ストレス解消法、食べ物以外で出来る4つの方法

トレスが貯まるとつい暴飲暴食をしてしまう
という人は多いのでは無いでしょうか?

しかし、栄養バランスの整っていない食べ物や食べ方をしていては、
健康に悪いのでどんどん身体のパフォーマンスが悪くなっていきます

酷くなると職場を長期休養したり、会社から煙たがられることになり、
外部の印象も良くありませんし、「あの人また休んでるね、仮病じゃないの?」
などと取引先や社内での信用も損ないかねません

2015年12月から会社ではストレスチェックが義務化され、
社員だけでなく、会社としても「うちはストレスが無くて
至ってホワイト企業だ。」と国(厚生労働省)に示したいでしょう。

自分自身の健康管理としても従業員に対するストレスチェック対策としても
食べ物に頼らないストレス解消法の引き出しを持っておくと
健康だけでなく仕事でも上手くいく可能性が上がります。

スポンサーリンク

食べ物以外で出来るストレス解消法

1.ゲーム

食べ物は1日2回~3回多い人で4回、毎日必ず食事は行うと思います。
そんな中でまず食欲の制御になりうるのはゲーム、特にスマホの
アプリを使ったゲーム
がオススメです。

場所も選びませんし、スマホさえあればいつでもどこでも出来ます。
ゲームに夢中になるのはそれはそれで目の健康には良くないかもしれませんが、
とりあえず、目先の食べ物よりもゲームに集中して紛らわす作戦です。

あまり子供にはマネしてほしくないし、行儀は良くないですが、
食事をしながらスマホのゲームをするのもオススメです。

なぜならゲームに集中して食事にかける時間が長引くので
それだけで少ない量で満腹中枢を刺激することが出来るからです。

僕がオススメするゲームはバズドラ(パズル&ドラゴンズ)です。

頭の体操でもなりますし、無課金でも結構楽しめますし、

ターンごとに考える時間もあるので何かツマミながら
やっていれば自然に空腹が満たされます。

スマホゲームは日進月歩で物凄い数あります。

パズドラだけでなく空腹感を紛らわせる目的もあってか、
食べ物系のゲームも数多くあります

例えばキャベツの早切りをするゲームだったり、ソフトクリーム作りを
経験出来るものや、ミックスピザを作るアプリ、お寿司屋さんを経営する
ゲーム、本当にたくさんあります。

ポイントは夢中になることです。スマホでだめなら両手が塞がる
プレステやWii、パソコンで楽しむオンラインゲームなどの
コンシューマーゲームにハマるのも良いでしょう。

「既にスマホのゲームはやってるんだけど、つい食べちゃうんだよね。」

という人は次のページの方法がオススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク