日焼け後、皮が剥けない方法はある?

ると思います。(しぶしぶ)

本音は無いと言いたいです。(苦笑い)
難しいことは確かです。

皮が剥ける原因である日焼け
未然に防ぐ方法ならいくらでもあると思います。

(例えばずっと屋内にいるとかですね。
できるできないは無視して)

紫外線対策なら次の記事で詳しくお話しています。

紫外線で目が痛い!すぐできる5つの対処法


日焼けしてしまった肌は乾燥しやすく水分を保つことが難しいので
一度日焼けしてしまったら皮が剥けやすくなることは事実です。

この記事では、

  1. 乾燥を防げば皮は剥けない

  2. 皮が剥けるデメリット

  3. 日焼け止めのメリットとデメリット

  4. 日焼けで皮が剥ける理由

など日焼けと皮剥けについて今までわかっているようで
わかっていなかった基本的な情報を公開します。

極論を言えば、

スポンサーリンク

乾燥を防げば皮は剥けない

と思います。「え?どういうこと?」
と思ったあなたは読み続けるとイイことあるかもしれません。

Q.まず、日焼けして皮が剥けるのはどういうことなのか?

良いことなのか?それとも悪いことなのでしょうか?

この質問に対する回答は

A.どちらかと言えば悪いことのほうが多いかもしれません。
しかし、自然なことであることは確かです。

皮が剥けるのは細胞が生まれ変わっている
つまり正常に新陳代謝が行なわれている証拠なのです。

良いか悪いかわかりませんが、どうせなら次の動画
みたいにヤバイくらい剥けると気持ち良いでしょうね。

皮が剥けることによるデメリットは

例えば腕(手首~肘にかけて)を日焼けして痛くなったり、
痒くなったからといって爪を立てて掻いたりすると

皮膚を傷つけてしまい掻きすぎると
出血する可能性もあるので、良くないです。

気になるからといって早く皮を剥いてしまうと
十分に再生されていないデリケートな皮膚の層が露(あらわ)になるので、

紫外線の攻撃などの外部の刺激に打たれ弱くなり
感染症(おでき、水虫、たむしなど)に掛かる危険性が上昇します。

たいして肌を触らなくても自然に皮が剥けてくる
くらい放置するのが丁度良い
のです。

剥けかけた皮が見た目の関係上、
気になる気持ちは痛いほどよくわかります。

だからといって痒いからといって掻いたり、触りすぎるのは良くないです。

皮が剥けたら「俺って生きてるんだなぁ~。
生きてるって素晴らしいな。」

と実感してください。

何事も良い側面と悪い側面があります。
メリットとデメリットと言い換えることもできますよね。

次のページでは日焼け止めを塗る行為について、
日焼けして皮が剥ける理由などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク