皮膚のかゆみ、原因は夏だから?専門書で得た知識を2種類暴露

原因、でもありません。
皮膚の痒みの原因は様々です。

例えば、

  • 乾燥

  • 衣類との接触、摩擦

  • 石鹸や化粧品などの化学薬品との接触

  • 金属アレルギー

  • 食事(アレルギー)

最後の蚊はネタ半分ですが本当のことです。

スポンサーリンク

衣、食、住のすべてに
皮膚のかゆみに繋がる原因が潜んでいる

ことを認識して欲しいのです。なので、「痒みが
気になってしょうがない!」とイライラする気持ちは
仕方ないですし、当たり前のことなので安心してください。

もちろん、夏場、特に気になってくる紫外線による影響もあります。
痒みもありますし、肌が荒れて来ますよね。

ポイントは夏は暑いし、汗をかくし
ストレスが高まり、不快指数が高まるので、
同時に皮膚の悩みも強く感じるのです。(完全に持論ですが。)

当記事には「夏 すね かゆい」で検索して訪れる方が多いので、
最初になんで夏にすねがかゆくなるのかその原因について
最初にお話していきます。

目次

  • 夏にすねがかすくなる原因

  • 皮膚の痒みの原因

  • 痒みは病名で言うと何?

  • 痒みの正体、2つの代表的な皮膚の病気

  • 「かぶれ」と「湿疹」

  • かゆみ(かぶれ)の原因は極端な話、「1つしかない」

  • かゆみの原因を冷静に分析する方法

  • 良い皮膚科の見極める方法

  • まとめ

の順番でお話していきます。

夏にすねがかすくなる原因

すねは皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部分です。
皮膚は乾燥すると敏感になるので少しの刺激でも
気になり、かゆくなるのです。

夏だったら乾燥しにくいんじゃないの?と思われる
かもしれません。確かにそうです。実際、冬は
特に肌が乾燥しますし、

若い女性を対象としたアンケートでは
身体の部位で最も乾燥がきになるところはどこか?
尋ねたところ、6割以上の人が「すね」と答え、

2位の腕や3位の背中や腰などを抑えダントツで
すねが1番乾燥がきになるという女性が多い

じゃあなんで夏にすねがかゆくなるのか?

原因は汗にあります。

夏は汗をかきやすく、皮膚の表面にはそもそも
天然の保湿因子(専門的にはNMFと呼ばれる。)があり、
皮膚の角質にある保湿因子がうるおいを保っています。

しかし、保湿因子は水に溶けやすい。

つまり、もともと乾燥しやすい部位であるすねの
保湿因子が汗に溶けて失い、乾燥し、かゆくなるというのが、
夏にすねがかゆくなる原因なのです。

皮膚の痒みの原因

人によって様々で
最初に上げた5点以外にもアトピーやアレルギー
遺伝の影響も確実にあります

アトピー性の皮膚炎に関しては、
0歳~20歳が患者の大半を占めており、
子供の頃に治るというケースがほとんどです。

しかし、このアトピー性の皮膚炎ですが、
近年は発症数が伸びてきているという報告もあるのです。

さて、少し興味深い近年の事例も紹介してきたところで
本題に入ります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク