認知症とは?わかりやすく説明するとこうだ!

知症とは読んで字のごとく、認知できなくなる症状のことです。

…と言われてもいまいちピンときませんよね?
認知とは理解、判断、解釈する過程のことを言います。

情報処理が出来なくなった状態ということです。
認知に障害をきたすことを失認とも言います。

視覚や聴覚には異常はないけれど何か物を見たとき、
聞いたときにそれが何であるかは理解することが出来ない
これらが認知症を知る上で一つのポイントになります。

スポンサーリンク

小学生に認知症を説明するとしたら?

大人にとってのわかりやすさと子供に
とってのわかりやすさは、異なると思います。

子供に認知症を説明するとしたら、例えば

「友達の名前もお母さんの名前も
お父さんの名前も忘れてしまう病気なんだよ。」

のように説明すると思います。

認知症は直前に起きたことも忘れてしまい、
新しい記憶から失っていき、古くからの記憶は残っていきますが、
症状が進行し続けると最終的には自分の住んでいる住所や
家族の名前もわからなくなることもあります。

日本の認知症事情

日本は超高齢社会と言われ、高齢者人口は3300万人
4人に1人は65歳以上(高齢者)となっています。

更に認知症の発症者と予備軍は400~500万人に上ります。

つまり65歳の高齢者のうち4人に1人は認知症となるのです。

日本は世界一の高齢社会なんです。

日本が高齢化社会(高齢化率14%超え)から
超高齢社会(21%超え)になったのは2007年のことで、

2008年には国が「認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト
を発足しました。おそらくあまり知られていない事実でしょう。

具体的にどんなことをやっていたのか知りたい人は
実際のプロジェクトの報告書をご覧ください。

認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト – 厚生労働省

この政策によって少しずつ良い結果が出てこればいいのですが、
認知症患者の増加に歯止めが効かないのが現状です。
ちなみにこの政策の目的を公式から引用すると、

本プロジェクトは、今後の認知症対策をさらに効果的に推進し、
「たとえ認知症になっても安心して
生活できる社会を早期に構築する」
ことが必要との認識の下、厚生労働大臣の指示の下に設置された。

たとえ認知症になっても…」という部分が個人的には
納得いってなくて、認知症になる前提で話を進めている
ように思えるのが残念で仕方がありません。

そもそも認知症をしっかりと診断できる専門医が少ない。

認知症は医者1人あたり2000人の患者数と言われています。
需要と供給のバランスが崩壊しています。

歯医者はコンビニより多いのに…

当然研究が進んでいない分野でもあるのでしょう。

医療機関に受け皿が無い以上、一般人の僕たちが
認知症とは何なのか?を知る必要性が生じてくるわけです。

ここ数年で本当に良く聞くキーワードとなった「認知症」ですが、
あなたはどの程度理解しているでしょうか?もちろん、
「いまいち理解できていないからわかりやすく説明して欲しい。」

との思いでこの記事に辿りついたことと思います。なので、
次のページでボケや老化との違いはなんなのか?私生活がどう変わっていって、
どんなことに気を付けなければならなくなるのか?
そして

僕の母が以前、認知症介護の施設で働いていたことや、
認知用予備軍の84歳の祖母が迷子になった話も
織り交ぜながら具体的に認知症とは一体なんなのか?

できるだけわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク