日焼け止め、子供用と大人用で違いはある?

ります。

なぜなら子供と大人では皮膚の厚さが違います。
子供用の日焼け止め製品は
肌に優しい仕様
になっているものが多いです。

子供用と大人用の日焼け止めのどちらも成分に本質的な違いは無い。

といった意見もありますが、だからといって大人用の
日焼け止めを子供に使用するべきではありません

せめて肉体的に成人になる16歳までは
子供用の日焼け止めやUVクリームを使うべきです。

スポンサーリンク

そもそも子供に日焼け止めはしてあげるべき?

積極的に子供に日焼け止めの薬品を使用するのはオススメしません。

子供の肌はデリケートで弱いので
紫外線の影響を受けやすいのはもちろんのこと、

日焼け止めの影響さえも受けやすいのです。

ノンケミカルなら子供の肌でも大丈夫では?」

と思うかもしれませんが、そもそもノンケミカルとは…
紫外線吸収剤を使っていないもの、子供向け日焼け止めに
よく見られるのですが、

紫外線散乱剤を使用しているため多少肌に負担はかかります。

ノンケミカルといいつつ100%自然のものか?といったら
そうではありません。科学的でないというコンセプトなだけです。

ですから発育過程にある子供にはたとえ日焼け止め
であっても慎重になるべき
だと僕は思います。

日焼け止めをするか否かは置いといて
子供にも紫外線対策はするべき
です。

なぜならここ数年で急速に紫外線に関する研究が進んできて、
以前は母子手帳に表記されていた
「日光浴のすすめ」が1998年に無くなり、

子供の頃から紫外線対策を行なったほうが健康であると
認識が変わってきたからです。

こちらの動画では軽くで良いので子供にも日焼け止めを
塗ってあげることを推奨しています。

子供の10年後のことも考えると
どうすれば良いか?悩むお母さんも多いでしょう。

日焼け止めは自然のものではありませんから、低刺激を謳った
製品でもかならずしもデリケートな子供の肌にマッチするとは限りません。

選んだ日焼け止めを使用して、肌がかぶれたり
痒みを感じたり、異変を感じたら使用を中断すべきです。

日焼け止めを使用する前に

サングラスや帽子や長袖、長ズボンなど身に着けるものを
ちょっと工夫するだけでも十分に紫外線を遮断することが可能です。

一日の中で紫外線のピークは10時~15時、年間での
ピークは4月~9月、最も紫外線量が多い月は7月です。

天候でも変わってきます。曇りの日の紫外線量は
晴れの日の半分に、雨の日は3分の1以下になります。

「7月の晴れの日は日焼け止めを使う」など、
家庭内ルールを決めておくと良いかもしれません。

紫外線対策といっても簡単にできるものが多いです。
子供も大人も知っておきたい具体的な紫外線対策方法は
次の記事でまとめました。

紫外線で目が痛い!すぐできる5つの対処法

次のページでは紫外線に当たるメリット、
デメリットについてお話しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク