新入社員が退職!たった2ヶ月で。世間は私を非常識と言う?

一般にはあまり知られていませんが、会社は書類選考
する上で“ある条件”を密かに設定していることがあります。

例えば、

  • 3回以上の転職NG

  • 35歳以上NG

  • 1年以内の退職歴ありNG

などなど、これらはほんの一例で、企業によっては
さらに多くの条件を裏で設定していることがあります。

スポンサーリンク

学歴フィルターが最たる例で、

大手の求人サイトに記載する
数々の企業はフィルターを仕掛けています。

もちろん書類選考無しの企業も数多くあるので
まだまだ可能性は膨大にある
のは確かです。

となると中小企業や伸び代のあるベンチャー企業が現実的に
内定が決まりやすい次の転職先の候補
となってきます。

この辺はあくまで可能性の話なので、100%ではありません。
参考程度に頭の片隅に留めておいて下さい。

なぜ系の質問に強くなれ

「早く辞める=根性なし」とネガティブに捉えられそうところを、
「自分に向いていない=切り替えが早い」とポジティブに捉えてもらうには、
面接でどう話すか?履歴書や職務経歴書でどう書くかが重要になってきます。

入社2ヶ月で辞めたら「割と早めの退職だと思いますがなぜですか?」
と聞かれますし、逆に10年以上勤められた人なら、
「それなりに長く勤められたのになぜ退職されたのですか?
」と聞かれます。

転職、再就職するのであれば必ず自分が納得する答えだけではなく、
相手にとって納得の行く答え、それなりの理由を提示しなければ、
信用、信頼は得られませんし、当然採用はされない
でしょう。

そもそも今の会社を辞める理由すら思いつかない…
これ言ったら大丈夫かな?と不安な人もいるでしょう。

次の動画(音声)ではいくつかパートにわかれていますが、
円満退社出来る方法などについてお話されています。

一般論ばかりでも現実味に欠けるので、
僕自身の経験についても述べていきます。

体験談:26歳独身フリーター男性(筆者)の場合

僕は過去に2回、自主的に退職を経験しています。
最初は1年間で退職、2度目は2ヶ月で退職しています。

3度目は会社都合の退職、4度目は短い説明では難しい
「干された」ような形、合計4回の転職を経験しています。

最初に入った会社は正社員の募集枠は無かったのですが、
将来的に正社員を目指してのアルバイトという形で、
会社は正社員と同じように扱うといってくれました。

その会社では接客、小売店で店舗運営
および、販売をしていました。

楽器屋の販売員(スタッフ)です。

1年以内に店舗内で20人のスタッフの中で月間売り上げ2位、
3位と自分で言うのも何ですが好成績を叩き出しました。

しかし、これに対して上司は口では「お前最近がんばってるな。
数字は見てるぞ。」と評価を色を示すものの、一向に
正社員になれる兆しが無かった為に転職活動を開始
しました。

これは割と前向きな退職理由になると思いますので、
是非参考にしてみてください。ポイントは前向きであることです。

なので最初の転職の際は「口頭で高い評価を得ているのに、
正社員になれないので、正社員を雇える経営状態では無いと見切りをつけ、
退職
した。」というようなことを面接で話しました。

次のページでは筆者の人生初内定の話や、
その後、どうやって転職したかなどお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク