シロスタゾールが認知症、アルツハイマーに効果あり?販売中止?

血小板薬「シロスタゾール」が
認知症アルツハイマーの予防に
効果を発揮することが判明しました。

販売中止とも噂もありますが、
実際はどうなのでしょうか?

結論からいうと、販売中止になったのは、
大塚製薬が販売するシロスタゾールで
商品名は「プレタール」これの錠剤が販売中止
になりました。

代替商品として、OD錠と散薬が販売されているので、
成分上の問題はなさそうです。

(OD錠とは、口の中で砕いて服用するタイプの薬)
(散薬は粉末状の薬です)

詳細はこちらです。

大塚製薬、プレタール販売中止のお知らせ

スポンサーリンク

シロスタゾールとは?

そもそもシロスタゾールとはなんなのでしょうか?

実は、最初から認知症やアルツハイマー向けに開発された薬ではなく、
脳梗塞のために開発された薬なのでした。

薬の種類としては、抗血小板薬と言って、要するに
血液がサラサラになる薬」です。

怪しい気もしますが、魔法のような薬ですね。

信用できるか?歴史の浅いシロスタゾール

その脳梗塞用の薬「シロスタゾール」が認知症やアルツハイマーに
効果があると証明されてきたのはここ4.5年のことです。

モデルマウスにシロスタゾールを実験した結果
脳にたまった老廃物を排出してくれる役割を
持つことが判明したのです。

これまで認知症やアルツハイマーにはこれといって
特効薬的なものであったり効果的な薬は無かった
のですが、

脳梗塞用の薬であるシロスタゾールが効果的であることが判明し、
多くの製薬会社からシロスタゾールが販売されました。

シロスタゾールはどこの会社が販売している?

まずは大塚製薬で「プレタール」、
上記の通り錠剤は販売中止となりました。

まだ錠剤を販売している会社があります。

ファイザー株式会社

ファイザー(Pfizer)はアメリカの製薬会社で世界売上1位です。

有力な薬を開発する会社を次々と買収し、収益を拡大するやり方は
のちに「ファイザーモデル」と呼ばれました。

ファイザーもシロスタゾールを販売していますし、
マイランというジェネリック医薬品を主に扱う会社の
シロスタゾールも販売しています。

シロスタゾール「ファイザー」(先発名 プレタール) : 製品詳細

沢井製薬で製品名「サワイ」

高橋英樹さんをCMで起用している沢井製薬

大阪に本社を構えるジェネリック医薬品業界の最大手です。

創業80年を越える老舗です。

沢井製薬製品情報「サワイ」

富士フイルムファーマ株式会社で製品名「ケミファ」

富士フィルムと表記されがちですが本来はフイルム、
「い」の大きさに注意、キヤノンでもそうですね。

(キャノンは表記としては誤りですが読みとして正しいです。)

販売名変更、富士フィルムファーマ株式会社

上記の5つの会社の他にも
シロスタゾールを販売している
医療関係の会社や組織は何社かあると思います。

大塚製薬ではシロスタゾールの錠剤を販売中止していますが、
他の会社では錠剤を販売しています。

「錠剤でないとちょっとなぁ…」
という人は大塚薬品の「プレタール」以外の
シロスタゾールを検討してみてください。

次のページではシロスタゾールの副作用や注意点
についてお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク