高校の文化祭の出し物をダンスにするなら知っておきたい7つの秘訣

生のうちにたった3回しか経験する事の無い。
高校の文化祭、それは一生の思い出になります。
大人になっても忘れられません。

高校を卒業して7年間経過した私ですら、
当時の風景、どんな気持ちだったか、鮮明に覚えています。

文化祭の出し物でダンスを選んで本当に良かったと思っています。

文化祭をそこまで楽しみにしていない人でも
出し物は何にしようか迷うはずです。
定番はいろいろあります。

お化け屋敷かな。それともカフェかなぁ。演劇かなぁ。

「うぅ~ん…」

と決めきらない時、
仕方なくダンスになったのなら
憶えておいたほうが良いことがいくつかあります。

この記事で紹介する内容は、ダンス初心者、
今まで人前でダンスを披露したことの無い人
を対象に、

練習、心構え、本番に至るまでに起こる様々な苦難を
なるべくスムーズに乗り越えて貰う為に役立つ前知識です。

既に趣味がダンスだったり、人前で踊ることに慣れている中級者の人には
あまり参考にならない可能性がありますので、
思い当たる人は読むと時間の無駄になる
のでご注意下さい。

スポンサーリンク

ダンス初心者が文化祭で成功する秘訣1
『まず自分でやる。』

EXILEのダンサー、MAKIDAIさんは
中学三年生の頃の文化祭をきっかけにダンスに目覚めたそうです。
彼はそれまで野球少年だったのです。

いまやアディダスのスポンサーです。

多くの人は自分の才能に気づかないものです。

やりたいとかやりたくない、得意とか下手とか、
人それぞれいろいろ思うことは異なりますが、

何はともあれ、四の五の言わずに自分でやってみる。
体を動かしてみる。小さな恥をかいてみる。
顔が赤くなったら、あなたのダンス人生がスタートします。

ダンス初心者が文化祭で成功する秘訣その2
『上手い人のマネをする。』

最初から自己流、オリジナルで大きな成功を収める人は
1%未満です。つまり、居ないようなものです。

天才は決まって巧妙なマネからはじめています。

赤ちゃんが最初に喋る言葉は、
大人の喋る言葉をマネすることからはじめるように、

既に出来ている人のマネをすること」が
短期間で大きな成果を上げるには不可欠です。

上手にマネが出来てしまえば、細かいテクニックなどは
ほとんど関係ありません。

高校生のダンス初心者で勉強だの塾だの進路だの、
あれこれ忙しい時期に文化祭の出し物に割ける時間は
決して多くはありません。

もちろん練習時間を捻出できるなら
できるだけ捻出したほうが良いです。ですが、

長い時間練習すること自体には
意味は無いのです。

短い時間でも確実に得たい結果(良い感じのダンス)を体得できるなら、
それが1番良い
のです。

勉強でも同じです。8時間勉強しても点数が
上がらなかったら無意味、2時間の勉強でも
点数が上がれば正義、結果主義になろう!

次のページでは参加者が集まらない時、
スマホ時代の最速上達法など公開。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク