好きな子を花火に誘う方法(奥手の男向け)

きな子ができた場合、
言葉で気持ちを伝えるのが苦手な人は
花火に誘うだけでも

  • 「うまいこと自然に誘えないかな・・・」

  • 「なんと言って誘ったらいいんだろう・・・」

  • 「好きな子が近くにいるだけで心臓がバックバク」

  • 「断られたらどうしよう・・・」

  • 「もしOKでも俺ちゃんと話せるかなぁ・・・」

  • 「連絡先も知らないんだよなぁ・・・」

  • 「本当は俺のことめちゃめちゃ嫌いだったらどうしよう・・・」

など

人には言えないだけでいくらでも
不安や悩み、妄想があると思います。

男性は遺伝や生まれ育った環境で
女性に対する得意、苦手の意識が分かれます。

今回は女性のことを知りたい、
女の子にモテたい。

スポンサーリンク

「好きな子を彼女にしたい。」

「だけどそのために何をやればいいのかわからない。」

(もしくは何をすれば良いかわかっちゃいるけど最初の一歩が踏み出せない。)

といった奥手の男性に向けて
女性に対する苦手意識を少しずつ取り除き、
前向きになってもらい、

好きな女の子の前で顔が少し熱くなりながらでも
普通に相手の目、顔を見て会話できる段階まで
即効でレベルアップしてもらいます。

この記事を読み終わった頃には

「こんな俺でもできる(誘える)気がしてきた!」

とポジティブでやる気マンマンになり
早速、好きな子に連絡し、無意識のうちに
好きな子に花火の誘いをしていることでしょう。

第一の関門、相手の連絡先

好きな女の子の連絡先は知っていますか?

知らないならこの章を一文字も漏らさず読んでください。
すでに連絡先を知っているならこの章は飛ばしても結構です。

まず1つのゴールとして「花火に誘う。
これはあまりに簡単過ぎます。

『何月何日にこの場所で花火大会があるから
良かったら一緒に行こうよ?』

と好きな女の子に言うだけです。

しかし、それが言えないんですよね。
いろいろと出来ない言い訳をつい探してしまうんです。

素直になれたら一番良いんですね。

僕もスムーズに上記のような決定的なフレーズを
ノンブレーキで言えるようなタイプではありませんでした。

つまり女性に対する心のブレーキを無くしてしまえば
苦手意識もなくなります

女性に対してブレーキ無しの男は
好きな女性の顔を見ても

「今日も可愛いなぁ~。なんて言って困らせてあげようかな。」

とまるで自分の妹のように気軽に接し
1%も緊張することがありません

「次の休みにあの子と一緒にデートしたいから
多少強引にでも予定空けてもらおう。」

と根拠の無い自信が湧き出て強気になります

「失敗したらどうしよう…」といった
悩みが小さく感じ、クヨクヨしません

なので本当に根本的な問題
「女性に対する苦手意識」を払拭してしまえば

女性に関する悩みが嘘のように吹き飛び
逆に「女たらし」になります。

真面目で誠実なあなたはそこまでは求めていないですか?

「あ、女たらしになってみたい・・・」

と、ふと考えたならそれも良しです。
願望を強く持てば目指す自分になれます

次にページでは「好きな子を花火に誘う」ことに
できるだけフォーカスして具体的な方法を紹介。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク