暴飲暴食した翌日の食事法、断食したほうが良い?


スポンサーリンク

断食のメリット

暴飲暴食のデメリットを散々述べましたが、それでもまたやらかす人は
少なく無いと思います。

暴飲暴食の話は一度やめて断食の良いところを説明します。

断食の良いところは臓器の回復を助けることです。
食べ物が体内に入らなければ臓器は今ある体内の仕事に集中出来ます。

明日休みのサラリーマンみたいなもので、明日休みだから今頑張れる。
そういったイメージです。

暴飲暴食をした翌日普通に朝食を食べるのは
よし、定時で上がれる!と思っていたところにいきなり
仕事が入ってきて2時間残業するようなものです。

暴飲暴食した翌日は胃や腸は貼っていたりしても時間経過によって
脳が空腹の指令を出すこともあるので、食べたくなるのです。

これは今忙しいのに問答無用で仕事をふってくる
現場をよく見ていない上司のようなものです。

あなたがサラリーマンだったりフルタイムで働いている人なら休み、
欲しいですよね?内蔵も同じで休みが欲しいのです。

内蔵は休むほど良い仕事をするようになります。
この点に関してはサラリーマンとは違うかもしれません。

断食はかっこ良い言い方をするとファスティングなんて言われます。

断食には固形物を10日単位で取らないといったハードなものから、
1日2食、1日1食にするなどのライトなものまで様々です。

はじめやすい断食

何度も言ってきたことですが、朝食断食することです。

といっても何も身体に入れないのではなく、コップ一杯の冷たい水
飲むようにしてください。

なぜなら朝一番の冷たい水は腸の蠕動運動を助け、便秘予防になりますし、
代謝に欠かせないからです。

昼食を食べるまでの時間もこまめに水は飲むようにしましょう。
コーヒーやコーラ、お茶ではありません。水です。

コーヒーやお茶は代謝を上げてくれるので水と
合わせてなら飲んでも良いです。

飲む水の種類は軟水がおすすめです。硬水は胃に負担をかけます。

運動をした後やダイエットをしている場合は硬水は
多くのミネラルが入っているためオススメです。

暴飲暴食で念の為避けておきたい硬水とは
エビアン、ヴィッテル、コントレックスなど、

軟水はいろはす、アルプスの天然水、ヴォルビック
ほとんど軟水ですね。

もし朝食を食べてしまったら

暴飲暴食してしまった罪悪感が翌日にはもう無かった時、
朝食を食べてしまうこともあるでしょう。

そんな時は昼飯を抜いてください。しつこいようですが、
この時も水は欠かさないようにしてください。

「昼飯抜きで昼休憩なんて…どう過ごそう?」

仮眠の時間を長くできますし、読書も良いでしょう。
単に時間を潰したいだけならゲームをするのも良いです。

断食というとハードルが高い感じがすると思いますが、
まずは朝食を抜き、水を飲むことからはじめれば良いのです。

そして内蔵が回復していく感じを体感することが重要です。

お腹がぐ~っと鳴ったり、お腹が減ったという空腹感を
感じられていない人があまりにも多過ぎます。

次にすべきことは咀嚼回数を増やすことです。

噛む回数を増やせば満腹中枢が刺激されますので
暴飲暴食にブレーキ
をかけてくれます。

十分な咀嚼により食べ物が細かくなればなるほど内蔵に掛かる負担が少なく済みます。

分解しやすく、吸収しやすいし、腎臓での濾過もしやすく、
歯車がかっちり合い、すべてがうまくいきはじめます。

とりあえずよく噛めば食べる量は嫌でも少なくなります。
最低でも普段の2倍~3倍は噛む回數を増やしてください。

食事は残しても良い。

子供の頃に親から「残さず食べなさい。」と言われ、
その教えを今でも守っていて、友人や彼女が残した食べ物を
代わりに食べる、などしている人もそれはダメです。

「残すなんて勿体無い。」と感じるかもしれませんが、食べ物を
廃棄したら廃棄業者が豚など家畜の餌や植物の肥料として
再利用
してくれるのです。

残す=悪といった固定概念を捨てましょう

親の教えも決して良いものだけではありません。
今回読んだことを新常識にして暴飲暴食を卒業し、暴走咀嚼()?を心がけて下さい。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク