糖尿病のチェック方法、早死を阻止したい男性に贈る5つの警告

僕自身、1日に20本(1箱)吸う。それなりにヘビースモーカーだったのですが、
ここ6年間、ほぼ完全に禁煙に成功しています。

簡単なルールをいくつか作りました。
そのうちのもっとも効果があったものを1つ紹介します。

スポンサーリンク

「タバコを無意識に口にくわえる度に、後回しにする。」

これが僕にとって最高の禁煙哲学でした。びっくり
するのですが、何度も何度も後回しにすることで吸いたい
衝動が手に取るようにわかり、コントロール出来るようになりました。

すると、別にタバコを吸わなくても何の問題もなく生きていける。
というシンプル過ぎる結論を体験によって得られたのです。

しかし、副作用もありました。
それは食事です。甘いものを食べるようになりました。
ご飯が美味く感じるようになったので、大食いになりました。

次にやったことは

「食事をしないでも平気なくらい熱中するタイミングを知る。」

それはこのブログの記事を書いている時だったり、
音楽の趣味があるので、楽器を演奏している時、
普段現場仕事をしているので、現場仕事をしている最中も

いきなり「腹減った。」と感じることはありません。
それによって正常な空腹感を得られるまで
欲望を先送りする感覚を身に着けました。

この話を聞いて、

「それは自制心があったあなただからできたんでしょう?」

と思われたかもしれませんが、先程いったように

僕は以前、タバコを1日に20本吸っていました。
タバコを吸いすぎて、足りなくなって、たばこを
買うお金も無い時、友人にたばこを要求したこともあります。

自制心があるタイプの人間だと思いますか?

僕は自分が欲に弱い人間なんだと受け入れることができたから、
その為にトレーニング、練習、訓練を楽しく行うことができました。

みんな絶対にやりたがらないんですけど、

継続、努力、忍耐。これは健康だけでなく、
ビジネスの世界でも恋愛の世界でもスポーツでも
すべての分野に置いて完全無欠にかなり近い成功法則です。

糖尿病以外の話までしましたが、今見ている
あなたには糖尿病を治して健康な体を一刻も早く
取り戻して欲しいと心から願っています。

長い文章最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク