青春18切符で旅行!使い方&体験談

青春18切符と言えば

たったの11500円計5日間在来線が乗り放題になるJRのサービスで

お金に余裕の無い学生
移動に時間が掛かることに抵抗が少なくて電車での旅行好きの方には
大助かりのシステムです。

スポンサーリンク

青春18切符の基本的な使い方


  • 自動改札機を通らない。

  • 使用した日は切符に判子を押され、
    乗車、下車の度に駅員さんに青春18切符を見せる。

  • 一回使用したらその日は在来線であれば
    普通、快速はどこまでも乗り放題。

  • 新幹線の乗車には利用出来ない。

  • 特急も基本NGだが、区間によっては
    OKな場合もあるらしいので要確認。

「在来線に限り、どこまでも行ける」ってのが最大のメリットですね。

例えば、通常名古屋〜東京は在来線で6260円です。
青春18切符は11500円なので往復すればその時点で通常料金よりお得になります。

新幹線にこだわらず移動に時間が掛かっても良いのであれば
青春18切符は相当お得
です。使い方は何通りもありますし、

限られた5回をいかに使うか。あれこれ考える楽しみでワクワク感を持てますから

普通に旅行する楽しみに+αされるのも青春18切符の良いところですね。

11500円は金額だけ見れば普通に高いと感じるかもしれませんが、
学生の夏休みで限られた日数とお金で東京も大阪も九州も東北も行きたい!

となると普通に考えれば間違いなく移動費だけで
とんでも無いことになり実現不可となりますが、

新幹線や特急の利用にこだわらず、時間が掛かることを承知なら
青春18切符なら一律11500円で実現できてしまうわけです。

青春18切符はがある!

ここで1つ動画を紹介します。

水曜どうでしょうに感銘を受けて作った自主制作の旅番組です。
今は個人でも面白い動画を作ることができるのですね。関心。



実は1枚で同時に最大5人利用可能


ちなみに調べていてはじめて知ったのですが、

青春18切符の使用可能回数は期間中に5回の計5日間だと思っていましたが、
実は同じ人が利用する必要は無いみたいです。
つまり1枚の青春18切符を複数人でシェアできるのです。

例えば、1日で5人で1枚の青春18切符を使って
東京から大阪まで行けてしまう
ことになります。

(その気になれば往復も可能)

ただ在来線で東京から大阪だったら最低でも8時間40分はかかりますから
車内の混雑の可能性や乗り換え、待ち時間のストレスを考えたら
ケチケチせずに新幹線でタイムイズマネーするほうが

時間の節約にもなりますし、どう考えても楽です。
(新幹線なら東京~大阪は3時間弱で行けます。)

しかし、値段だけを考えるなら青春18切符1枚11500円を5人で割って
1人あたり2300円ですから夜行バスと互角か
それより安いくらいの値段で電車で東京~大阪の移動が可能
になります。

そう考えるとJRさんは「夜行バスにも負けない価格設定で
何かできるサービスは無いか?」そんな目論見で
青春18切符が考案されたのかもしれません。

それはさすがに無いか・・・


少し邪道な使い道


5回のうち4回使って1回分余った青春18切符は
金券ショップに売る。
または友人に売りつける。

なんて使い方もできます。

この使い方は実際に私の友人が行ない、残り1回で期限ぎりぎりの青春18切符でも
500円で売れた
とのことでした。期限に余裕があってラス1のもので
1700円で買い取ってもらえた
こともあるらしいです。

「期限内に5回は使い切れ無さそう!」

と思ったら使い切れずに期限切れを迎えるよりか
金券ショップで多少現金化できる
ので
憶えておくと少しはお得な知識ですね。


青春18切符の使い方、筆者の場合


ちなみに私は大学生の時に1度、青春18切符を使いました。
結構無理な使い方をしましたが、参考になればと思いますので
その時実際にどのような使い方をしたかを紹介します。

  • 名古屋〜博多の往復(別日)で2回

  • 名古屋〜東京の往復(別日)で2回

  • 残りの1回は友人に売却もしくは譲渡(うろ憶え)

当時は夏季だったので青春18切符の有効期間は7月の下旬〜9月の上旬くらいまででした。

名古屋〜博多まで新幹線なら4時間弱ですが、
在来線なら14時間以上
掛かり、何回も乗り換えしますので
結構シンドイものがありました。

バンドメンバー3人で1人1枚青春18切符を買い運命共同体でした。

最初は仲良く話しながら時には寝ながら優雅に移動していましたのですが

移動も3時間を越したくらいから「一旦降りるか」
という気になってきます。もちろん途中下車してもその日中であれば
目的地まで何度乗り降りしても「1回」でカウント
されます。

追加料金は一切発生しないのでこの場合での途中下車は経済的には痛くも痒くもありません。

特にしんどかったのは博多~名古屋の復路でした。
なにせ朝8時に博多出発が終電になりますから
少しでも余裕を持つために始発で博多を出発し、

広島で昼飯を食い、岡山で爆睡。乗り換えなくてはならない為、
良きタイミングで起床。滋賀に着く頃には
「俺達は本当に帰宅できるのか?」と憂鬱になり、

岐阜まで着いた頃には

多少経済的な負担をしてでも


今度から九州へは新幹線で行こうな。


とシンプル過ぎる結論に至り3人揃って異議は無く、
普通に使えばお得で便利なはずの青春18切符なのに
我々の場合、極限まで有効活用しようとした結果

最終的には「あまり良い思い出が無い。」という感情が残ってしまいました。

費用対効果で見たらトップクラスの有効活用だと思います。(ドヤ)

名古屋~博多の往復で11270円×2=22540円
名古屋~東京の往復で6260円×2=12520円
合計35060円掛かるところを11500円なので

23560円お得です。
しかも残り1回分残してます。

ただし、お金が掛かってもいいから新幹線にしていたら、
何時間も短縮できていたことを考えるとあまり無茶するものではありません。

当時大学生でお金が無い中無理やりツアーの真似事を敢行し
1か月間で名古屋から九州、関東に低価格で行けたのは
青春18切符無くては不可能
だったわけですし、

片道14時間等のくだりも今となっては笑い話にできますし、
こうしてあなたにシェアできるわけです。

おかげで「若いうちに何でも経験しておけ。」
と仰る大人の言う気持ちがまた少し理解できました。

結局学生の頃に青春18切符を利用したきりで、
社会人になってからは1度もお世話になってません。

私の場合は今後はお世話になる可能性が低いです。
なぜなら新幹線の速さを知ってしまったから。

国内旅行が好きで
時間も気にならず、できるだけ出費を少なくしたい人
になら
迷わず青春18切符
を推奨します。

それにしても在来線で1日に14時間もの電車移動は
さすがに堪えました。もう4,5年前の話なんですけどね。

良い子はマネしないでくださいね。
こんな忠告しなくてもマネしないよね?(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク