急性アルコール中毒で死亡する飲酒の量は果たしてどれくらい…?

ルコール300グラム前後と言われています。

300gっていってもわかりにくいかもしれませんね。

お米で言うと2合です。炊いたら増えますが、
単純にお米を1日2合食べるとしたらお茶碗4杯分くらいあるので
ちょっと食べ過ぎかな?というレベルだと思います。

アルコールの致死量は300g前後ですが、
実際問題、純粋なアルコールを一度に300gも体内に取り込むのは
現実味が無い
です。

世界一アルコールが高いとされるポーランドの
スピリタス(96%)であっても、ポーランド人からしたら
そのまま飲むことはまず無いようです。

ちなみに1817年日本の大酒大食の大会があった時、
1斗9升5合(約34リットル)という記録があります。
人間の代謝能力も半端じゃない気はしますが、

とりあえず飲み過ぎで死にたくないですよね。

一般的なアルコール飲料でどれくらいの量で
急性アルコール中毒で死亡するのか
見ていきましょう。

スポンサーリンク

種類別、急性アルコール中毒致死量(概算)

日本で1番消費量が多いお酒はビールで大体
全体の30%強くらいなので、ビールからみていきましょう。

ビールの場合

6リットルで死亡します。大瓶(633ml)だと10本くらい、
中瓶(500ml)だと1ダースくらいですね。中瓶なら1ケースが
20本なので半分越える辺りで死ぬ計算になります。

ちなみに中瓶と中ジョッキは同じ量で500ml、
大ジョッキは800mlなので7.5杯が致死量になります。

業務用のビールサーバーの1樽が7L~19Lくらいです。
なので1樽10Lの樽なら半分ちょいで死ねるわけです。恐ろしや…

これはビールのアルコール度数が5%とした場合の数値です。
(プレミアムモルツ5.5%アサヒスーパードライ5%)

実際問題、一気にこれだけの量は飲めませんし、常にアルコールを
代謝しながら飲むことになるので、実際にビール6リットルを現実的な
ペースで飲みきっても急性アルコール中毒で死ぬかどうかは別でしょう。

ワインの場合

2300mlで死亡します。(13%で計算)ワインボトル3本分くらい、
ワイングラスだと18杯くらい…

ビールの3分の1で死ぬと考えるとだいぶ量が減ってきました。

ちなみにワインボトルは1本大体750ml、ワイングラス1杯に
注ぐ量はだいたい125mlでボトル1本で6杯くらいは注げるわけです。

グラスのサイズは様々です、1杯が多ければ4、5杯で
ボトルが無くなることもあるでしょう。

芸能人の川島なお美さんはかなりのワイン好きでした。
彼女は54歳と若くして亡くなっていますが、死因は、胆管がん

胆管がんは肝臓がんの一種でお酒の飲み過ぎが原因の1つです。

飲みやすいだけに飲み過ぎには十分注意が必要です。

次のページでは日本酒や焼酎の致死量についてお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク