夏風邪はウイルスが9割。喉が痛いよ。早く治らないかな?

速でも3日はかかると思います。
残念ですが劇的に早く治る(1日で)方法はありません。

夏風邪に限らず風邪は基本的に
ウイルスや細菌が原因です。

僕達人間の身体は疲れやストレスで
免疫力が低下している場合、

ウイルスや細菌の攻撃に耐えられず、
病気になることがあります。

あまりにも風邪症状が長引く場合は、
細菌性の風邪
の危険性が考えられます。

しかし、ほとんどの場合、ウイルスが原因です。

ちなみに通常の風邪と違って夏風邪が治りにくい
のにはある理由が
あります。

この記事では

  1. なぜ夏風邪は長引くのか?

  2. 食っちゃ寝=治療

  3. 夏のミネラル補給

  4. 夏風邪の種類

  5. 一般的な風邪との違い

  6. 手足口病について

  7. 簡単にできる対策方法

など一般的には認識の浅い、
夏風邪に特化した情報を公開しています。

スポンサーリンク

なぜ夏風邪は早く治らないのか?

一般的な風邪とウイルスの種類が違うからです。

ウイルスが違えば症状も違いますし、
ウイルスが生息しやすい環境も異なります

  • 風邪が1日で治る時もあれば、
    3、4日続く時もある。

  • 症状の辛さにも違いがある。

このような経験はありませんか?

症状にも違いがある理由は
ウイルスの種類が異なるからです。

例えばインフルエンザは特にわかりやすく、
風邪とは症状の重さが違うと気付くと思います。

普通の風邪とウイルスが異なるので当然、
夏風邪では治療のアプローチが変わってきます。

では

どんな治療法あるか?

と真っ先に考えると思います。

治療法については何か特定の薬に
頼りたくなるかもしれません。

ですが、憶えて欲しい事があります。

基本的にウイルスに対して特効薬はありません。
なので自然治癒を待つしか方法は無いです。

早い話、

食っちゃ寝する。

これが1番です。

今どんなウイルスにやられているか?
それは特定するのは現実的ではありません。

ならばどんなウイルスでも治せる方法は
何か?考えるのが利口だと思います。

下痢だろうがなんだろうが、
うんち、おしっこをする。

体温が上がってもただ待って、
汗でも毒素を排出する。

何事も基本が1番、医者いらず、
お金も時間も少なく済みます。

食べるのがしんどいなら、

水分補給と寝ることだけ徹底していれば、
大抵、早めに治ります。

夏風邪、長引く風邪の原因は身体が
ウイルスの増殖を食い止められていないからです。

次のページでは、既に辛いかもしれませんが、
症状が出ている時、どういう状態なのか?

解熱剤を安易に使用しては
いけない理由など解説しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク