もし熱中症患者に応急処置の最中、「寒い」と言われたら?

ち着いて下さい。
意識のあるうちに応急処置ができるのだから
むしろチャンスと思って下さい。

大丈夫。適切な対応(比較的涼しい場所に患者を移動させ、首を冷やす等)を
すれば元通り健全な身体を確実に取り戻すことが出来ます。

熱中症で寒いと感じているならおそらくかなり危険な状態です。
「やばそうだな…」と思ったらすぐに119(救急車)を呼ぶべきです。

この記事では

  1. 日本で熱中症になった人の数と死者の数

  2. 若くても熱中症で死ぬ

  3. 熱中症で寒いと感じる理由

  4. 水分が失われてから人間の体内で何が起こるか?

  5. そもそも熱中症になる原因

  6. 何時間で熱中症になるか?

など、夏が来る前に確実に暗記しておきたい事項を掲載。

スポンサーリンク

身近な人、大切な人それとも、あなたが
なんらかの理由で熱中症になったのであれば

「なんとなくこうした方が良いんじゃない?」

といった安易な考えで、
間違った応急処置をして熱中症を悪化させでもしたら
取り返しがつかないことになり兼ねませんし、

大事な家族や大切な人が
熱中症で倒れでもしたら・・・と考えると

  • 何をすべきか?

  • 出来ることはあるか?

事前に把握して置けばいざという時に
あたふたせずに落ち着いて対処することができます。

「熱中症で倒れるなんてよっぽど無いでしょ?
自分には関係ない。」

と思うかもしれませんがもし熱中症で死なれでもしたら・・・
責任の取りようがありません。

なんとなくやばそうだけど熱中症くらいで死なないでしょ?
と油断して自分も周りも危険に晒すことはありません。

最低限対応できるように知識を身に着けておくことは
多少の時間を掛け、頭を使えば小学生でもできます。

3を1にするのが事前対策だとすれば
9を一時的に7、5くらいまで危険度を落とすことができる
それが応急処置の持つ可能性だと思います。

福井市の広報ビデオです。実践レベルで役に立つか
どうかはわかりませんが、参考にはなると思います。

次のページでは熱中症の死者数など
数字で見る危険度を公開。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク