夏型過敏性肺炎とは?原因、症状、対策方法の全体像を簡潔に紹介。

型過敏性肺炎とは、病気です。
別名、夏型肺炎

夏に特化した病気6月~10月くらいをピークに発症率が高まる病気です。
主な原因としてはカビ、細菌などを吸い込むことです。

症状としては、発熱、咳き込み、呼吸困難、喉の痛み、違和感などなど様々です。

対策方法としては、原因となるカビ、細菌、チリ、
ほこりなどを総称して塵埃(じんあい)と言いますが、
塵埃を吸わないようにすれば良い
わけです。

簡単な方法としてはマスクですかね。
その他、建築関係のお仕事や、あなたの職種によって粉塵、
塵埃
とはどうしても避けられない立場というのがあると思います。

個人の対策としてはマスクが簡単ですが、夏ですし、
マスクなんてしてられっかとも思いますよね。

タオルとかハンカチとかで一時的に口を押さえるのも良いかもですね。
原因となる空気中の物質を遮断するための行動を取れば良いわけです。

例えば、砂漠にテントをたてて、
風の強い日にテントの中に砂が入らないようにすれば
どうすれば良いか?側幕、横幕をかければ良いですよね。

仕切れば良いわけです。

これだけで遮断率は飛躍的に向上すると思います。
新築の工事現場だったり、ハウスダスト、家ですよね。
放置された掃除がされていない部屋とかも危険でしょう。

夏と言えば夏風邪です。夏風邪の全体像は知ることができます。

夏風邪はウイルスが9割。喉が痛いよ。早く治らないかな?

目次

1夏型過敏性肺炎になるきっかけは環境
2梅雨明けが夏型肺炎を呼ぶ
3アレルギーとは
4なんだかんだでバランス
5最後に


の5つトピックをざっくばらんにお読みいただくことで、
あなたの家庭の医学のレベルが3から5になり、
まずはご自身の健康意識を高めていただき、2014年夏は夏型肺炎に苦しまずに
毎日ハッピハッピー、家族もベリーハッピーになっていただきます。

スポンサーリンク

夏型過敏性肺炎の引き金になりそうな
シチュエーションは千差万別、

あなたの生活習慣と照らし合わせて、
不純物を吸い込む可能性がある時はどんな状況か?想像してみましょう。

あぁ息子の汚い部屋に入ったら
いつも何のニオイか知らないけれど悪臭がする。喉がやられる。

ゴミ屋敷に入ってかなりワケありの
膨大な量の断捨離を要求される場合など・・・

それこそ電車に入るだけで
何のニオイか知らんけどむっちゃ臭いやんけ
って思うことってありますよね。

気にしだしたら止まりませんが、
当記事では、まずカビの一点に絞って
夏型過敏性肺炎について御紹介していき、徐々にひろげていき、

あなたの日常生活に変革をもたらすレベルまで
簡易的に噛み砕いた情報をドバッと公開します。

東海地方の梅雨明けは平年どおりで7月21日前後、さぁ熱くなるぞ~。

なぜ急に梅雨の話をしたかわかりますか?

そう、


夏型過敏性肺炎は梅雨明けの時期に発症率がグンと上がる


のです。
どうしてか?

それは高温多湿な環境を好むカビの一種
『トリコスポロン』が夏型過敏性肺炎を引き起こすキーパーソンだからです。

トリコスポロンさんの特徴

簡単に説明すると、トリコスポロンさんたちは、
今までにかなりの数の人間を殺害してきました。

「次はお前の番だぞ。」

と言わんばかりに皆様の日々の生活に密着した
暗殺者であるのがトリコスポロンさんの怖ろしい傾向の1つです。
要するに夏型肺炎が続くと人が死ぬんですね。

ここで1つの動画を。私自身肺炎のテーマを扱うことがはじめてなので
よくわかっていないのが本音です。そんな中でトリコスポロンさんと
夏型肺炎。さらに掃除の点で日常生活に密着したレベルで紹介している動画があったので

シェアします。

夏風邪と夏型過敏性肺炎の違い

夏風邪の原因はほぼウイルスなのに対し、
夏型過敏性肺炎はアレルギーが原因(?)となります。


アレルギーって何なのか?


アレルギーとは人間の防御反応が過剰になった結果です。
もっと簡単に言うと、免疫力が強大な勢力を持ってしまった時、
免疫力はアレルギーに変わります。

ウイルスや細菌が体内に入ってくるときに
弾いてくれるのが免疫力、その免疫力が過剰に働いた場合は
アレルギー反応が起こっているというわけです。

例えばコンビニに来店したお客さんが

「コーラをもっと店内に仕入れなさいよ。」

とお店にクレームがあったとします。
そして店長はそれに合わせてコーラを以前より多く仕入れます。

すると今度は売れるコーラの数に対して
コーラの在庫が多すぎて管理にコストが掛かってくるとします。

この1つのストーリーの中で
クレームを言うお客さんがウイルスとすると
在庫を仕入れた店長が免疫力です。

コンビニが1人の人間の身体としましょう。

インフルエンザウイルスの予防接種で
死んでしまった人がいるように、
お客さんの声というのはある意味リスクとなり得ます。

ですが、どう考えてもお客さんの声を無視して
商売することは不可能ですよね。

そもそもお客さんが存在しないと商売が成り立ちません。

適切な量のコーラを仕入れておけば
需要に対しての供給量のバランスが整えば
お客さんに喜んでもらえる可能性は上がるわけです。


何事もバランスが大事ですよ。ということですね。


このようにあらゆるクレームに対応し過ぎることを
続けてしまうと店内が在庫過多に陥ってしまい、
最後には負債となり、お店は潰れます。

ウイルスが体内に入ってきてそのに対する免疫力が
働きすぎてアレルギー症状が出るってわけです。

ちょっと回りくどい説明だったかもしれませんが、
アレルギーとはそういうものです。

「働く日本人は美徳。」が免疫力だとすると、
「働き過ぎで過労死」がアレルギー。そんな感じです。

夏風邪と夏型過敏性肺炎は症状に違いがわかりにくいため、
咳が続く場合は夏風邪が長引いていると判断する場合があります。
しかし、夏風邪は大抵39度近くの高熱が出て
体内のウイルスを徹底的に排除すれば3日前後で自然治癒します。

ですから1週間を超えて咳が続く場合は
夏型過敏性肺炎を疑うことも考えたほうが良いかもしれません。


最後に


トリコスポロンは室内に繁殖しやすいです。
ですから屋外だと症状がおさまることがあります。

まずは夏風邪だか夏型肺炎だかわからない場合は、
咳の出方(1週間以上長期間に渡って咳が出続けているかどうか)、
屋外では症状がおさまるかどうか。の2点を意識してみてください。

どうも夏型肺炎っぽいと思った場合はめんどくさいのですが、
部屋の掃除、エアコンの掃除(フィルターの掃除)など、
カビを室内の空気中に流れさせる装置があるか無いか確認してみましょう。
空気清浄機も効果があると言われています。

空気清浄機僕持ってないです。欲しいな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク