ストレス太りを改善する為の5つのルール

トレス太りを経験したことがありますか?
実は、ストレスを感じて食事量が増えたと答えた人は4割ほどいるようです。
ストレスで逆に食事が減ったという人も中にはいるようですが、

それは大して問題視されません。

太る原因はなんだと思いますか?

食べ過ぎ、運動しなさすぎ、代謝が悪い。
いろいろ考えられますが、以外と無視されているのが、
ストレスによって太ることです。

中には失恋離婚激太りする人も存在します。
それだけ精神的な部分が重要なのです。

「ストレス=太る」の図式は科学的にも解明されています。
これからストレス太りを改善したいと願う人に送る。
新しい5つのルールを公開します。

この5つさえ守れば痩せる!と断言できるほどではありませんが、
今まで着目されてこなかった分野の知識もあり、
テレビや雑誌では得られない本質的な内容です。

スポンサーリンク

ルール1.食事を大事に


名作ゲーム、ドラゴンクエストの作戦で「いのちをだいじに」というのがありましたが、
食事をおざなりにする人は多いです。毎度毎度の食事を大事に食べる。

これを意識している人は少ないと思います。
もっと食事を楽しむ必要があります。罪悪感を感じることはありません。
そしてもっとよく食材の秘密を知る必要があります。

例えば、食欲を下げるハーブというのが存在します。

バジルです。バジルには免疫力UPや抗酸化作用の効能のある、
βカロテンを非常に多く含み、ガン予防にも効果的、アンチエイジングの
効果もあります。

バジルの他にも、フェンネル、ジュニパーベリー、カモミール、オレガノなど、
腸に良く、消化を促進してくれるハーブは数多くあります。

「結局何に手を出していいかわからない。」

という人はまずは気軽にハーブティーを飲む習慣を身に付けましょう。


ルール2.脳科学を知れ


アマゾンで販売されている本のタイトルにこんなものがあります。

・快感ダイエット-太る脳、やせる脳
・何をやっても痩せないのは脳の使い方がまちがっているから
・脳をダマせばこんなにやせる

ダイエットと脳は密接な関係があると考える人が増えてきました。
実際、これは理にかなっていると思います。
ストレスを感じると発生するホルモンに「コルチゾール」があります。

ストレス太りの原因はコルチゾールにあると言われています。
通常、コルチゾールはストレスの調整機能や血糖値のコントロール、
血圧、胃酸のコントロールなど、生きるためになくてはならないホルモンなのですが、

増えすぎると身体に悪影響をおよぼすと言われています。

具体的には口内炎、高血圧、円形脱毛症、糖尿病や胃潰瘍などの原因にもなります。
専門的な話になってきましたが、単純に思い込み、信じ込みによる、
身体的な効果も脳のすごさだと思います。

単純に肉を食べる行為でも
「肉を食べれば痩せる。」と信じきっていれば、
太ることは無いと思います。

逆に「肉か~太るかなぁ~。でも食べたいしなぁ。」
と罪悪感に浸りながらだとそれこそコルチゾールで、
太りやすい体を作ってしまうと言えそうです。

精神科医の先生もストレス太りについてお話しています。



ルール3.個人差を理解しろ


ストレス太りには男性より女性に多い。と言われています。
その理由は女性のほうがストレス解消法が食事に傾きやすいとか・・・

「あいつは食べても痩せてるのに、なんで自分は・・・」

と思う人は受け入れがたいかもしれませんが知っておくべき事実として、
遺伝だったり体質で同じ食事、同じ運動量でも結果は異なるということです。

大食い選手権に出る人は案外痩せている人が多いのは、
彼らの体質に秘密があるようです。しかも彼らのような特殊な体質は、
狙って近づけることは難しいようです。

あなたの体はあなただけ、自分の体の性質を理解することが、
ストレス太り改善のファーストステップです。


ルール4.間違ったダイエットをやめろ


痩せたい!けど痩せられない!という人は本当に多いです。
お金を払ってでも痩せたい!と考える人もいます。
それだけダイエットの市場は莫大です。

ダイエット市場は何千億円~何兆円と言われています。
儲かるという理由だけで参入する素人も多く、
間違ったダイエット方法が蔓延るのも当然のことです。

しかもダイエットはブームで基本的に繰り返しです。

今はライザップなどのハード系が流行していますが、
少し前はプラセンタや酵素などの楽してダイエット系が流行っていました。

もう少し前に遡ると、またビリーズブートキャンプなどの、
ハード系が流行っていたわけです。

ただ単に繰り返しているわけではなく、年々進歩しているので、
より効果的なダイエット方法になってきているとは思いますが、
本当に正しい、効果的なものであったら、年々変わらないはずですよね?

なので、ダイエット法はいろいろありますし、どれも甘いことを言いますから、
目移りするのもわかります。厳しいことを言いますが、本当に結果を出したいなら、
自分に合うのはコレだ!と決めて、一心不乱にやり続ける

といった限界点を超えた瞬間が無ければ、永遠に痩せません。


ルール5.視野を広げて楽しめ


厳しいことも言いましたが、ストレス太りがテーマですから、
辛くては意味がありません。それに楽しくないと続きません。
楽しくする為には工夫が必要です。

ではどんな工夫をすれば良いか?

それは食事制限とは関係の無い他の分野に目を向けることです。
興味深いのはカラーセラピーです。

例えば青色は食欲を抑制する色と言われています。
なぜなら青色は自然界に存在しない色だからだそうです。
ただし青色は肯定派と反対派がいるので注意しましょう。

他にも色によって代謝を変えることができるとも言われています。
例えば赤色、エネルギーを燃やしやすくなる消化に良い色とされています。
黄色も消化をスムーズにしてくれるといわれていますよ。


まとめ


今回のテーマは「限界点を越えられるか」です。

なかなか痩せられない人の共通点は多くのダイエット法を結果が出ないまま、
やめてしまう。他のダイエット法に目移りしてしまうことです。

自分に向いているかどうか判断する為にも1つのダイエット法に、
最低でも3ヶ月は取り組めるようでないと、肉体改造はできません。

楽してダイエット、ハード系ダイエットの流行が繰り返されているだけの、
ダイエット市場に目をくれず、自分に合った、向いているダイエット法をみつけ、
愚直にやり続け、限界を突破することが最大のポイントです。

その為にもやっていて苦痛、ストレスを感じない。
快感に感じるくらいのことを見つければ、限界と突破し、
ストレス太りを克服できるはずです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク