ストレス解消法、食べ物以外で出来る4つの方法

トレスが貯まるとつい暴飲暴食をしてしまう
という人は多いのでは無いでしょうか?

しかし、栄養バランスの整っていない食べ物や食べ方をしていては、
健康に悪いのでどんどん身体のパフォーマンスが悪くなっていきます

酷くなると職場を長期休養したり、会社から煙たがられることになり、
外部の印象も良くありませんし、「あの人また休んでるね、仮病じゃないの?」
などと取引先や社内での信用も損ないかねません

2015年12月から会社ではストレスチェックが義務化され、
社員だけでなく、会社としても「うちはストレスが無くて
至ってホワイト企業だ。」と国(厚生労働省)に示したいでしょう。

自分自身の健康管理としても従業員に対するストレスチェック対策としても
食べ物に頼らないストレス解消法の引き出しを持っておくと
健康だけでなく仕事でも上手くいく可能性が上がります。

スポンサーリンク

食べ物以外で出来るストレス解消法

1.ゲーム

食べ物は1日2回~3回多い人で4回、毎日必ず食事は行うと思います。
そんな中でまず食欲の制御になりうるのはゲーム、特にスマホの
アプリを使ったゲーム
がオススメです。

場所も選びませんし、スマホさえあればいつでもどこでも出来ます。
ゲームに夢中になるのはそれはそれで目の健康には良くないかもしれませんが、
とりあえず、目先の食べ物よりもゲームに集中して紛らわす作戦です。

あまり子供にはマネしてほしくないし、行儀は良くないですが、
食事をしながらスマホのゲームをするのもオススメです。

なぜならゲームに集中して食事にかける時間が長引くので
それだけで少ない量で満腹中枢を刺激することが出来るからです。

僕がオススメするゲームはバズドラ(パズル&ドラゴンズ)です。

頭の体操でもなりますし、無課金でも結構楽しめますし、

ターンごとに考える時間もあるので何かツマミながら
やっていれば自然に空腹が満たされます。

スマホゲームは日進月歩で物凄い数あります。

パズドラだけでなく空腹感を紛らわせる目的もあってか、
食べ物系のゲームも数多くあります

例えばキャベツの早切りをするゲームだったり、ソフトクリーム作りを
経験出来るものや、ミックスピザを作るアプリ、お寿司屋さんを経営する
ゲーム、本当にたくさんあります。

ポイントは夢中になることです。スマホでだめなら両手が塞がる
プレステやWii、パソコンで楽しむオンラインゲームなどの
コンシューマーゲームにハマるのも良いでしょう。

「既にスマホのゲームはやってるんだけど、つい食べちゃうんだよね。」

という人は次の方法がオススメです。

2.スポーツ

僕の場合はロードバイクにハマっていて、カロリーの消費が
増えたので、食べても太らない
のが利点です。

ロードバイクというと少しハードルが高いかもしれませんから、
ママチャリでも良いですし、手っ取り早くスポーツバイクというので
あればクロスバイクがオススメです。

ママチャリと同じでフラットバーハンドルでブレーキの位置も一緒です。
しかし、ママチャリよりも格段にスピードが出る設計になっていて、
乗っていて楽しいですし、距離によっては通勤にも役立ちます

ダイエットであったり食べ物以外のストレス解消というと、
ウォーキングやランニングというのがよく候補に上がりがちですが、
個人的には歩くというのはあまり楽しく無いですw

人それぞれ価値観は違うと思いますので、ウォーキングでも
全然ハマってます、ここ数年毎日ウォーキングしてますという人は
それでも良いと思いますが、

俺はロードバイクが最高だぜ。という人もいるでしょうし、
いや僕はスポーツはゴルフだけだね、という人もいるでしょう。
私は球技じゃないとハマれないんだよねという人もいます。

ゲームにしてもスポーツにしても自分に合うかどうかがポイントです。

例えばサッカーや野球、バレーが好きだという人はすぐに始められる
ものではありませんし、相手や仲間が必要ですから既に
コミュニティがある人はそれで良いでしょうけど、

1人ではじめらる点でロードバイクやクロスバイクはかなりオススメです。

僕はほとんど毎日通勤でロードバイクに乗り往復20キロ走っていますが、

食べ物はむしろ食べないとやっていけない感じなので、
食事を我慢する必要があまり無いです。量を制限しない代わりに
バランスには気を使っています

野菜や魚、豆類、肉も食べます、それとある健康の先生が
24時間以内に同じものを食べない。」という教えを説いていたので、
100%では無いですがある程度意識しています。

それだけで自然にバランス良い食事になり、お通じがよくなりました。

3.寝る

睡眠はかなり大事です。今更そんなこと言われてわかってる
と思う人もいるとは思いますが、やっぱり睡眠は重要です。

あんまり精神的に嫌なことがあったりストレスを貯めこむと
なかなか寝付けないという人がいると思いますから、

そんな時はさきほども述べたようにスポーツなどの習慣があると
多少嫌なことがあってもとにかく身体が疲れますから嫌でも寝れます。

それとゆっくりと湯船に浸かるのも良いですね。お風呂に入った
1時間半~2時間後くらいに湯冷めしてきますが、この時体温が
下がることによって寝付きがよくなります。

ちなみに最初にゲームがストレス解消に良いと言いましたが、
パズドラをやっていてコメントが出るように
「ゲームは1日1時間」ではありませんが、

やり過ぎると端末の液晶から発するブルーライトで目がダメージを
受けたり、脳が覚醒状態になって睡眠に悪影響を及ぼしかねないので
ブルーライトカットのメガネをするなどの注意が必要です。

「目が疲れてむしろ寝付きが良くなる。」という人は大丈夫でしょう。

僕はどんな嫌なことがあっても寝るとほとんど忘れます
仕事上忘れていけないことはたくさんあるかもしれませんが、
メモをとるなどしていつでも思い出せる状態にしておけば良いだけです。

大抵のことはその場で忘れてしまって良いと思います。

4.悪口を言わない。

これも人によりますが、個人的には人の悪口、愚痴は絶対に言わない
これを意識することでストレスを軽減することに繋がります。

なんで?と思われるかもしれません。人間は大人になるごとに
アウトプット(発信)することによって記憶の定着率が上がると言われています。

つまり、嫌なことも愚痴をとして口から発することでストレスが
ぶり返してきて、一旦落ち着いてきた感情が再び高ぶり、
かえってストレスになる場合があります。

人によっては貯めこんで貯めこんで寝たりして忘れることもしないで
いると、ストレスがたたって仕事に支障が出る人もいるでしょうから、

「自分は愚痴を言わないとやってられない。」という人は
安全な場所と気兼ねなく話せる相手を見つけて徹底的に吐き出して
100%もスッキリするのが良い
と思います。

あくまで個人的な考え方なので試してみて「確かにストレスが少ない。」
と感じたら継続してみてください、僕の中では人の悪口をしだしたら
キリが無いし、自分の成長を止める言い訳にもなるので、

基本的に人の悪口は言わないようにしてます。もし言ってしまっても、
「人の所為にしてはいけない」と戒めるようにしています。

「そんな修行僧みたいな生き方出来無いよ。」と思う人は
思う存分悪口を言うと良いでしょう。これは完全にどっちが良い悪いではなく、
人によって向き不向きがある
と思っています。

まとめ

最後にこんなことを言うのは本末転倒かもしれませんが、
僕の場合は、お通じに問題が無い限り食べ物に制限はしません

ただし、バランスには気をつけます。先ほども述べたように
「24時間以内に同じものを食べない。」を60%くらい守りながら
楽しく食べて飲んでいます。

ちょっと便秘気味だな…と思ったら次の日の朝飯を抜いてみたり、
野菜を多めに食べてみたり、いつもご飯のところをそばやうどんなどの
麺類にしてみたり、昼ごはんが肉多めだったら夜はメインにしてみたり、

食べ物自体を少なくするのが自分にとってはストレスにすら
なりうるので食べ方を意識するようにしています。

少しハードルが上がるストレス解消法で「旅行」があります。
ストレス解消度が高いですが旅行先の食べ物をどうしても
期待してしまうので、そこで我慢しないのは個人的には厳しいです。

今回ゲーム、スポーツ、寝る、悪口を言わない。
の4つを紹介しましたが、基本的に言えることは

あなたにとって何がストレス解消になるか?知ることが重要です。

例えばカラオケがストレス解消になるならカラオケが良いと思いますが、
1人カラオケに挑戦してみて寂しい気持ちになった…とか、
人によっては向いてないことだってあります。

読書がストレス解消になる人もいるでしょうけど、ちっとも
活字が読めない人にはオススメできませんし、そういった人には
映画や漫画、ドラマが良いかもしれません。

ストレスを感じざるを得ない職場に見切りをつけて転職することが
遠回りかもしれませんが根本的な解決になるかもしれませんし、
何もしないことが一番良いかもしれませんし、

ひょっとしたら「ストレス=悪」という
前提が間違っているかもしれません。

というのも僕は数ヶ月間ニートの時期がありましたが、1人で
仕事も無い状態でいると数週間は気楽で良いのですが、

社会との接点が無さ過ぎて1ヶ月を経過する頃には「働きたい。」
と思う気持ちが凄く増幅しました。(単純に貯金が
底を尽きたのもありますが…)

ですから「ある程度のストレス=原動力」と捉え方を
変えるだけで精神的な印象も変わってくると思います。

あなたにとってどんな方法が最善なのか?自分で知ることが
一番の近道
だと思います。

今回紹介した食べ物以外のストレス解消法はあくまで僕にとって
ストレス解消になるものであって必ずしもあなたにも当てはまるとは
限りません。決して鵜呑みにせずに、

自分で経験してみてこれが自分に合うという方法に出会えることを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク