入社3ヶ月、まだ試用期間だけど既に辛いし、後悔してる人へ

既にあなたも体感済みかもしれませんが、

有給が取り辛過ぎる、残業代が出ないのが
当たり前、そんな会社は幾らでもあります。

結果主義的な会社(例えば新規開拓メインの営業、個人、法人に限らず)
に入った場合は勤務年数は意味を成さないことが多いです。

月々のノルマ、結果、入社1ヶ月でも結果を出せるやつが
上に立てる、年齢も性別も関係ありません。実力勝負です。

世の中いろんな会社がありますが、入社たった3ヶ月であっても
いろんなことが掴める
はずですから、どう考えても
自分には合わないような気がすると内心思いながらも

辞めずに続けてしまった場合は時間も失いますし、酷いと
肉体も精神もボロボロになることも有り得ます。

まとめると3ヶ月以上続けるデメリットは
将来性が見えすぎてしまう可能性があることと、

あまりにも自分に合わない会社に入ってしまった場合、
続ければ続けるほど時間も労力も無駄になりかねないことです。

スポンサーリンク

3ヶ月で会社を辞めるメリット

3ヶ月で会社を辞める場合、個人的にはデメリットが多いと
思いますが、メリットも確かにあります。

ではどんなメリットがあるか?というと、

1,精神的、肉体的ダメージを最小限に抑えられる。

どう考えても続かない、しんどい、自分には合わない。
と思える会社に入ってしまった場合は、

すぐに見切りをつけたほうが、精神的には肉体的にも
ダメージが少なくて済みます。

これは会社側としても教育のコストが省けるので、
実は早いなら早いで辞められても会社は困りません。

しかも会社は正社員を雇用するだけで
国から助成金が出る。

そのような仕組みを存分に活用し、

人材を命ある人間だと思っていない。
そんな会社も正直かなりあります。

なので本当に続けられないなら
罪悪感なんて感じることはありません。

キッパリ辞めても良いと思います。
(僕がそのクチでした。)

2,諦め切れない夢、やりたい事に没頭できる。

会社員になったはいいけど趣味や自分のやりたいこと、

実は勉強したいことがあるなど、どうしても
諦めがつかない思いや情熱が捨てきれない場合は、

3ヶ月とか短期間とか関係なくすぐに会社を辞めて
自分にとってパッション(情熱)があることをすべきです。

会社を辞めようか、続けようか迷っている間に時間は
徐々に確実に失われていきます。

その時間を惜しみなく自分のやりたいことに
ぶつけたい!じゃないと死んでも死にきれない。

というなら1ミリも我慢せずに、周囲の意見とかすべて無視して、
即退職して自分のやりたいことを徹底的にやるべきです。

3,若いうちは再就職は超楽

例え3ヶ月の短い期間の退職という経歴が
残ってしまってもまだ若いというだけで、

あなたのことを採用したいと思って
くれる会社は星の数ほどあります。

当然、あなたが求める理想にある程度は近い、自分に合う、
楽しいと思える会社は必ず見つかります。

転職活動に成功すれば、前の会社をすぐに
見切りをつけて正解だったと思えるはずです。

まとめると3ヶ月で会社を辞めるメリットは時間が出来て、
考える時間が増えること、自分の本当にやりたいことに
没頭できること、自分に合う会社に再就職出来ることです。

「やっぱり会社辞めよう!」

と思われたかもしれませんが、
もう少し慎重になって頂けませんか。

次のページでは3ヶ月で会社を辞めることで
現実に降りかかるデメリットを述べています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク