日焼け後、皮が剥けない方法はある?

例えば皮を剥ける原因である日焼けを未然に防ぐ為

「日焼け止めを塗る」

という行為1つとっても、

表皮にバリアを張り
潤いを保ってくれ、日焼けを遅らせる。

などのメリットがあります。

自分に合った日焼け止めであれば、皮膚の乾燥を防ぐことが出来るので、
ぺりぺりと皮が剥けるようなことは起こり難くなる
と考えられます。

日焼け止めのデメリットは

肌に合わなかった場合、肌が逆に乾燥したり、かぶれたり、
強めの日焼け止め(SPF50など)を塗り過ぎて痒くなったり、

副作用が出ることです。

では日焼けした結果皮が剥けるのはなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

日焼けして皮が剥ける理由

物凄く簡単に言うと「太陽光の熱さで皮膚が死ぬ」からです。

あまりにも言葉が少ないので誤解を招く恐れがありますね。

具体的に説明すると皮膚が太陽の熱に当たって乾燥し、
時間経過とともに皮膚の細胞が焼かれ、
焼けカスとなった細胞が皮となります。

もう少し詳しく説明すると、

皮膚は、おおまかに表皮と真皮の2つからなり、
皮として剥けるのは表皮で読んで字のごとく
表皮は人間の身体の表面を覆う一番外側の皮膚です。

表皮は細胞で出来ています。人間の新陳代謝で
古い細胞は死に常に新しい細胞に生まれ変わります。

夏でなければ表皮の細胞は新陳代謝で垢となって

お風呂に入ったりシャワーを浴びたり、
身体を洗っている内に流されるわけです。

夏だと熱いから太陽の熱で表皮の細胞の水分が失われ
乾燥し、皮となり、剥ける
のです。

つまり、仮に日焼けしなかったとしてもいつかは
新陳代謝で古い表皮の細胞は垢となり、剥がれるわけです。

「太陽光で乾燥=日焼けで皮が剥ける。」
「日焼けしない=新陳代謝で古い表皮の細胞は垢に」
2つはセットで憶えられそうですね。

重要なことは日焼けした場合は表面が痒くなったり痛くなるので
掻いたり、触ったりしたくなると思いますが、やり過ぎると
一生残る傷跡のようになる恐れがあるので注意すべきです。

僕自身、左目尻から1センチくらい離れた所に
痒みを感じて触り続けていたら薄いシミのように
残ってしまいました。今の所消える気配がありません。

皮は剥けて欲しくないけど小麦肌を作りたい人は
次のような商品を使ってみると良いかもしれません。

まとめ

人間が生きている限り皮膚の細胞は新陳代謝によって
新しく生まれ変わっており、古い細胞は垢となって
流されたりして体には残りません。

日焼けした後は皮膚が乾燥しやすくサランラップが熱で
破れ易くなるように
人間の皮膚も表面(表皮)は
太陽の熱で皮となり剥けてくるのです。

日焼けした後の表皮は皮となって剥けるにしても、
最低限の水分を保って垢となって流れ落ちるにしても

放っておけばどの道、新しい細胞に生まれ変わるのですから
最終的な結果に大きく違いはありません。

大事なのは放置することです。特に日焼けの場合は痒くなりますが、
出来るだけ放置して、自然に剥けるようになるまで待つべきです。

今回、日焼けした後で皮が剥けない具体的な方法を
紹介することはできませんでしたが、

  1. 皮が剥けるのは太陽の熱で水分を奪われ乾燥するから。
  2. 日焼けすると乾燥しやすくなる。

この2つのことがわかっていますから
「日焼けを防ぐことで表皮の水分が保たれ、皮が剥けることはない。」
ということはわかりますよね。

もし日焼けしてしまったのであれば見てくれは悪いかもしれませんが
自然に剥けてくるまで待ちましょう。

果報は寝て待て

そんなことわざがあるように、
「やるべきことをやったけどあれもこれも気になる。」
そんな人こそ、深呼吸し、落ち着いてください。

「痒い部分を爪を立てて掻いてでも
一刻も早く皮を剥きたい!」

・・・あなたがここまで猛烈に我慢できないとは思いませんが

そのような気になる衝動を抑え
己をコントロールし、気にしないことが大切です。

日焼けは生理現象であって、仮に日焼けしなくても
普段から皮膚の細胞は生まれ変わっています。

日焼けによって細胞の生まれ変わりが
目に見えやすい形となっているだけです。

それを人工的にどうこうするのはおすすめしませんし、
当然科学的な薬品を皮膚に塗るのもリスクが伴います。

待ちましょう。まだ何もやるべきことすらやってないなら
寝るより、皮が剥けるのを待つより、行動を起こしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク