lenovoでワードやエクセル、パワーポイントを起動させる方法

番外編1.iPhone版も公式Officeグッド!

iPhoneなどのスマホでも今は無料でMicrosoft
のWord、Excel、PowerPoint全部使えます

アイフォンならApp storeで「ワード」と検索
すれば上から順番に表示されると思います。

Microsoft Wordを App Store で

iPhoneのワードの何が良いって「戻るボタン」があることです。

1つ前の動作を戻してくれるだけですが、iPhoneに標準で
ついている「メモ」では戻る機能はありません。

個人的に良く使っているクラウド型のメモ帳「EVERNOTE」も戻る
機能が無く、1度全選択しコピーしようと思ったら削除してしまい
数千文字がおじゃんになることがあり、大変ショックを受けました。

僕がおっちょこちょいと言われればそれまでですが、戻る
ボタンがあれば安心なのは間違いない
ことも伝えておきたいのです。

外出先、移動中の電車やバス、タクシーの中でもメモや
重要な文章の下書きさえ出来てしまいます。

本当に便利な世の中になりました。

ちなみにiPhone、iPadユーザーであれば、もともと、
pages(文書)numbers(表)keynote(プレゼン)の
3つのアプリが入っています。

細かい仕様の違いはありますが、使えます。特にkeynoteは
僕はパソコンで使っていて、綺麗なテンプレート、
アニメーションが多いので重宝しています。

番外編2.試用版でオフィスを使う。

1か月の期間限定なので個人的には「えぇ~」と嫌がってしまいますが、
本当に一時的にしか使わない場合もしくは今後は正規のオフィスの
購入を検討している場合は最新バージョンの無料お試しがオススメです。

無料試用版のダウンロード、Microsoft Office 365 製品を無料で試用
スポンサーリンク

オフラインでOffice使うには

作戦3,代替ソフトを買う。

ちなみに筆者は代替ソフトのKingsoftを使っています。
先ほど紹介したオフィスオンラインでは、ネットが繋がっていないといけない。
動作の安定性にイライラするなどのデメリット
があります。

ネットが繋がっていない状態でも使えますし、
パソコンに最低限のCPU、メモリがあればワード、エクセル
はもちろん、パワーポイントであっても快適に動作します。

以前使っていたAcerのノートパソコンでKingsoftをオンラインで購入し、
Lenovoに引っ越ししました。ダウンロードし直してシリアルナンバーが
載っている過去のメールを検索してシリアルを打ち直せば良いだけでした。

本家Microsoftへの拘り無し、格安希望ならKingsoftがオススメ

ワードはWriter、エクセルはSpreadsheets、パワーポイントは
Presentationとそれぞれ本家とは名称が異なっています。

なのでパチもんっぽいのが苦手な人にはおすすめできませんが、
安くても本家オフィスとほとんど変わらないものが使いたい。
という人にはオススメ
です。

上の物はワードとエクセルだけですが、パワポがついても
5000円切ります。

実質たった5000円以内でワード、エクセル、パワポがついてくるのです。
互換性もバッチリですのでMicrosoftWordで保存したものは
KingsoftWriterで開けますし、Writerで保存したものをWordで開けます。

多くの人が懸念する互換性はバッチリです。
互換製品の中ではKingsoftが1番売れています。

次のページでは、Google、IBMも開発に関わった
懐かしのOpenOfficeについてお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク