合格発表まで不安で仕方ない人へ

理想と現実は違う。

第一志望の学校に進学できたとしても、
あなたが描いていた理想と現実は全く違うことだってあります。

逆に第二志望の学校に進学して、
むしろ良かったと思うことだってあります。

その場合「第一志望だったらもっと良かったのかな・・・」
と後悔することはありません。

第一志望のことなんて忘れてます。

第二志望の学校に進学して「やっぱり違う・・・」と思ったら、
自主的に退学して、もう一度、
第一志望の学校を受験すればいいんです。

「いやぁ…お金も掛かるし、迷惑掛けてしまうから…」
などと思う必要はありません。編入の可能性も
模索しても良いでしょうし、

本当に後悔したくない!情熱があるなら
自分のやりたいようにすべき
です。後々辛いですが、
奨学金制度を利用しても良いです。

それほどまでにあなたが第一志望の学校に行きたい
明確な理由があるなら、多少時間が掛かっても
その時間は決して無駄にはなりません。

スポンサーリンク

高校、大学どちらにしてもその先は就職

あなたが高校、大学に進学するのであれば、
ほとんどの場合、その先にあるのが就職です。

高校や大学からいきなり会社経営なんて人は
ほとんどいません。

実家を継ぐとか家業がある人であってもとりあえずは
同業種に就職させて修行させることがあります。

就職試験を受ける場合も合格発表はあります

ですので、高校、大学の合格発表は
将来受ける就職試験のための準備と考えて、
今のうちに慣れれば良いのです。

不安と友達になるくらいの気持ちで。

早すぎるけど話しておきたい就職の話

高校や大学在学中に目指す就職先を見つけたら
その会社の規模によって、あなたの学歴によって
入れるか入れないかが決まってくる場合もあります

大企業ならとにかくできるだけ優れた人材を求めているので、
大量に応募者を募り、書類選考~最終選考までで
応募者全体の8割~9割は落とします

100人応募して合格するのは最終的に10人くらいってことです。
もっときつい会社も中にはあるでしょう。

会社の入社基準として
「高卒NG」や「偏差値いくつ以下の大学生NG」等の
条件を非公開で独自に設けている会社さえあります。

(まだあなたは現役の学生かもしれませんし、
今から就職の話なんかしても頭に入らないと思いますが、
将来必ず役に立つ知識なので是非読んでおいてください。)

新卒で入社したい場合はできるだけ
偏差値の高い大学に行っている人のほうが
合格する確率は高くはなります
。それは事実です。

しかし、東大卒だからといって大企業に入社できるわけでも無いのです。
今は昔ほど学歴社会ではありません。

そもそも会社というのは簡単に言うと
「社会貢献によって利益を生み出す団体」です。

高学歴だからといって
会社に利益をもたらす人材かどうかなんて
入社させてみないとわからない
のです。

実際あなたは今やっている勉強が一体何の約立つだろう?
と疑問に思ったことはありませんか?悪い予感は的中します。
つまり、ほとんどは何の役にも経ちません

中には役に立つ知識もありますが、現場に出てみないと
わからないことのほうが多すぎます。

高学歴でなくても中途採用で大企業に入る道だってあります。

そもそもあなたが大企業よりも中小企業のほうが
合ってる可能性だってあります。

公務員やお医者さんなどを目指す場合を除けば
進学する学校や大学でその後の人生にそれほど大きく左右しません。

合格発表はどっしり構えましょう。

絶対の自信とその根拠があれば
そもそも不安にはならない
です。

不安になっているのなら、準備不足の可能性があるということです。

なのでもし不合格なら「準備が足りなかったんだな。
次からもっとしっかり準備をしよう」

と気持ちを切り替えましょう。

辛いかもしれません。

簡単には諦められないかもしれません。

泣きたい気持ちが湧き出てくるかもしれません。

ですが、『あなたはその現実を乗り越えられる
強い人間になれます。』

合格発表なんて人生に数えるほどしかないのです。
貴重な体験
ですから、不安になるなら
思いっきり不安になれば良い
のです。

ちなみに合格発表と直接関係の無い
就職の話までしたのには理由があります。

「数年先のことなんて考えられないよ・・・」
と思うかもしれませんが、

この「長期的な思考」こそ
あなたが手に入れるべき一生の宝物なのです。

次のページでは学歴の倍以上大切な
「長期的な思考」の秘密
を伝授します。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク