抗生物質とは…実際は意味が無い?

生物質と聞いて、あなたはどんな印象を持っていますか?

「抗生物質、いままで病気になったらお医者さんに
頼んで抗生物質をもらっていました。」

そのような人もいると思います。

でも実際は抗生物質には意味が無い。としたらどうでしょう?

抗生物質を飲むと病気が治る。抗生物質は世紀の発見だ。
というのは医学界が儲かるだけの洗脳だとしたら?

できるだけわかりやすく秘密を話していきます。

スポンサーリンク

有名な抗生物質にペニシリンがあります。

あなたも聞いたことがあるかもしれません。

1928年にアレクサンダー・フレミングさんが発見したと言われる、
世界初の抗生物質です。アオカビから発見されたなんて話もあります。

このペニシリンの誕生によって多くの病気がなくなったという話がありますが、
これは短期的な話
で、実際はペニシリンやその他の抗生物質を使用することで、
バクテリアが抗生物質に対抗できるように進化していきました。

あなたも聞いたことがあると思いますが、

「抗生物質を使っているうちに
次第に効き目が無くなった。」

という話がありますが、あれはバクテリアが進化して
抗生物質に対抗できるようになったからなんですね。

ペニシリンの役割を少し詳しく説明すると、
ペニシリンは細胞壁に穴をあけてそこからウイルスとか細菌を攻撃する。
という1パターンの攻撃手段しか持っていない
のです。

想像して欲しいのですが、人とケンカになったときに、
相手が右ストレートしかしてこないとわかったらどうですか?

ハイキックしかできないとわかったらどうですか?
多くの人は「負ける気がしない。」と思うはずです。

相手があなたの大切な友人にケンカの勝負を仕掛けることがわかっていたら、
あなたはその友人に「あいつは右ストレートしか打ってこないぞ。」
と教えてあげるのではないでしょうか?

実は抗生物質とバクテリアの関係には今の例え話と同じことが言えます。

抗生物質は単純な攻撃なのでバクテリアも進化して対抗できるようになるし、
周囲のバクテリアたちに対策法を教えるから、

一気に抗生物質が無力になってしまうのです。

医者の薬の進化の何倍も早くバクテリアは進化してしまうのです。
だから抗生物質は僕達の体に意味が無いんですね。

抗生物質に頼った生活をしていると、最初は、
ペニシリンを使いますが、次第に効果が無くなってくるので、
次はもう少し強力な薬を使って・・・と繰り返すハメになります。

最強の抗生物質というのがあってバンコマイシンといいますが、

最後にはこのバンコマイシンを使わされることになる場合があります。

しかし、それでもバンコマイシンに対抗できるようにバクテリアが
進化
してしまって、結局、最強と言われた抗生物質の
バンコマイシンもバクテリアの進化には敵わなかった
のです。

右ストレートだけでもダメ、左ジャブ、右ストレート、
フックと思ったらそれが実はフェイントで右ハイキックが飛んできて、
と手を変え品を変え抗生物質とバクテリアはしのぎをけずってきました。

その間、お医者さんはどうしたかというと、
いろんな薬を混ぜて使ったり試行錯誤しています。

バクテリアの抗生物質耐性をいかに予測するか?
について小保方さん(STAP細胞はありますでお馴染みの)が
以前所属していた理化学研究所も研究しています。

それでも抗生物質はバクテリアの進化に追いつけないんですね。

じゃあどうすればいいのか?

と一見どうすることもできないんじゃないか?
もう終わりじゃないかと思われるかもしれませんが、

実はすごく「身近なもの」でどんな細菌にもウイルスも
余裕でぶちのめしてしまうような、強力なハーブ
というのがペニシリン発見よりも昔から存在
します。

それが

ニンニクです。

え???と目が点になったかもしれませんが、何年も前からあって、
今でも普通に使われるニンニクが進化するバクテリアにも
余裕で圧勝してしまう最強
のハーブだったんです。

ニンニクを切ったり、焼いたりするとアリシンという成分が出てくるんですが、
このアリシンが最強の抗菌作用を持っているんですね。
詳しくアリシンの効能を知りたい人は以下の動画をご覧下さい。

今まで抗生物質が右ストレートとかフックとかたまに左ローキックとか、
ありきたりな組み合わせだったのに対して、

ニンニクはいきなり拳銃が出てきたり、ナイフが出てきたりと、
かと思えば寝技を仕掛けてきたりと細菌たちも進化が追いつかないんですね。

さすがに吸血鬼が嫌うと言われたニンニクですけど、
あの臭いが強烈ですよね。

できれば臭いの無いニンニクが良い。
と考えるかもしれませんが、実は臭いが無いニンニクは意味が無くて

あの臭さが重要なんです。

ニンニクの他にもタマネギやオリーブの葉のエキスやオレガノオイルとか、
自然のものの中からアリシンを摂ることができる
のです。

これまで抗生物質があたかも万能薬のように思っていた人は、
周囲に「○○さんニンニク臭いね。」と言われても、

「えへへ。そうかなぁ~」と逆に喜ぶくらいの勢いで、
これからはニンニクを愛してください。

とはいってもニンニクからアリシンを摂ろうと思ったら、
臭くならざるを得ないので、なるべく人と会わないときを狙って、
ニンニクを摂るようにすると良いですね。

それとニンニクはあまりに強烈ですので、たまにで大丈夫です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク