喉にいい飲み物。レモン、はちみつ、ココア、どれが良い?

モンが1番だと思います。

なぜなら、

レモンは国産であれば、
喉にいいだけでなく、

命の源とも言える位栄養のバランスが非常に優れているからです。

疲労回復のクエン酸美容と健康のビタミンC

漂白作用もあり、アンチエイジングにも効果的、

魔法のようなフルーツ、それが国産のレモンなのです。

レモンの旬は秋冬なので、10月〜2月くらいまでが丁度
ぎっしり栄養素が詰まっている頃
です。ちなみに

スポンサーリンク

レモンの実力を物語るエピソードがあります。

修行僧が断食する時に塩と天然のレモンを
搾った水だけは欠かさず飲み続けるそうです。

それだけレモンには人間にとって、
必要不可欠な栄養が詰まっているのです。
レモンに、1つだけ弱点があるとすれば、

歯にレモンの成分が付着すると、
虫歯になる確率が高まることくらいです。

なのでレモン水を飲む際は、なるべく歯に当てずに、
直接喉の方に流し込むイメージで
飲むようにすれば、虫歯の問題も避けられます。

後はレモンを食べた後はしっかり歯を磨けば良いだけです。

Youtuber、浸透してきましたねぇ。
レモンは健康に関心の高い日本では、
今後価格が徐々に高騰するかも?!

レモン、はちみつ、ココア、緑茶…

食べ物であれば、生姜、大根、リンゴ酢、
喉にいいとされる飲食物は様々です。

その中でもレモン、はちみつ、ココアは
甘い系(レモンはそんなこと無いですが、)
なので、糖分が気になる人もいると思います。

スーパー、薬局、コンビニなどに陳列されるものは、
大手の既製品(メーカーの大量生産品)が
多くを占めます。するとどうなるか?と言うと、

利益とコストのバランス、味、健康面のバランス、その他、
衛生面の配慮など、気遣いがなされる
部分が多い。のは確かですが、

喉や健康に特化している物か?

と言えば、そうではありません。

どういうことかと言うと、

アメリカやオーストラリア産の果物なら
防カビ剤のプールに漬け込む、
という作業行程があるようです。

ショッキングですよね。

レモンであれば、防カビ剤、防黴剤(ぼうばいざい)は
使用しておりませんという文言がある物をなるべく
買うようにしてください。

コンビニのおにぎりはすべて基本的に
スプレーでプシューと科学的な物質を
浴びせられてから、トラックに積まれ、

店頭に並ぶのです。これらのことを、
少しでも想像すれば、不自然に
感じるのが普通だと思います。

次のページでは、食品の成分表示で見たら、
すぐに手放すべき物質
や、コンビニに陳列された
商品の中で毒物は何割あるか?などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク