枝豆、そら豆、栄養に良いのはどっち?

豆、そら豆どっちも栄養に良いです!

ただし、健康に良いのは枝豆に軍配!詳細はのちのち・・・

では、それぞれどんな違いがあるのか?というと、例えば、
枝豆のほうがミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウム)が豊富

そら豆のほうが植物性たんぱく質が多く、
脂質が少なかったりします。炭水化物も多い
です。

ですからそら豆のほうがエネルギー補給に
最適
で、なおかつ太ることも無い、優れもの。

「そら豆も枝豆もどちらも塩ゆでして食べることが多いと思うんだけど、
そうなると高血圧気味の人は食べても大丈夫なの?」

と心配される人もいるかもしれませんが、大丈夫、

そら豆、枝豆の両方に塩分(ナトリウム)を排出する役割を持つ
カリウムが豊富
に含まれているので、塩茹でも問題ありません。

ジャガイモにもカリウムが多く含まれています。
だからフライドポテトだったり、ポテトチップスなど
塩と組み合わせることが多いのです。

ただし、腎臓が弱っている、透析治療を行っている人は、
カリウムの代謝が困難になっている為、カリウム制限
行うことがあります。その場合は注意してください。

枝豆、そら豆どちらもビタミンCも多いですから肌荒れにもグッドです。
ビタミンB群も多く、血行促進に良いので、高血圧の方もOKです。

スポンサーリンク

栄養学的には枝豆とそら豆はそこまで大きな違いは無い?

いいえ、糖質制限に関しては異なります
枝豆に比べ、そら豆には糖質が多く含まれていますので、
糖質制限中の人は控えるべき食べ物にあたります。

しかし、この糖質制限自体、僕は曖昧な概念だと思っていますので、
加工されていない自然の食べ物から摂る分に関しては
そこまで気にする必要は無いと、個人的には思います。

人間が加工した食べ物(お菓子など)の場合は、砂糖が
偏って使われていたり、バランスが整っていない
ので
注意が必要です。

個人的には何かを制限するというよりも、バランス
考えて食べるということ、食べすぎているなら食べないなど、
バランスで考えると良いと思います。

つまり、何かしらの制限をするのはバランスを整える為に
やっていることであると考えると良いと思います。そうすれば、
制限とはいえ、完全にゼロにする必要は無いとわかります。

そら豆以前に

白米をたくさん食べる人は、
糖質に気をつけたほうが良いでしょう。
どう考えても白米より玄米のほうが健康には良いです。

玄米って値段が高いから…と躊躇しているけど、ある程度
健康に気を使っている人なら、雑穀米を選ぶのも良いと思います。

十六雑穀とかそういうのですね、雑穀米は白米より糖質は少ないです。
値段は白米よりは高いですが、玄米よりは安いですよ。

話が脱線しましたが、味だったり、食べ応えだったり、
ボリューム感に差が出てくるので、
枝豆にそら豆の代わりを務めるには限界がありますが

糖質が気になる人は、そら豆ではなく、枝豆を選んでください。

エネルギー不足を感じているならば、枝豆よりも、
そら豆のほうがパワフルです。

次のページでは、枝豆とそら豆の旬の時期のち外、
ビールに合うのはどっち?などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク