肺がんの症状をチェック、末期だと余命はどのくらい?

期の肺がんだと余命は大体1年以内です。

10ヶ月、半年、場合によっては3ヶ月、
さらに短い期間を言い渡されることもあります。

入院した1ヶ月後に死亡することも有り得ます

それだけ早期発見が重要です。

しかし風邪と症状が似ており、早期発見を見逃しやすいです。

見つかった時には既に末期といったこともあります。

スポンサーリンク

日本では数あるがんの中でも
肺がんが死因の1位となっています。

他のがんと比べると悪性になると加速しやすい傾向にあり、
余命が短く言われることが多いです。

余命宣告の的中率は高くなく、実際そこまで当てにしないほうが良いと思います。
傾向としては医者は余命を短めに言うことが多いです。

医者の発言よりも短い期間で亡くなった場合、医者が
責められるからでしょう。彼らも神様ではありませんから、
信じ過ぎるのも考えものです。

余命半年と宣告されても数年もつことも有り得ますし、
余命宣告された後に完治したケースも多くはありませんが存在します。

ステージ4ではもう死ぬしかないのか?

末期と言えばステージ4のことを言うのですが、
ここまで来たら生存する可能性は無いのでしょうか?

肺がんにも様々な種類がありますが、ステージに関係無く
5年以内の生存率はざっくり言うと50%くらいになります。

ステージ4になると生存率は大体5%くらいになると言われています。
さらに専門家によっては意見に違いがあります。

確かなことは他のがんよりも肺がんは生存率は低いです。

数値上の生存率は高くは無いのですが、
どのような精神状態で闘病に望むのか?

人間の意思の力は科学的に認められており、
プラシーボ(思い込み)効果とも言われています。

人はストレスで免疫力が下がるとか、笑うだけで
免疫力が上がる、免疫力が上がればNK(ナチュラルキラー)細胞が
活発になってウイルス、ガン細胞も倒してくれます。

精神と肉体は連動しています。

あなたも大事な会議、取引先に行く途中などで
お腹が痛くなったり、便秘になったり、逆に調子が
良い時は快便といった経験ないですか?

例え末期の肺がんであっても結局は前向きに望むか、
どうせ俺は、私は死ぬんだ…という後ろ向きの精神状態で
望むかで生存率は大きく変わってきます。

どういったアプローチを取るのかでも生存率は変わってきます。

放射線治療なのか?手術なのか?抗癌剤なのか?
全分子アポルバノイドなのか?濃縮ミネラルなのか?

それとも漢方なのか?サプリメントなのか?食事療法なのか?

自分に合った適切なアプローチ、
納得いく方法
で治療にのぞみたいものです。

次のページでは具体的な治療法を模索する以前に
必ず知っておかなければならない、意思の力、
についてお話します。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク