新入社員が退職!たった2ヶ月で。世間は私を非常識と言う?

選択肢は無限大です。

エントリーシートは絶対に書かなければならない
ものでも無いですし、履歴書も100%用意しなければ
ならないものでもありません

しかも書類通過率があまりに低い場合、
履歴書に掛かる費用も郵送費も無駄になります。

表立って社員や従業員の募集をしていない会社
であっても電話したり、アポあり、無しに関わらず、
訪問して話を聞いてみたら

直接的にアプローチしてくるような積極的な人材
なら欲しいと考えるかもしれません。

本当に入りたい!と思う会社なら手段を選ばず
何でもやってやる。という気持ちが大切
だと思います。

最初から正社員ということにこだわらず、
アルバイトから正社員へという道もあります

実際、私はその後の雇用先はアルバイト開始3ヶ月で正社員にならないか?
と打診されました。仕事ぶりを評価されたのと、若さを買ってくれたのでしょう。

そもそも大前提として人間は書類では
わからないことのほうが多い
のは当然です。

エントリーシートや履歴書、職務経歴書だけでその人の人間性、
その人が会社の柱になってくれるか?そんなことはわかるわけがありません。

実際の仕事ぶりを見て評価し、正社員への勧誘を
してくれる会社も、世の中にはごまんとあります。

会社としても最初の3ヶ月間(6ヶ月の場合もある。)
は試用期間とし、実際に入社して問題が発覚したら合法的に解雇が可能です。

スポンサーリンク

まとめ

一般論を言えば間違いなく新入社員が
2ヶ月で退職するのは非常識です。

そうはいっても「そうか、俺は非常識なのか…」
落ち込んでいても何も良くなりませんし、
それをきっかけに経歴詐称をするのはもっての他です。

とりあえず2ヶ月という期間は関係なく、退職して
次の就職先も決まっていない状態であれば自分を
見直す良いチャンスが出来た
とプラスに捉えましょう。

そもそも自分は本当に正社員で就職する必要はあるのか?別に理由が
無ければアルバイトでもパートでも生計はたてられなくは無いです。

アルバイトすら決まらなかったとしても最悪日本では
生活保護を受けられるのでお金は貰えます。生きていけます。

大胆に行け。

小さくまとまっていたり、縮こまっている必要はありません。
ダイナミックに生きましょう。

自分には元気な身体がある、社会の波に飛び込んで
いろんな経験をしてみたい、就職の理由がどんな理由か
は人それぞれですが、

会社に入る必要がある、もしくは入りたい。
または損得勘定でも良いです。

長期的にみて会社員のほうがボーナスもあるし、昇給もある、
有給もあるし、社会保険も天引きで会社がやってくれるし、
退職金も出るし…と面接でそんなことを言うのは一般的には無しですが、

本音と建前を上手に使いわければ良いだけです。

むしろすべて正直に話し、書類にも普通はこんなこと書けない
ような内容も包み隠さず書いてしまっても、会社によっては
「君みたいな正直者を求めていた。採用!」となるかもしれません。

僕自身はゆとり世代で終身雇用は元からくそ食らえと考えていましたし、
人が辞めたり入ったりするのは全然悪いことではないと思っています。

むしろ人が辞めたり入ったりを繰り返すから会社としても従業員としても、
お互いの合う合わないがわかるようになってくるのだと思います。

最後のページでは、辞めること自体は
悪いことでは無い。その理由は、ユニクロの
会長から学ぶことが出来る。

などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク