インフルエンザワクチンの効果はどれくらい持続する?

3ヶ月~5ヶ月くらい
持続効果があると良くいわれています。

ただし、

ワクチンの効果が発揮されるのは
注射を打ってすぐ、ではありません。


いつなのか?

ワクチン接種から
2週間後から効果が発揮
すると言われています。

ちなみに

一年のうち最も
インフルエンザでの死亡者数が出るのは12月~2月
と言われています。

なので、もしこれらの数字を信用する場合、

ワクチンの効果の持続期間を
短く見積もったとして3ヶ月、
ちょうど12、1、2月の3ヶ月間カバー出来ます。


ですから
12月の2週間前、2014年の場合、11月17日に
インフルエンザワクチンを注射しておけば理想的な対応・・・

なのかもしれません。


スポンサーリンク

【WARNING!!】



だからと言って僕は


「みんなインフルエンザワクチン接種しよう!」

と安易に推奨はしません。

ワクチンのそもそもの役割や、
忘れがちな前提の部分についても
掘り起こして御紹介していきますので、

今までインフルエンザワクチンの恩恵を感じていた人や

今もワクチンの効果を確信している人は
この先の文章を読むとショックを受け、
何を信じていいかわからなくなる恐れがあります。

なので

柔軟に知識を取り入れたり排除したり出来る人のみ
当記事を読み進めてください。



ワクチンの本来の効果


インフルエンザワクチンを事前に注射しておけば、
インフルエンザウイルスに感染することは無いか?

と質問されたら

答えはNOです。

なぜなら
ワクチンの効果はあくまで症状の緩和です。

さらに大前提を話すとすれば、

「ワクチン=感染」です。

既に知っている人もいるかもしれませんが、
ワクチンによって先に小さな感染しておくことで
身体を慣らしておき体内の免疫システムを呼び覚まし、

いざ脅威的なウイルスに感染してしまったとしても
症状が深刻化しないで済む。

これがワクチンの本来の役割です。

なので、

・ワクチンを接種しておけばインフルエンザにかからない。
・感染しない。

といった認識を持っていた人は、

ワクチンの概念を

「症状の緩和を狙った軽度の事前感染」
と再認識して下さい。

つまりインフルエンザワクチンの効果の持続期間が
大体3ヶ月~5ヶ月といったのは、

言い方を変えれば、
軽いインフルエンザウイルスに感染している期間が
3ヶ月~5ヶ月、ということになります。

インフルエンザワクチンという名前で
ウイルスが注射針を通して僕達人間の体内に注入され、


僕達の健全な血液にウイルスがすみつくのです。


よくよく考えると結構恐ろしい感じがします。

汗や涙、オシッコを通して
人間の血液は徐々に入れ替わっていきます。

よく血液ドロドロとかサラサラとか言いますが、
人間がウイルスに感染した時、
ウイルスは血液を自分達の住処にし、増殖したりするのです。

なのでワクチンで敢えて血液を濁すという行為は、
僕は自然の摂理には反していると思います。

だからといって
ワクチンを悪者と言いたいのか?

と聞かれたら、そうでもありません。

しかし、

ワクチンの有用性以前に
受け入れて欲しい事実として


ワクチンは薬と同じで副作用があり、
健康を害すリスクがあるです。


実際に肺炎球菌のワクチンを大人数で接種させた結果、
その後の重症例が前年度と比べて
数十パーセント減ったといった報告もあるので、

ワクチンの効果は社会的に認められています。

ですがワクチンの本質は最初に
健全な血液に軽いダメージを与える行為だ
といっても過言では無いと思います。

ワクチンが正義か悪か?
といった話をするつもりもありませんが、

新しい知識を吸収して、
今までの考え方を改める選択肢も
悪くないと思うのです。

信者に偏るのも、アンチ一辺倒なのも、
考え物ですが、どちらの考えも知り、
自分がどのような道を選ぶか選択することができることを、

忘れてはいけません。

アンチワクチンの著名人のお話にも耳を傾けてみると、
いままで無かった気付きがあるかもしれません。



最後に、


インフルエンザワクチンを接種しないことによって
生じるデメリットを紹介します。



・非常識だと言われ兼ねない。

「インフルエンザワクチンの摂取は常識」

と考えている人は少なくないでしょう。
今ではアンチワクチンの人も増えました。

その理由は子供にインフルエンザワクチンを接種し、
子供が死んでしまった事件があったからです。
しかも、1人、2人という話ではなく、

100人単位がワクチンによって死亡してしまったというのです。

しかも、恐ろしいことに、
この事件に関して厚生労働省や専門家は、
死因はインフルエンザワクチンとの因果関係は認められない。

と主張したのです。

これに痺れを切らした人は多かったと思います。


今では立派なお医者さんですら・・・


インフルエンザワクチンは絶対にやらないで下さいね。
と推奨する人もいるほどです。

なので、

インフリエンザワクチンに限らず、
西洋医学の副産物として生み出された、
人工の薬(自然の摂理に反したもの)の

有用性を妄信する前に、
きちんとデメリット、ネガティブな側面を
見つめ、冷静に分析し日常生活に組み込む勇気が

個人レベルで必要になっていると思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク