便通改善に運動は本当に効果がある?

はい。

本当に効果があります。

ひたすら運動した日でも全然出ないこともあれば

大して運動していない日でも快腸快便な場合もあるので

私も

最初は運動のもたらす便通改善効果に

調べていくうちに
運動は確かに便通改善に重要な
生活習慣の1つ
であることがわかりました。

「でも運動なんてめんどくさいよ…」

という方には


縄文時代から存在した
ピンク色の『ある食材』を
朝昼晩と1日に3つ食べるだけで

次の日の朝、あなたは慌ててトイレに駆け込み

出て来たトグロを巻いた巨大う⚪︎ちに目を疑い、

驚異的な便通改善効果
最速計2日間
実感することになります。

お陰様で販売開始1ヶ月で
10000人を越えるお客様からご購入頂き、

そのうち98%の方が
3日以内に効果を実感しており、

喜びの声が続出しています。


今なら期間限定で・・・




などと言う
平日昼間に流れるテレビコマーシャルのような話はしませんが

とにかく便秘気味でお腹がパンパンで
今すぐ「ドカッ」と出したい。

でも下剤に頼りたくないし、

食事制限も二の次で良い・・・

と思っている人に
役立つ、今すぐに使える情報を
提供します。

スポンサーリンク

運動がなぜ便通改善に効果があるのか?

運動することで腸を刺激してくれるからです。
疑問を持っていましたが、

正常な便通を果たすために必要な腸の働きに
蠕動運動(ぜんどううんどう)があります。

腸を刺激すると蠕動運動を活発になります。

便秘が続いているなら
腸の蠕動運動が行なわれていない可能性が高いです。

蠕動運動は

頭の中で
「起これ!」
と祈って行なわれるものではなく

自分の意思に関係が無いのが難点ではあります。

しかし、


手っ取り早く蠕動運動を起こす方法があります。

運動とはひとまず離れますが、

朝、冷たいお水をコップ一杯ゴクゴク飲めば
たったそれだけで蠕動運動が活発になり

スッキリ快便になります。

「四の五の言わずにいい加減出てくれ!」

と切望している人は朝一の冷たい水を試してみてください。


話を本題に戻しますが
便通改善の最低条件として蠕動運動が必要で
そのためには腸を刺激するのが良いのです。

運動でなくても腸を手でマッサージする程度でも十分効果があるのですね。

ちなみに腸を刺激するのに
簡単な運動法を紹介している動画を見つけたのでシェアしますね。

前置きが長いのでどんな運動なのか見たい場合は
4分5秒まで飛ばすと良いです。

それまでに説明されている内容も参考になるので
最初から見るのもアリでしょう。

どんな運動が効果的?

・ウォーキング
・ランニング
・腹筋
・腕立て
・背筋
・反復横飛び
・フルマラソン


一言に「運動」といってもいろんな種類がありますよね。
どんな運動がより便通改善に繋がるのかは検証してみないとわかりませんが

上記に挙げた運動はどれも腸に刺激を与えてくれますから
基本的には3日坊主にならなければどれでも良いと思います。

例えばウォーキングなら

ただ歩けば良いってモンじゃないのかもしれませんが
十分効果があると思います。

歩くとすべての内臓に多少の刺激は与えられますから
当然、腸にも刺激を与えることができます。その結果蠕動運動にも繋がりそうですよね。


ストレスは腸にとって悪影響

10代には悩むことは少なかったけど
就職してから数年が経ち

ある人は結婚して
またある人は独身で・・・と

複雑なストレス社会を生きるようになり、

気に入らない上司の存在や
社内で上手く人間関係が築けないことでフラストレーションが溜まり、

吐き出す場所や機会が無いと溜まりっぱなしになることがあります。

健全な精神は健全な肉体に宿る。

と言われるように精神的な循環不良は身体に連動し異常を来たします。

ストレスでイライラしているうちに腸に異変が現れ

気付けば


「そういえば前に“した”のっていつだっけ?」


という深刻な事態に陥っていることが、たまにあります。

これはどうしてか?と言うと
自律神経が消化器官の働きに大きく関係しているからです。

腸の働きを正常にするために
自律神経をバランスを整える必要があります。

簡単に説明すると


自律神経とは

交感神経副交感神経の2つから成ります。

活動的な状態では
交感神経が優位に働いており

リラックスしている状態では
副交感神経が優位に働いている。

というもので、

交感神経が優位になりすぎると風邪になり

副交感神経が優位になりすぎるとうつになる。

そんなイメージです。

つまり、


運動している時も
シチュエーションによっては無意味

これも憶えておくべきです。
例えば、

寝坊して大事な取引先との打ち合わせに遅刻することが確定していて

取引先の事務所がど田舎で壊滅的にアクセスが悪く

タクシーは無い。
辛うじて駅から1時間に1本の頻度で出ているバスで
事務所の最寄の停車駅まで行けて

そこから徒歩で20分くらいの距離を


「どうしようどうしよう・・・なんて謝ろう…」


気が気じゃない状態で歩いていた

交感神経がフルに働いてしまっていますから
腸の蠕動運動はむしろストップします。

こんなのは運動ともウォーキングとも言えませんけどね。


蠕動運動の鍵は自律神経のバランスです。

リラックス状態つまり副交感神経がお通じを良くします。

しかし、副交感神経が優位になりすぎると
胃や腸が働きすぎることになり
老廃物が正常な形になる前に便意が来ます。

これが下痢です。

副交感神経が優位になり過ぎる=活発的でない=運動していない。
運動しない⇒筋力が低下。

しかし

便を出すにはある程度のお腹周りの筋肉が必要なので
運動をして、ある程度、交感神経を働かせることも必要なのです。

1に食べ

2に活発に活動して消化を促し(交感神経)

3にリラックスして(副交感神経)

出す。


このシンプルな3ステップを1週間でも継続し、習慣化できれば
便通に関する悩みは無くなる

と言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク