HDMIケーブルとは?最近のパソコンに標準搭載だが・・・

HDMIケーブルとは、動画の信号を送受信するためのケーブルです。
使い方としては例えば、

ディスプレイの小さなノートパソコンから
TVや大きなディスプレイに繋ぎ、
動画や映画を大画面で見ることができるのです。

デジタルカメラからTVへ映像を送ることができます。
(片方が小さなHDMIでもう一方が通常サイズのHDMIケーブル)


今のビデオカメラだとデジタルなので
かなり綺麗に子供の運動会の様子や
合唱会の様子が見ることができます。



スポンサーリンク

デジタルなのでずっと高画質



HDMIケーブルはデジタルの信号を送受信するので、
昔のビデオカメラと違って、昔の映像が
長い年月が経っても劣化することなく、

綺麗なまま見ることができます。

マルチディスプレイもHDMIケーブルがあれば可能になります。
(マウスのアイコンが左の画面から右の画面へ移動するアレ)


最近だとプレステ3とかWiiにも標準搭載されていますよね。

昔からパソコンを触っていた人であれば、
ご存知だと思いますが、映像は

D端子や今も全然使われますがVGA端子(D-Sub)などが主流で
スーファミ世代の人なら御馴染みの、赤、白、黄色の
ケーブル(RCA)で映像と音声を送受信していました。

これらはすべてアナログです。

スーファミを使っていた人なら良くわかると思いますが、
アナログのケーブルは差し込み具合で
映像や音声の乱れが簡単に発生します。

それに比べてHDMIケーブルはデジタルなので
映像や音声が劣化することは基本的に有り得ません。




映像と音声と一本で送受信



昔から使われていたデジタルの映像の伝送ケーブルは
DVIというものでしたが、基本的には
映像の出力しかできません。

映像も音声も一緒に送ることができ、
なおかつ端子もスタイリッシュでコンパクト、

これまでのアナログケーブル、デジタルケーブル
共に凌駕する存在、それがHDMIケーブルだと思います。




使用例



私がHDMIを使う場合はビデオカメラの映像を
TVで見るときや、

ノートパソコンで映画(DVD)を見る時に
TVの大画面で見たいときがほとんどです。

将来的にはノートパソコンと
プロジェクターをHDMIで接続して

なにかセミナーでプレゼンとかしてみたいなと思っています。

現状では数は少ないかもしれませんが、
HDMI端子のついたプロジェクターも増えているみたいです。

ちなみにプロジェクター側がDVI端子でも
HDMIの変換プラグを使えば、使用できるようです。


私がHDMIケーブルを買おうと思ったきっかけは
普段のノートパソコンでの操作を大画面でモニタリングしたいな
と思ったことでした。


使っていたノートパソコンにHDMIポート(指すとこ)
があり、自宅にある40V型で、HDMI対応でしたので
HDMIケーブルを買うだけという状態でした。

個人的には遅延(時間差)がある感じがしたので、
そういう用途では結局使っていませんが、

やっぱりノートパソコンから
大画面TVに繋いでYoutubeだったり、
映画(DVD)鑑賞するにはもってこいです。

そのためだけに買っても十分価値があると思います。




端子のサイズ



スーファミ時代のことを考えると
赤白(ステレオ音声左と右)黄色(映像)で
3本のプラグが分岐していたわけですから

それが1本で済むということだけで
かなりの利便性アップですし、端子の大きさも
USBと大体同じくらいで、

DVIの端子やVGAの端子と比べても一回り小さいし、音声も送れる。

素晴らしいケーブルだと思います。

長さは3メートル~5メートルくらいあれば、
家でノートパソコンとTV繋げるくらいだったら全然問題ないですね。

ビデオカメラとTVだったら
ビデオカメラを購入した時に元々ケーブルが
同梱されている場合が多いと思うのでそれを使うと良いです。




搭載されている機械



AV機器全般ですね。

・テレビ
・デジカメ、ビデオカメラ
・プロジェクター
・パソコン、ノートパソコン
・HDD、DVD、BDレコーダー(プレーヤー)
・Wii、Xbox、プレステ3


そうそう、3Dにも対応しているみたいです。




何の略?



ハイパー・ダイナミック・マスター・井上


ではありません。

ハイ・ディフィニション・マルチメディア・インターフェース
(High Definition Multimedia Interface)
の略です。

Wikipediaさんいわく
「高精細度マルチメディアインターフェース」

高精細度はここでは「高画質で高音質」
マルチメディアは「いろんな機械」
インターフェースはここでは「接続する箇所」の意味ですかね。

VGAはビデオ・グラフィックス・アレイ

DVIはデジタル・ヴィジュアル・インターフェース

RCAはレディオ・コーポレーション・オブ・アメリカ

USBはユニバーサル・シリアル・バス


ちなみに
JCBはジャパン・クレジット・ビューロー

関係ないですね。



専門的な説明は全然できませんが、
あくまで日常生活で使う範囲での必要な知識は
紹介できたかなと思います。


何か質問や、「私は俺はこんな使い方してる」等あれば
気軽にコメントを残してください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク