夏バテ対策のスタミナUP食事ランキング!外食限定トップ5!

バテは辛いですよね・・・できれば
夏バテになる前に予防しておきたいところです。

それに夏とか関係なく、現場作業の人、冷房も扇風機も無い
直射日光の中ヘルメットをかぶっての作業はありますし、
スポーツをやっている人なんかもスタミナをつけたいですよね。

そもそも夏は基礎代謝が落ちます。

既に夏バテになっている場合は胃腸の調子が悪くなりますので、
食欲が無くなります。
なので、夏バテになる前に
スタミナをつけるのが、有効な対策です。

でも料理はしないし、別に料理できるけど、
自分で作るのはめんどくさい。
レシピを考えるのもめんどくさい。

スポンサーリンク

外食なら冷房も効いて涼しいし
後片付けもしなくて良いから楽。


と考える人も多いと思います。

日本は近年健康ブームが目立ちます。
一昔前に流行ったビリーズブートキャンプは廃り、今では、
ライザップなどのハード系ダイエットが流行っています。

飲食の業界でも熱中症対策であったり、
夏バテ対策、夏風邪防止など、旬な食材と
照らし合わせながら夏限定メニューを打ち出します。

一言に外食といっても千差万別です。
日本の外食産業の市場規模は2014年のデータで
およそ20兆円
にも上ります。

マイクロソフトのビルゲイツの2015年時点での総資産額が
9兆5000億円ですから、それの2倍です。ビルゲイツの凄さも
驚きですが、外食産業はそれなりに歴史がありますから、


現状ではインターネット系などの歴史の浅い産業
よりも外食産業の方が市場規模が大きいです。


膨大な飲食店さんの中でどれが良いか?挙げだしたら100件とか
余裕で超えると思うし、キリが無いと思います。

筆者には友達が1人も居ませんので、街頭アンケートとか、
ネット上でリサーチもしてません。
基準は僕が好きかどうかの
独断と偏見で夏バテ予防に適した外食ランキングトップ5をご紹介します。

地域限定のネタとかは無しでなるべく全国にある外食チェーン店
シェアしたいと思います。具体的なメニューも挙げますので、
料理だけ見て同じようなものをあなたのお気に入りの店で頼むも良いでしょう。

では早速ご紹介していきたいと思います。

第5位『びっくりドンキー』


え~ちょっと意外・・・と思われたかもしれません。
ぶっちゃけ季節云々は関係なく、びっくりドンキーの
バーグディッシュはバランスが取れていて健康的です。

エネルギー補給に適した白米と投薬を行っていない肉
お肉に関してはビーフはニュージーランドとオーストラリアです。
国産しか嫌という人は仕方がありませんけども、


それでもきちんと拘りを持っていて

ビーフとの合い挽き肉としてハンバーグに使用しているポークは、
〈びっくりドンキー〉がこだわり抜いてきた
ハンバーグの味の決め手のひとつ。

「アレフ基準飼育ポーク」は、生後90日以降、出荷まで
3ヵ月あまりの期間の無投薬飼育を基準としています。


こういった明確なルールのもとで飼育しています。
野菜に関してもトマトやダイコン、レタスなどは農薬を使っていませんし、
栽培のスタンスは基本的に農薬は最小に抑える努力をしています。

おすすめの夏バテ対策メニューはカリーバーグディッシュ
スパイスには胃液の分泌を促進する働きがありますから、
夏バテとの相性もバッチリ!お肉と白米でスタミナ全開です。

びっくりドンキー | カリーバーグディッシュ

第4位『スシロー』


夏なんだからそもそも熱いもんは食べたくねぇよ。
と言う人、たまにいらっしゃいます。そんな時はスシ。

本当は「すしざんまい」というチェーン店をランキング
したかったのですが、47都道府県にあるわけではありませんし、
知名度に欠ける可能性を加味して避けました。

内陸の人は残念ですが、北陸とか海沿いの地域に住んでいる人であれば、
お寿司は最高ですよね。寿司といってもいろいろネタがあります。

全般的に言えることは


「お酢」の酸味には食欲増進の働き
がありますから、夏バテにもってこいです。


特にアナゴ、アナゴとウナギは実は
脂の量が違うだけで、栄養学的にはアナゴにも

疲労回復のビタミンB群が豊富に含まれている
ことがわかっています。
発汗で失われるカリウムやスタミナ補給のたんぱく質も豊富です。

他にも夏バテに良いネタは

  • 血液サラサラクエン酸の梅のしそ巻き

  • カリウムが豊富なきゅうり(カッパ巻き)

  • 好き嫌いが分かれるが熱を冷ます効果のあるミョウガ

これらもオススメです。

必ずしもスシローである必要はありませんが、安いし、いろいろあるので
別に夏バテ対策とかどうでも良いという人と一緒にいっても
何の問題も無いので良いですよね。


スシローのメニュー | 寿司(すし)・回転寿司

第3位『サブウェイ』


健康志向の人は夏関係なくサブウェイ良く利用するという人いると思います。
キングオブ不健康の日本マクドナルドの売上げが下落している理由は、
サブウェイが日本でシェアを拡大していることが要因になっていると思います。

(サブウェイの全世界の店舗数はマクドナルドを上回っており、
世界最大の飲食チェーンといわれています。スゴイ!)

一部の消費者のこれまでの志向が「安くて早い。」から
多少高くても遅くても良いから高品質。」
という風に移り変わってきていることや、

単純に今まではファーストフードは安くて不健康のマックか
健康志向のモスかという2択だったところに

第3の選択肢でサブウェイが登場し、健康ブームにマッチ
していることからサブウェイがヒットしているのかもしません。

サブウェイには夏限定メニューが存在します。2013年は

  • 「スパイシータンドリーチキン」

  • 「スパイシーシュリンプ」

だけでしたが、2014年には

「夏野菜のラタトゥイユ&チキン」

が追加されています。おそらく2015年も
上記の3点はやってくれるんじゃないかなと思います。

サブウェイのレシピ作りはライバル会社の
ロッテリアがパクるほど優秀です。


2015年6月11日からロッテリアは夏野菜をたっぷり使用した、
「ラタトゥイユ仕立てのタンドリーチキンバーガー」と
「ラタトゥイユ仕立ての絶品チーズバーガー」
の販売を開始しました。

これまでロッテリアは極端な話マックと似たような感じでしたが、
自社でやってきた絶品シリーズと最近流行りの
ラタトゥイユを組み合わせてきました。

サブウェイの話に戻りますが、スタミナを考えるなら
スパイシータンドリーチキン」が良いと思います。
タンドリーチキンに使われるターメリックは主にお腹と

体全体の調子を整えてくれます。ターメリックっていうのは
ようするにウコンですから消化不良の改善や胆汁を分泌し、
肝臓の機能を助ける役割を持っています。

そしてチキンですからスタミナ面もOKです。
サブウェイの良いところは細かい注文ができることと、
どんなメニューを選んでもバランス良く野菜を食べられることですね。

サブウェイのメニューはこちら

サンドイッチのオーダーメイド メニュー 野菜のサブウェイ – SUBWAY

第2位『モスバーガー』


日本発祥のド安定ハンバーガーチェーンモスバーガーと
サブウェイのどちらを2位にしようか迷いましたが、
日本発祥という理由でモスバーガーにしました。

(ちなみにサブウェイはアメリカ発祥)

モスバーガーも毎年恒例で夏に特化したメニューがあります。


  • ナン・タコス

  • ナン・カレードッグ

これらの2つのメニューを豊富な写真で食欲を掻き立てる記事がこちら

モスバーガー夏の新メニュー、ナン・タコス&カレードッグ・辛味噌ソースモスチキン・冷製さつまいものスープ・モスのフラペビーンズ&マンゴー試食レビュー

ナンですが、バターが多く含まれているのでカロリーが高いです。
スタミナ重視に適しているいるわけです。


タコスはメキシコ料理の軽食で、


トウモロコシのトルティーヤ(すり潰したとうもろこしで作る薄焼きパン)で
具を包んで食べるというのがタコスの意味になります。

実はトウモロコシは夏バテ対策に適しています。
とうもろこしの胚芽には疲労回復のビタミンB群を含み、
発汗で失われるカリウム

黄色い色素には目の網膜を保護してくれるカロテノイド
ルテインとゼアキサンチンが含まれており、紫外線やスマホ
でやられた目の回復にもなります。

モスで満腹感を得ようと思うと、2つの単品メニューを欲することもあるので、
そうなるとサブウェイで一個頼むよりも値段が張りますが、
それでもモスバーガーは使用する生野菜のすべてが国産

しかも産地も明記されているという徹底ぶり、信頼、安心、
ちょっと高いけど満足度が高く、これからもちょっと贅沢に
今日モス気分を堪能したくなります。

第1位『カレーハウスCoCo壱番屋』


堂々の第一はココイチです。僕はココイチに週に1回は必ず行く。
多い月は週に3回を毎週、というくらいココイチ信者です。

ココイチアンチの人は今すぐページを閉じてください。

ココイチも毎年夏限定メニューがあります。

2005年から毎年販売している「チキンと夏野菜カレー
そして今年もやってきた「手仕込チキンカツカレー」さらに
野菜も「イタリアンソーセージのシーザーサラダ」が夏限定です。

(これらはみな8月末までで、無くなり次第終了)

注目は「チキンと夏野菜カレー」ですね。


モスバーガーのように生野菜すべてが国産というようには
いきませんが、国産は多いです。

入っている夏野菜は、


  • トマト

  • ミニトマト

  • 鶏肉

  • ナス

  • グリーンアスパラガス

  • オクラ

とってもバランスが取れていて美味しいです。僕なんかは
トマト嫌いですが、ココイチの夏野菜カレーのトマトはなぜか食べられます。

野菜嫌いのお子さんをお持ちの方はカレーに野菜で
苦手を克服できるチャンスかもしれません。

持久力向上やたんぱく質合成でスタミナアップには欠かせない
アスパラギン酸
を含むグリーンアスパラガス

そして胃腸の粘膜を保護してくれるネバネバ成分ムチンを含む
オクラも既に夏バテであってもやさしく胃腸を養生します。

ナスには体を冷やす役割がありますから
これも夏バテ、熱中症対策にも最適ですね。

ナス、アスパラガス、オクラはそもそも肉などに比べ
外食向けではありませんし、カレー以外の料理には
なかなか使いづらいです。モスもサブウェイも取り入れられていません。

オススメのトッピングはガーリックです。


ちなみに、にんにくは匂いが無いと意味がありません。
なぜならにんにくのあの独特のにおいはアリシンによるもので、

強烈な殺菌、抗菌作用に加え滋養強壮効果があります。
さらににんにくにはビタミンB1も含まれており、
アリシンと組み合わさるとアリチアミンとなり、

さらなるスタミナアップ、脂肪燃焼の効果が期待できます。

チキンと夏野菜カレー802円(一部823円)の
ガーリックトッピング51円で合計853円(税込み)
1000円以内で究極の夏バテ対策カレーを食べることができます。

チキンと夏野菜カレーの詳細はこちら

「チキンと夏野菜カレー」 – ココイチのメニュー|カレーハウスCoCo壱番屋

夏限定メニューをあますことなく一度に食べた動画があります。
正直かなりボリュームがあるので相当空腹でない限りは
マネしないほうが良いと思いますが、実際の夏野菜カレーと

チキンカツの感じが掴めると思います。

いかがでしたか?


今回外食チェーンに絞ってご紹介してきました。
それぞれ夏限定メニューは給料の高そうな食品開発部とかで
いい大人達と食のプロが考えに考え作られたものです。

僕達が独学で料理をやったところでなかなか彼らにはかなわないでしょう。
外食はお金さえ払えば何の準備も片付けもせずに
完成度の高い料理を食べることができますから、

自分自身で考える力が衰えます。なので、
料理をする人は、ただ外食にいくにしても
どんな食材を使っているのか?に意識をおくことで

自宅で作る料理の参考にもなります。

自営業のお店などでも工夫して期間限定のメニューや、
季節に適したメニューを出しますので、夏の外食は
楽しみが盛りだくさんです。財布が空っぽになってしまうよ!

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク