クーラー病の症状で発熱は有り得る?本末転倒では?

クーラー病とは新しく言葉が生まれただけ
であって、実際は自律神経失調症です。

じゃあ自律神経失調症を改善させるにはどうすれば良いか?

温冷水シャワーがおすすめです。

湯船と冷たい水を繰り返し浴びるだけですが、
最初好転反応なのか、疲れがどっと出ます。

全身の血液の循環を促し、血管を鍛える事が
出来るのです。銭湯でサウナと水風呂を
繰り返すのも良いですね。

スポンサーリンク

簡単にできるクーラー病対策

羽織を余分に持っておく

これはとても簡単で重要な対策方法の1つです。

衣類での体温調節で案外なんとでもなります。

ホットコーヒーを飲むことで
意識して体を温めることも簡単にできます。

会社でのあなたの席が冷房に近すぎて
健康上の問題が出てくる危険性を考えたら
思い切って上司に席替えを要求することもアリでしょう。

そもそもクーラー病とは効き過ぎた冷房によって起こる
「自立神経の乱れ」です。
自立神経を整えるアプローチが有効になります。

ジャンクフードやファーストフードの食べ過ぎに注意して、

食事の際はしっかり咀嚼(良く噛んで食べる)すること、

夏だからといってシャワーで風呂を済ませるのではなく、
しっかり湯船に浸かって血液の循環を促進させ、
汗をしっかりかくことも重要です。

マッサージも効果的です。

食べ物も意識するだけで自然な体温調節が可能です。
夏野菜は体温を下げ、冬野菜は体温を上げます

旬の物のほうが栄養的にも優れているので積極的に
食べて良いと思いますが、クーラーを使い、食材は
夏野菜というふうだと体温を下げすぎる恐れがあります。

クーラーなどが無かった時代はみんな夏野菜で
体温を下げていたわけです。なるべくクーラーを
使わずに生活すると電気代節約にもなってお得です。

ちなみに体温を下げる夏野菜とは具体的には

  • トマト
  • ナス
  • きゅうり
  • バナナ
  • すいか

などです。

体温をあげようと思ったら唐辛子やしょうががオススメです。

にんにくも非常に良いです。

冬野菜、根菜は体温を上げてくれるのでクーラーを避けたいけど
避けられない場合は体温を上げる食事を意識すると良いです。

旬の食材を食べるのが最も健康的です。
さらに夏野菜を知りたい人はこちら

夏の野菜 野菜図鑑 – 野菜ナビ

体温を上げる冬野菜は

  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • れんこん
  • にんじん
  • ごぼう

など根菜類に多いです。

食事を挙げればキリがありませんが、たった
今からはじめられる対策は

  1. 「羽織を一枚追加する」
  2. 「ホットコーヒーを飲む」
  3. 「食事は良く噛むのを意識する」

この3つですね。

一番やりたくないことが一番必要なこと

クーラー病の人も冷房が効き過ぎているというだけで、
「適度な温度の冷房ならむしろ歓迎」という人も少なくないはず。

かなり難しいのですが、一番の対策は
「冷房を切る」「使わない」ことです。

二番目に重要な対策は「運動」や「摂生」に努めることです。

通勤で嫌でも真夏の“急速移動冷蔵庫”(電車)に
閉じ込められますから代わりにタクシーを使えるほど経済的余裕が無い限り
毎日冷房は避けるのは不可能な人も多いでしょう。

所帯持ちであれば家族の理解を得て
クーラーの温度を下げることや

よっぽど暑くない限りクーラーは使わず

扇風機で済ます、といったちょっとしたことも
一年のうち4分の1を占める長い夏を乗り切るには有効と言えます。

ダイエット中の人が最優先でやるべきことは
「食事を減らす」こと「カロリーを消費すること(運動)」ですよね。

これって3日坊主になりがちですし、やりたくないことですよね。

哲学的で受け入れ難いかもしれませんが・・・
「やりたくない」という本能に打ち勝つのが
求める「結果」を得るための一番の近道であることが多いです。

会社での席替えを要求し辛いのであれば、
したくない本能に逆らって席替えを要求することこそが
クーラー病克服の一番の近道になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら