高校の文化祭の出し物の中で死ぬほど面白いものは次のうちどれ?

1.ダンス
2.模擬店
3.幽霊スポット


正解は、

1.のダンスで~~~~~す。

と言うとでも思いましたか?

もちろん、賛成の人もいれば、
むしろ反対の人もいると思います。

なぜなら、文化祭でダンスを行なうことで、
収益化を行なうことができる人は、
かなり少ない
のです。

その点2.の模擬店では、
うまくいけば、最終的にはやる側のお小遣いとして、
きっちり収益化を図ることが可能です。

しかもお客さんに喜んでもらいながら、
自分達のポケットマネーに落としこむことができる
のです。

なので、飲食業に興味がある人は、
模擬店だったり、まぁ小売業にも興味があるんなら、
いいと思います。

しかし、

スポンサーリンク

今後はダンスも無視できないのです。


なぜなら、

もはや日本ではダンスが義務教育の必須科目となったのです。
ダンスを通らない大人がほぼ0人という時代が到来します。

あなたはどう感じましたか?

昔では考えられなかった。
ダンスってなんやねんって話だった。
踊りでえぇやないか、何がダンスやねん。

そう感じたでしょうか?

昔から僕達日本人は反復運動という点では、
ダンスを行なってきた(農業とか殺傷業とかも)

なので、ある意味ダンスっていう、
僕達人間にとって最もプリミティブ(原始的)な
部分というのは、きっても切り離せないです。

なぜなら、

わかりやすいたとえ話を出すなら、

あなたの目の前に総資産5000兆円の資産家が立っているとしました。
その資産家さんはデブ(ガリでも可)でハゲ(モジャ毛でも可)でした。
とてもじゃないけど健康的とはいえない見た目をしていたとします。

どうしましょうね?

何もしないと思うのですが、

その資産家さんが健康に気を使っていなかったことは
確かな事実のように思います。
なので、資産家さんは肉体的な健康を疎かにしていた。

ということになります。

どうですか?羨ましいですか?
この資産家のことを。


どうせならイケメンで身長が180センチ以上あって、
毛もフサフサで常に女性に囲まれて生活している。


そんな男性資産家のほうが、まだ羨ましいと思えますよね?

しかし、ここでその男性資産家の内臓が
酷いものだったとします。

この事実が追加されたときに、
あなたはどんな感情になりましたか?

そうか・・・

と急に冷めませんでしたか?

そうなのです。

僕達は死を意識するとお金云々が見えなくなるのです。
なので、お金に無関心になります。

すると、お金を手放すようになるのです。

この人間心理を極限まで理解している人が、
世界的な資産家、ユダヤ系の人だったり、
中国人の華僑の方、ロックフェラー系、ロスチャイルド系と呼ばれる人達です。

ビルゲイツさんの非ではありません。
いや、ビルゲイツさんやフォーレンバフェットさんも
十分凄いです。カルロススリムさんも孫正義さんも

それはそれは凄いです。もちろん、稲盛和夫さんも最強です。

で、

話が脱線しすぎたので、
本題に戻りますが。


高校の文化祭の出し物で死ぬほど面白いものを出したいなら、
死ぬほど努力するしかない。


という結論をここに打ち出します。

ふざけんな!
こちとら受験戦争や就職の問題、
将来のことにさらに両親にがんじがらめで

全然自由じゃねぇんだから、
死ぬほど努力する余裕はねぇよ。

と感じた人もいると思います。

しかし、残念なことに、

戦後何年たっても日本では、
努力したものが勝ち残っているのです。

この事実から僕達は目を背けることは
死を意味するのです。

死、とまでいかないまでも、

上記の事実から目をそむければそむけるほど、
詐欺師とか、ホームレスとか、

そういったアンダーグラウンドに身を潜めることに、
嫌でもなってしまうのです。

嘘つけ。

と思った人は、
まだ大丈夫です。

この時点で僕の記事からブラウザの戻るとか、
パズドラとかをはじめてしまったら、
そういった人のほうが、

かなり危険です。

今後日本にスマホホームレスが急増するでしょう。


幽霊スポットについて、


幽霊スポットも値段設定によっては、
かなり儲かります。

例えばディズニーランドとかUSJとかと
同じ値段設定にしたらどうなるでしょう?

結構儲かりますよね。

ただその場合は、
入店率がどうなるかを
ある程度事前にリサーチする必要があります。

ドライテストが必要です。

ではどうやってテストするのかというと、
チラシを作るのです。

A4の紙一枚で大丈夫です。

テストで友達10人くらい(居れば)に
配ってみて、

「俺、こんな幽霊スポット文化祭の出し物に出資したいんだけど、どう思う?」

と聞いてみるのです。

そこで

あなたの友人の反応をみるのです。

良い反応が出るまで、このテストを繰り返し、
反応率が1%まできたら、
プロジェクトをスタートしてみてください。

ただし、最初は無料でも大丈夫です。
なぜなら、無料でもいいから実際にお客さんの声を集めないことには、
ビジネスとして成立しないからです。

ごめんなさい文化祭とビジネスを混合してはいけないのですが、
どうしても僕の性格上、今は混合してしまいました。

で、文化祭。

こういった緻密なリサーチ、迅速な行動指針が無いと、
実際、大きな収益はその手に掴むことは出来ないのです。

なので、

ダンス、

模擬店、

幽霊スポット。

どれをやるにしても、
ビジネスとして成立するか?
自分、友達、先生、家族、恋人、スポンサー、

最低でも上記6種類の人達を
納得させられる。
そんなチラシができれば、

最低でも億の売上を達成させることができるのです。
高校の文化祭でもそれは十分に可能です。

なぜなら今はインターネットの時代だからです。
オフラインで集客すること、オンラインで集客することでは、
本質的には一緒ですが、

レバレッジが違いすぎます。
なので、本当に文化祭の出し物で、
1億円の売上を達成させたいなら、

絶対にインターネットを活用してください。
情報を無視すると、

もう本当にホームレスになるんです。

僕はあなたにホームレスになって欲しくはありません。
一旦ホームレスになってもいいです。

しかし、ホームレス生活を10年も20年も続けられたら、
僕は、逆に笑います。

『笑って解決できない問題もある。』

それをきちんと頭に叩き込んでおけば、

よっぽどあなたの文化祭は、
壊滅的な結果に終わることはないでしょう。

高校の文化祭よ。永遠に。・・・
幻の出し物へ。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク