文化祭の髪型に迷う。高校生男子が女にモテる為の5つの方法

化祭が待ち遠しい!やることも多いし、
まだまだ仕上げていかなきゃならないこともたくさんある!
この忙しい感じ…悪くないかも。

勉強は全然集中力が続かないけど、文化祭の準備は、
ずっとやる気が持続する。

なんでかな?

大好きなあの子の存在?
目と目が合えばたちまち胸が熱くなり、

次の瞬間、狂ってしまいそう

いっそ殺しておくれ!

男って本当、こんな生き物ですよね。
少なくとも僕はそうでした。

「全然そんなことねぇよ。」
と思ったならゴメンナサイ。

スポンサーリンク

どうにかしてあの子の唇を奪えないか?

高校生の時、僕はそんなことばかり考えていました。

この子もあの子もあの子も好きなんだけど、
どうにかして誰も傷つけずに全員と良い関係になれないかな?

口が裂けても言えませんが、
そんなことばかり考えていました。

国語より数学より、物理より、歴史より、
英語より、体育より、美術より

女。

欲望にまみれていました。

が、残念なことに、当時高校生の私に
女性を器用に口説き落とすテクニックも無ければ、
そもそも女性にこちらから話しかける勇気もありませんでした。

ではテクニックゼロ、勇気ゼロの僕が、
いかにして女性に振り向いてもらったか?
大きく分けて5つの方法をシェアします。

1.髪型を整える。

上のような動画は夢を与えてくれる意味では
価値があると思いますが、
雑誌や読者モデルの髪型はまぁ参考にならないと思います。

「そもそも俺はお前らみたいにイケメンじゃねぇよ。」

これが僕の本音です。

両親には感謝しています。僕はかなり直毛でした。
髪の毛がサラサラというだけで女性に触れられるという、
謎の特権を持っていました。ウハウハ。

僕は進学校に通っていたためか、生徒指導が
格好には厳しかったです。
どのくらい厳しかったかと言うと、

色素や見た目の関係で茶髪に見え、
「染めている」と判断されると、
完全に地毛であっても場合によっては黒染めを要求されます。

結構厳しめの高校だったと思います。

学校の規則に負けるな!

堅い規則に縛られた青春に飢えた男達。

ダメと言われるほどやりたくなるのが人間の性です。
生徒指導の教員に呼び出しを食らうことがわかっていても
反抗する。髪の毛を染める。しかも中途半端に…

今考えればそういった生徒が多かったように思えますが、
思春期だからしょうがなかったのかもしれません。

当時高校で直毛が受けたか?と言えば、
別にそうではありません。
では何が重要なのか?何が女性に受けるポイントなのか?

次のページでは女にモテる方法1、
マッチングについてお話しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク