暴飲暴食した翌日の食事法、断食したほうが良い?


太るとどうなる?

暴飲暴食すると次の日既に体重が1キロも2キロも増えていることがあります。

普段ダイエットをしている人が暴飲暴食するのは持ってのほかですが、
ダイエットしてなくても体重は頻繁に確認する人はこの時の体重増で
精神的に落ち込みさらにストレスになり免疫力を下げ病気にかかりやすくなります。

既に所帯を持っていたりする人は太っても「まぁいいや」と思ってしまい、
未婚者と違って「売れ残りたくない!」といった危機感が無い傾向があります。

美容への関心が薄れ、諦めが生じ、外見がどんどん醜くなります
豚のようになるのです。旦那は妻を、妻は旦那を年を重ねても見ています。
どちらかと言えばいつまでも若々しくいて欲しいと思うものです。

なのであまりに女性を捨てたり、男性でも外見に気を使わないと
熟年離婚のリスクも高まるのです。熟年離婚だと男性なら特に
慰謝料はかかるし、周りからは影で噂されるし、ろくなことがありません。

スポンサーリンク

食費が掛かる。

毎月食費がいくら掛かっているか?あなたは正確に把握していますか?

「うぅ~ん、大体○○円くらいかなぁ?」

と曖昧な回答をしてしまうのでは?

毎日、毎月の支出を管理している人は心配が少ないと思いますが、
そうでは無い、ざっくりとしかわからない人は注意が必要です。

僕の場合は昔、交際している彼女と交際用にサイフをシェアしており、
レシート、領収書が発行されるものはすべて持ち帰り、

ゲームなどや自販機などのレシートが出ない出費に関しても
LINE等で記録しています。

そしていくら入金していくら使ったか?を明確に知り、今後に
役立てる為に、毎月末にスカイプ(ビデオ通話)をし、画面共有しながら
何日にこれこれにいくら使った、といった情報を記録します。

1ヶ月に掛かる食費の割合

直近3ヶ月の数字でいくと食費は1ヶ月20000~27000円くらい
使っていることがわかります。これは支出の30%を占めます。

もっと掛かっているのはホテル代で40%を越えるので
食費なんて可愛いもの、と考えてしまうのですが、工夫によっては
食費はそれなりに減らせるものです。

支出管理で食費をチェック

お互い別々に暮らしていると
必然的に外食が増えるので食費がかさんでしまうので、
一緒に暮らそうという話になりました。

このように目標がたてられるので
真剣に交際しているカップルなら男女のどちらかまたは共有しながら
支出管理はオススメ、やり過ぎでは無いと僕は感じています。

健康に気を使っているので食品はオーガニックだけ、
なので食費は高くても良いという人は食費は掛かっても
その分医療費が少なくなるでしょうから長い目で見るとむしろ経済的でしょう。

次のページでは断食のメリット
はじめやすい断食の仕方などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク