英検3級、二次試験の服装は普段着でOK

検3級、二次試験の服装はどんな格好でもOKです。

3級に限らず他の試験でも私服で大丈夫ですよ。

「英検3級ならあってもなくても変わらない

そんな声もありますが、有ると無いとでは
やっぱりあったほうが良い
ですよ。

英検準2級、2級、1級取得のために
慣れておく意味でも英検3級を受けるメリットは十分あります。

これから英検3級、2次試験があるという人向けに
役立つ情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

バーチャル二次試験とは?

英検3級の二次試験の全体の流れを掴むことができる
「バーチャル二次試験」がとても便利です。
一度体験してみてください。


英検バーチャル二次試験3級

まずは一人でバーチャル二次試験をやって、

次に暇そうな英語の先生や一緒に試験する友人や
既に合格した友人などに手伝ってもらい、
実際の二次試験を再現した練習をやっておくと一番いいです。

「英検3級程度で入念に対策してんじゃねぇ!」

なんて他の人は思いません。もし思われてたとしても
確実に合格するためにできることはなんでもやりましょう。
それが英検に限らず人生で勝者になるための秘訣です。

合格のコツは?

まず「事前に準備できることはすべてやっておく」ってことです。

最初にバーチャル二次試験はやっておいてください。

それと面接に掛かる時間は10分くらいです。

待ち時間も含めると合計20分~30分くらいで二次試験は終わります。

それでは実践的なコツをいくつか紹介しますね。まずは、

1.元気に相手にしっかり聞こえるように声を出す。

英検の面接に限らず、自分で聞こえる声の音量と
相手が聞こえる声の音量では差があります。

試験ですから多少大きな声で話したところで何の問題もないですよ。

2.発音は気にするな。文法に気をつけろ。

綺麗な発音よりも相手に聞こえるように
丁寧に発音することを心がけましょう。

発音よりも加点対象になるのは完全な文になっているかどうかです。

めんどくさいかもしれませんが、
例えば

「How did it come here today?」

と聞かれて「By train」でも伝わりますが、

「It came by train.」

丁寧に主語、述語がある文にしたほうが点数は高いです。

3.読み方がわからない単語が出てきたらカンで言え。

実は読み方が間違ってても面接官は気にしていません。

それよりも文法を理解しているかどうかを評価しています。
なのでわからない単語が出てきて黙るよりも適当に言ってください。

ローマ字読みでも全然良いです。黙ってしまってはゼロ点です。

4.質問が聞き取れなかったら、落ち着いてもう一度聞け

最も重要なのは1~3までです。この辺はついでですね。

もう一度お願いします。は英語で、

「Please say once again. 」

「could you repeat that again, please」

他にも英検の2次試験で使えるフレーズをまとめて教えます。

部屋に入る時

「May I come in?」

えぇ~と(沈黙したときは)

「Let me see」

カードを渡すときに

「Here you are」

これらのフレーズは「態度点」を獲得するために便利です。

ここまでやれなくても十分合格はできると思いますが、
できるだけ抜け目無く、やれるだけのことはやる。それが合格の秘訣です。

下の動画は英検3級の面接に向けた動画です。
ネイティヴスピーカーや英語の雰囲気に今から慣れておくことが
本番で力を発揮するための良い準備だと捉えましょう。

ポイントは1度だけでなく2度、3度と反復して練習することです。
下の動画でバーチャルに英検3級の面接をシミュレーションできます。

次のページでは例題や過去問、合格率などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク