糖尿病のチェック方法、早死を阻止したい男性に贈る5つの警告

スポンサーリンク

5、両親は糖尿病か?

遺伝は糖尿病の原因のうちかなり大きな割合を占めるといわれています。
うちの親父が両親が糖尿病だったと漏らしていました。

親子3代に渡って糖尿病なのです。

僕が糖尿病になったら4代目です。
Jソウルブラザーズもびっくりです。

わかっていてもなってしまったのです。
それは遺伝のどういう部分が糖尿病に繋がったのか。
理解していなかったのもあると思います。

つまり、好きな味付け、お酒、タバコの癖
これらすべてが遺伝と同じ生活環境を共有することで
無意識のうちに脳にプログラミングされ、

糖尿病になる確立が高い人間の行動パターンになっているのです。
これは単純にお酒を止めようとか、タバコを止めようとか、
そういったペナルティで短期的に解決できる問題を超越しています。

最後に幸運にも悪質なお医者さんに当たらなかった父は
「薬もできれば飲まないほうが良い。」

そういった認識を持っています。薬は症状を
即効で消し去り、短期的に見ればどう考えても
体は楽になるし、ついつい頼りたくなるのですが、

長期的に見れば腸は薬の余りある毒素で汚れ、

薬で人は死ぬのです。

こんな書籍が出ているほどです。

大げさな話ではありません。
薬の副作用を止める為に、また別の薬を処方、
これを繰り返し、医者は人を殺害します。

薬4剤併用で命の危険 異常な薬漬けの日本人、副作用死は年10万人以上?

しかし、すべてのお医者さんが悪いわけではありません。

大事なことであり、真実なので何度も言いますが、

彼らも来月食う金に困るのを避けるために
保険点数の高い(利益の出る)患者にとって本当に必要な薬とは
異なる薬を処方するケースも実在するのです。

僕たちにも責任があります。

薬を飲めばなんとかなる。
お金を払えば医者がなんとかしてくれる。

そういった考えを持っているからです。

今日楽しくいられるのはあなたの健康な体
があってはじめて実現するのです。
自分の体なのに自分で守れないんですか?

そんなかっこ悪い大人を見て子供はどう育つと思いますか?

糖尿病は遺伝といわれていますが、異なる生活習慣、
行動パターンを持っていれば、毎世代100%の確立で糖尿病にかかるとは
思えません。実際に普通に摂生に努めていれば、

よっぽど糖尿病にはならないはずです。

次のページでは、最後の最後に僕が6年間継続している
禁煙の具体的なテクニックを紹介しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク