出世する人としない人の違いは3つだけ

会に出て出世する人と出世しない人と分かれますが
命運を分けたのは一体なんなのでしょう?

「どうして俺は出世しないんだろう?!」

と嘆く人は多いなかで。
颯爽と出世していく人は実際に存在します。

サラリーマン人生を描いたマンガの
島耕作」の主人公のようになれたら…

現実はそう甘くないと理解しつつも、マンガもある程度は
現実にマッチする内容もありますから夢も見てしまいますよね。

スポンサーリンク

出世は結局のところ運か?

過去に出世して行った人を見ても
「彼は出世して当然」と思える人もいれば

「アイツが出世するのはどう考えてもおかしい!」
と納得できないケースもありますよね。

なのである程度は運が出世を左右することはあります。

たまたま上司に気に入られるかどうか、仕事ぶりが
どうこうよりも、例えば容姿が良いとか話し方良いなど
といった表面的な要素で判断されることもあるでしょう。

では運はコントロール出来無いか?といったらある程度は
コントロール出来るんじゃないか?
というのが僕の考えです。

ここで言う運とはくじ引き的な完全な確率では無くて、
第一印象を少しでも良くすることが出来たら?
話し方や身振り手振り、電話対応や気の利かせ方など

科学的に運を引き寄せることが出来る(ほとんど実力とも
言えますが…)可能性があるわけです。

人は狙って出世出来る

おそらくパッと見で「何であいつが出世するんだ?」と
思える人ほど、そういった細かい部分(気配りや外見など)を
わかってやっている可能性が高いです。

毎朝すれ違ってあいさつする人と一切あいさつしない人なら
おそらくあいさつする人のほうが出世する確率が高い
と思います。

仕事の内容が良かったとしても、あいつはあいさつをしない、
とか思われたらそれだけで出世の候補から外れます。

「なんとなくあいつがいると場が良いムードになるな。」
という人が作業が遅かったり現場では使えない人であっても
出世を決めるキーマンの印象が良ければ出世出来てしまいます。

大前提として忘れてはいけないのは超当たり前ですが、
勤続年数、実績です。つまり勤め続けることが第一条件です。
これはおそらく世の中の8割の会社に当てはまることだと思います。

対して目立った活躍をしなかったとしても勤め続けるだけで、

会社は「あいつは他の社員が辞めていく中でうちで
腰を据えて働いてくれる会社に無くてはならない存在。」
と信頼を寄せ、出世に繋がりやすいです。

とにかく勤め続けるという条件を満たした上で

外見は常に清潔感があるか、はきはき話すか、気配りが出来るか、
仕事ぶりはスピードがあるか、安全か、電話対応はどうか
成績はどうかなどの日常的な様々な要因が絡んできます。

出世が人生のすべて
と決め付けるのも寂しい人生だと思いますが

仕事が楽しくてその結果出世できるのであれば
それに越したことは無い
ですし
なによりモチベーションにも繋がりますよね。

出世の旨味を味わうのも気持ち良い人生

肩書きが変わることでステータスにもなり
友人に自慢できるし、両親に喜んでもらえますし、
誇らしい気持ちになります。

合コンに行っても周りが平社員ばかりの中

あなたが主任だったり、係長、課長、次長という
役職持ちであるだけで目当ての女の子が
積極的に連絡先を交換してくれる
かもしれません。

会社によって出世するための条件はそれぞれですが、
本質的には同じだと思います。

バイトをして
たったの3ヶ月で「社員にならないか?」
と打診を受け、断った結果、時給が上がる。

自分でインターネットを使ったサイドビジネスをはじめ、
毎月10000~30000円が入金されるようになる。

そんな小さな出世を経験した私が出世する人としない人の違いは
大きく分けてたった3つしかない
と思ったので紹介します。

当記事はあなたが課長~部長クラスであれば
参考にならない可能性が高い
です。
平社員から抜け出したい方にオススメの内容です。

次のページでは「ハブ」の秘密、お客様と上司などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク