冷たい水が健康に良い理由、悪い理由


スポンサーリンク

冷たい水が良い理由

冷たい飲み物は素早く体内に吸収されます。なので体力を
使う仕事の合間や、スポーツの最中、エネルギーを使いそうな
ことをする前と後に冷たい水を飲むのは良いことです。

そしてタイミング、朝一番は睡眠中に失った体内の水分を補給する為に、
冷たい水で素早く栄養補給出来るのでオススメです。

寝る前もオススメで、人間は寝ている間にも内蔵がせっせと
働いています。内蔵もほとんど水分で出来ています。

次のサイトで臓器がどれくらい水分で出来ているのか確認出来ます。

人体の各臓器に占める水分量

脳や心臓、肺、腎臓、血液など特に重要な臓器は
70~80%が水分で出来ているのです。僕達が毎日コーラばかり
飲んでいたら臓器のパフォーマンスが良くなると思いますか?

夏や屋外で熱い時に冷たい水を飲むのも基本的に良いことです。

僕達の身体は暑いと汗を出して体温調整をしてくれますが、
発汗だけでは限界があり、限界を越えると汗が出なくなります。

そうなると熱中症が重症化し死ぬ恐れもありますので、
冷たい水で素早く体温を調整する必要があります。

ちなみに冷たい水を飲んでお腹を下した経験がある人は
ひょっとして悪いことだと思っていませんか?

お腹を下すのは悪いことではありません。体内の水分の
割合が急激に増えただけで体内から毒素を排出する行為には
違いないのです。

便秘の場合はお腹は下せば良いのです。そこから少しずつ
腸内環境を整えて理想的なうんちを作っていけば良いのです。

冷たい水が悪いと言われる理由

人が「冷たい」と感じる基準は大体20℃以下くらいからだそうです。

人間の平熱の体温が35~36度くらいとすると人間の体温よりも
はるかに低い温度の水分を摂取し続けるのはちょっと
まずい気がするなと思いますよね?実際その通りです。

冷たい水は毎回は飲まないほうがようです。

ようするに朝一番と寝る前以外はほとんど常温水または
冷たい水を口に含んでもすぐに飲み込まずに口の中である程度
ぬるくなってから飲み込むようにするのも良いです。

冷たい水は内蔵に負担をかけるから良くないと言われることが
あります。基礎代謝が下がるとか、免疫力が落ちるとか、
消化不良を起こすとかいろいろ言われています。

内蔵疲労という言葉もありますし、検索すると
冷たい水はダメみたいなことが書かれています。

…僕の経験上ですが冬であっても冷たい水は全然飲みます。
それでも身体はへっちゃら、周りは風邪だのインフルエンザだの
いっていますが、なんともありません。

冷たい水だけが身体の健康のすべてを左右するわけでは
ありませんのでなんとも言えませんが、

冷たい水が悪いと言う人は単純にその人に合わないだけ
なんじゃないか?と思うのです。僕にとっては冷たい水は
ほぼ毎回の頻度で飲んでも問題が起こりません。

次のページでは、コーヒーの正しい飲み方、いろはすを
飲んではならない理由
などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク