2014年、冬のボーナス、新入社員はいくら貰える?業種別相場は!?

いやってきました。冬季賞与新入社員さんのお話です。
2014年は全体的にみると良い数字が出るでしょう。

10万~30万くらい当たり前のように貰える。

という期待でも良いと思いますし、
倍の20万~60万円を貰うのを期待しても良いでしょう。

もっとざっくり言うと0円~100万円くらいが
妥当だと思います。

しかし、既にあなたがそれなりの結果を出し、
合法的に会社に冬季賞与の増加を要求すれば、
入社1年目から200万も300万も取ることは可能です。

重要なのはもし高く貰ったなら貰ったで、
それをキープする、自然に上がってくる生活水準や、
人間関係、ライフスタイル
をどう対応させていくのか?

という点です。

なぜなら、昔から

スポンサーリンク

金の切れ目が縁の切れ目


といった言葉があるように、

日本はお金に関する本質的な教育が世界的にみて、
なぜか壊滅的に遅れている為、

お金がキャッシュとして入ってきたときに、
器以上のものであれば、

すでにあった資産が逆に崩れ始める。
といったことが実際にあるのです。

例えば宝くじの高額当選なんて良い例です。

テーマから話題がそれてしまったので、
このあたりで本題に入っていきますね。



2014年のお金の流れ、


良好です。特に人件費に関しては、
企業は結構出すようになってきました。

しかし、2015年、2016年のことを考えると、
またこれは不安定な話ですから、

10%の増税が確定した後に、
また徐々に買い手市場になるか、

2020年までに国家破綻とかするかもしれませんけども、
とりあえずアベノミクス関係の需要は終わりましたんで、

適当にまた自民党で行くのか、民主党で行くのか、
我々にとっては結構どうでもいい話になってきます。


新入社員のボーナスのあれこれ


とりあえず4月入社でここまできた。
それを讃(たた)えたいと思います。

本当に良くがんばりました。
なにがなんでも残りの数ヶ月間ふんばって、
1年目を乗り切ってください。

転職はそれからでも検討して遅くは無いです。

ボーナスが出なかった。
テレビや新聞の数字とは
比べ物にならないくらい低い額しか貰えなかった。

とかいろいろあると思いますが、

とにかく新入社員さんにお伝えしたいのは、
なにがなんでも1年目を乗り切って欲しい。

ということです。

赤字覚悟で大丈夫です。

そこで健康状態に難が出てきたら、
辞めるという感じで全然大丈夫です。


業界別相場ランキング(予測)


業界の話よりも前に会社の規模なのですが、
基本的に母体が大きかったり、
利益が大きい場合は、

多額のボーナスが出ます。
年商で言うと10億円くらいが一番
良い額が支給されると思います。

中小企業にお勤めの方の場合は、
冒頭でも述べましたが、
10代後半~30代前半であれば、

0円~100万円くらいで覚悟しといたほうが
良いと思います。

40代前半の新入社員で
50万円止まりといったことも
実際にあります。

この章の話はかなり感覚的に話ますので、


数字の信憑性は低いのでご了承ください。


1位建築業界
2位農業
3位IT業界

めちゃめちゃざっくりしてますが、
個人的には上記のような感じです。

それ以外の業界の方でも、
全然大丈夫ですよ。

冬のボーナスは基本的にたくさん出ますから、
2014年こそ多めに出しとかないと、

ガチでみんな国外に住居を映し出して、
儲かってる業界も社員が外人だらけ

みたいな感じにもなりかねませんからね。

それでも良いっていう地域も今後出てくると思うんで、
まぁそんなに焦る必要は無いと思いますが、

2020年までに円と元とドルの3通貨で、
合計100万円分の残高を用意しとくくらいは、
今のうちからやっておいてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク