レノボG50のメモリ増設方法(写真付きで超簡単)

ートパソコンをレノボG50に買い換えて最初に困ったのは
Windows8の仕様でしたが、使ううちにすぐイライラを感じたのは、
動作の重さでした。何が問題だったかというとメモリでした。

レノボG50の性能は初期状態ではそこまで高くはありません。
例えば音楽編集はなんとかサクサク出来るけれど動画の編集は
ちょっと無理が生じてきます。

数GB単位の大きなファイルを扱ったり、一度にいくつものアプリケーションを
開いたり、インターネットでタブをたくさん開いてネットサーフィン
しようものならすぐに重くなって、フリーズすることもあります。

電源オプションでパフォーマンスを優先してみたり、
コントロールパネルからシステムの詳細設定を
いじってパフォーマンスを優先してみたりしても

すぐにイライラが勝ちます。

では最も手軽にかつ、確実に快適な動作を獲得するには?
やはりメモリでしょう。最初は4GB1枚のメモリなので
結構頼りない
です。今回ここに8GBのメモリを1枚増設しました。

その様子を写真付きでご紹介していきます。
(画像はそれぞれタップ、クリックすると拡大表示されます。)

合計12GBということで最初の状態から3倍になります。
最大は8GBメモリ2枚の16GBですが、最初から入っているものを
活かし、メモリが余らないため1枚だけ増設しました。

レノボG50に限らずほとんどのノートパソコンでの
メモリ増設作業に共通する内容
ですので、是非お役立て下さい。

スポンサーリンク

ノートパソコンのメモリ増設方法

最初にまず増設用のメモリが無いと話になりません。どんなパソコンでも
そうですが、対応するメモリを調べて購入しましょう。
店舗で買う場合はスマホなどに品番をメモしておくと良いです。

レノボG50の場合はPC3-12800 DDR3L SDRAMというものです。
この規格は必ず明記されているはずですので、一致するものを
購入してください。

今回僕が使ったのはこのメモリです。

地方の場合はヤマダ電機とかの大手ですら増設用のメモリは
売っていない可能性があります

ケーズデンキにいったら一応対応するメモリは売っていましたが、
アイオーデータとバッファローの1万円超える
物ばかりでしたので、諦めました。

保証の点からするとお店で買ったほうが良いとは
思いますが、僕の場合ネットも信用していますし、
なにせ安いのでアマゾンで買いました。

ステップ1.電源を切る

増設用のメモリが準備出来ましたらまずはパソコンの電源を
落としましょう
。僕の場合はシャットダウンは面倒なので
休止状態でやりました。

専門家に言わせると面倒でもシャットダウンしたほうが良い
と言われるかもしれませんが、休止状態で行っても別段
問題はありませんでした。自己責任でお願いします。

ステップ2.パソコンを裏向ける

安価で丈夫なレノボG50ですが、精密機械であることを忘れずに、
くれぐれも強い衝撃を与えることなく、慎重に作業してください。
まずはパソコンを裏向けます。

pc裏

ステップ3.ネジを外す。

pc裏ネジ部

レノボG50の場合、バッテリーとパソコンの中身を開ける場所があります。
3つのネジが下に来るようにし、小さなドライバーでネジを外してください。

ネジ裏ドライバ

ステップ4.蓋を開ける。

3つのネジは磁力の弱いドライバーだとネジが外れてくれない可能性があります。
ネジを緩めたらネジを無くさないようにパソコンを傾けて(ネジが下にくるように)
重力に任せてネジを落とすとネジが取れます。

蓋を若干抑えながら手前に引くとすぐに蓋が開く状態になります。

pc裏開ける前

ステップ5.中身を確認する。

CPUのファンやハードディスク、そして右下にメモリが確認できます。
ここから先は近くに水などを置かず手に金属類のアクセサリーなど
している場合は外し、安全な状態で作業してください

pc裏オープン

写真では既にメモリが2つともセットされていますが最初は
下のスロットが空きとなっています。

ちなみに

同じレノボG50であってもメモリのスロットが
1つしか無いモデルも存在するようです。

ですから、同じG50であっても最大メモリが
16GBになるものならば合計メモリスロットは2つになります。

G50でメモリのスロットが1つの物はおそらく
最大メモリが8GBになっていると思います。

それでも最初は4GBなので交換すれば2倍にはなるので、
メモリ交換する価値はあると思います。

ステップ6.メモリを空きスロットに増設。

メモリ1スロット入っていない状態

増設する場合、購入した新しいメモリを空きスロットに挿入します。
裏表、左右、すんなり入るパターンがあるので無理やり
入れようとして壊さないようにご注意を。

メモリ差し込み時

上の写真のように斜めにメモリを一旦挿入します。
軽くパチンと音がするまでメモリを押せばロックされます。

メモリ差し込み完了

(外す場合はスロットの両サイドに小さな止め具を広げればメモリが
上向き、取り出しやすい格好になります。)

メモリ横止め部

無事にメモリが挿入されましたら蓋を閉じ、3つのネジを止めてください。

ステップ7.ノートパソコンの電源を入れ、
メモリ増設が成功したか確認する。

確認する方法はスタートボタン⇛コントロールパネル⇛システム
の順番にクリックすれば次のような画面になります。

無題

実装メモリ(RAM)のところが増設したメモリの分増えているか
確認してください。上の写真では12GBになっていますね。

知っている人も多いとは思いますが「Ctrl+Alt+Delete」で
タスクマネージャーの起動を選択するウィンドウが開けます。
タスクマネージャーからメモリの使用率が確認出来ますので、

こちらもチェックするとありがたみを感じます。

無題-

ノートパソコンを買っても意外とメモリの増設で得られる恩恵の
大きさを知らない人が多い
です。パソコンの動作が遅いから
買い換えようかな。と悩んでいる人はまずはメモリ増設してから

最終的な判断しても遅くは無いはずです。
それだけメモリ増設は簡単で確実にサクサクになります。

メモリ増設は費用対効果が高すぎます。

メモリを増設すれば、ネットサーフィンはもちろん、
ネットゲーム、音楽製作あたりは楽勝になります。

動画撮影や編集になるとさすがにレノボG50ではCPUの
力不足を感じますが、簡単な編集なら問題ありません。

ちなみにレノボを買った時ファンクションキーの使用が
普通と違うなど戸惑った点がいくつかありました。

僕がレノボに買い換えて行ったことを
次の記事にまとめたので、同じ悩みを
抱えている人はこちらも御覧ください。

ノートパソコンをレノボG50に買い替え行った8つのこと


レノボG50にはもはや当たり前の
ようにOfficeが入っていません。

しかし今では無料、あるいは格安でOffice
(ワード、エクセル、パワーポイント)を
使うことが出来るので知らない人は次の記事を御覧ください。

lenovoでワードやエクセル、パワーポイントを起動させる方法


ノートパソコンを買い換えると古いパソコンは
大切のデータを保存した後、不要になり、
邪魔になることがあります。

かといって何もせず売りに出すのは個人情報の漏洩などの
心配
があります。最低でもリカバリはしておきたいものです。

次の記事では、acerのパソコンに限りますが、リカバリの方法を
解説しています。該当する方はお役に立てると思います。

acerのパソコンをリカバリ、初期化する方法(経験者が語る)

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク