クーラー病の症状で発熱は有り得る?本末転倒では?

り得ます。

本来クーラーは暑い夏を涼しく乗り切るために使用します。

逆に冷房にあたり過ぎてクーラー病になり、
発熱してたんでは本末転倒ですよね。

クーラー病でどうして発熱するのかというと、

クーラーによって冷えすぎた体の信号が脳に到達し、
「これ以上体温を下げると危険だ」と脳が判断して
体温を上昇させるからです。

スポンサーリンク

雪山で極寒にも関わらず裸の遺体が確認されるという事件を
あなたは聞いたことがありますか?

これは『矛盾脱衣』といって気温の低さに対応するために
人間の体が無理矢理体温を上げるように脳が判断した結果起こる現象で
クーラー病による発熱はこの矛盾脱衣に似ています。

冬に暖房病(一応言葉はありますが…)なんて滅多に聞かないのに
夏のクーラー病(冷房病)はもはや生活習慣病扱いですよね。

この記事では

  1. クーラー病にかかりやすいのは女性

  2. ちょうど良い温度について

  3. 簡単に出来る3つの冷房対策

  4. すべての病気に通ずる本質的な考え方

の4つをピックアップして紹介します。

女性のほうがクーラー病になりやすい

理由は簡単です。女性のほうが事務職や内勤業務の人が多く、
夏も冷房に長く当たる可能性が高いからです。

さらに男性に比べ女性は貧血や血圧が低い方が多く、
冷え性の方も比較的多いです。

女性のほうが男性より皮下脂肪が厚いですから
冷房で長時間体を冷やされると中々温まりにくくなります。

男女の体質的な違いや職場環境の違いによって
女性のほうがクーラー病にかかりやすくなっています。

事務所のどの位置に座るかで冷房の影響の強弱にも差が出ます。

内勤の人は席(クーラーとの距離)に注意

会社では業務用の大きな空調機を使うことも多いですから、
空調の近くの席ではやたら寒く、遠くはちっとも涼しくならない。
といったアンバランスな状態になります。

私の以前の職場では真夏なのに「冷房が効き過ぎている」という理由で
マフラーを手放せない女性
が居ました。

最初はおかしな光景に思えましたが、いざ席の近くまで
寄ってみるとその異常なまでの寒さに「無理もない。」と
納得させられた憶えがあります。

統計的には女性のほうがクーラー病に掛かりやすいですが、
男性でも冷え性、寒がりな人は当然いますので、注意が必要です。
夏だからといって半袖1枚で居続ける必要はありません。

まずは衣類から体温調節を心がけましょう。

健康は足元からと言うように
靴下を変えてみるのは良いかもしれませんね。

ちょうど良い温度は人によって差がありすぎる

実は男女で体感温度に差があります。

大体5度前後の差があり、男は暑がりで女は寒がりなケースが多いです。

深部体温には男女差は無いようです。深部体温とは
身体の内部の温度のことで、深部体温が下がると
快眠になると言われています。

体感温度とは読んで字のごとく体感で何度くらいか?
ということですが、皮膚の温度と湿度も含めて判断しています。

気温だけでなく、湿度が高いとジメジメして実際の
気温よりも暑く感じるわけです。

冷房の温度上げろよ…と念じても叶いません。
自分の体温は自分で調節するしか無い。

実際体温は人それぞれですから男性でも冷え性の人もいますので
同じ男性でも一人一人最適と感じる温度にはばらつきが出ます。

そして女性は月経の周期で「低体温期」があります。
同じ女性でもタイミングによって体感温度に差が出るのです。

このように平均して男性は暑がりで女性は寒がり
と言うことはできても実際は人それぞれですから

電車の冷房も事務所の冷房も全員が納得する適切な温度が
果たして何度になるのか?答えは無いことになります。

ある人は「これでは冷房の意味が無い。もっと強めろ」
またある人は「寒すぎる。」となるわけです。

電車の場合は大体冷房が強すぎになる傾向がありますね。

次のページでは簡単に出来る3つの冷房対策を公開。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク