硬水ってまずいよね…?でも健康に良いって言うけど本当?


硬水が健康に良い理由

コントレックスに関してはあまりにも硬度が高いこと、乳幼児には
飲ませてはいけないこと、便秘薬に使われる成分である硫酸マグネシウム
が入っていることなど、

ダイエット目的の女性をターゲットにした
マーケティング的な側面も大きいので、100%健康に良いかどうかは
ちょっとわからない気もします。

とりあえず硬水が健康に良いのは
硬水に含まれるミネラルが身体に必須
であるからです。

マグネシウムはごまやアーモンド、カシューナッツや
落花生などのナッツ系などの食べ物から、カルシウムは
チーズやエビ、いわしなどの乳製品や魚介類や甲殻類から摂取できます。

しかし、

硬水から取れるミネラルは
食べ物よりも効率よく吸収できます。

理由はミネラルが水に溶けイオンになっているから(電解質になっている)
吸収効率が非常に優れているわけです。

実際食べ物であればまず口に入れて歯で噛み砕いて咀嚼し、
飲み込んで食道を通り胃に到達し、今度は胃液で咀嚼された
食べ物を溶かし、さらに細かくなったものが身体に吸収されるわけです。

どう考えても水に溶けているほうが吸収効率が良い感じがしますよね。

スポンサーリンク

硬水を飲みやすくする方法

「まずい理由も健康に良いこともわかった。折角なら飲みやすいように
出来たら一番良いのに…」という人もいるでしょう。

一工夫するだけで硬水を取り入れやすくする方法を紹介します。

レモン水に使う。

ただ単に硬水をそのまま飲むから不味いと感じたり喉につっかかる
と感じたりしやすいのです。酸っぱさがあれば全然違います。

レモン水にして飲むことは飲みやすくなるだけでなく、実は
健康的に更に良い側面があり、レモンに含まれるクエン酸が
ミネラルの吸収を促進させる
ことが科学的に認められています。

修行僧が断食修行する際にレモン水だけは必ず飲む、
それほど幅広い栄養素を補給することが出来るのです。

では具体的にどんなふうにしてレモン水を作れば良いのか?

次のページでは筆者も朝、常飲し、病気
知らずになったレモン水の具体的な作り方
を5つのステップに分解してお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク