文化祭でダンスを踊ることで得られる3つの肉体的メリットとは?

学、

高校

大学の中で

特に長期に渡って取り組むことができるのは、
やはり大学になると思います。

まず4年間ありますからね。

しかし、それだけが重要なわけではありません。

高校であれば、皆受験戦争や、将来の不安、
慣れない恋愛事に頭を悩ませながら

短い期間の間でいかに濃密な文化祭に仕上げるかに
切磋琢磨する必要がある。

中学であれば、なおさらです。

情緒がままならないのをいいことに、
感情はむき出し、怒り、泣き、悲しみ、全力で喜び合う。
時には人をいじめることもある。

(まだ曲も決まっていないという人は次の記事を参考にしてみてください。)

文化祭でダンス!最高に盛り上がる曲2014年限定トップ5!

スポンサーリンク

ダンス、


それは単純な「踊り」とは似て非なるもののような感じがします。

日本限定のものではありません。
世界的な文化の集合体でもあると思います。
日本、中国、韓国、アメリカ、イギリス、イタリア、アフリカ、

踊り、ダンスといった概念は
肉体の宿る限り失われることの無い生きる喜びでもあります。
四肢の無い人でも顔と体幹部さえあればダイナミズムを作ることができます。

そうした限定的な肉体構造でしか成し得ない偉業も存在するのです。

まず最初のメリットは、


1.エクササイズになる。


ということです。これはどういうことなのか?
単純に

・運動不足が解消される。
・痩せる。
・ダイエットになる。


といったことです。

その結果どういったことになるのか?

・異性に注目される。
・ボディランゲージの幅が広がる。
・モテる。


これらの確立が上昇します。

更に

・最近やせたんじゃないの?と言われる。
・異性の視線が明らかに変化する。
・性行為を要求される。


などの可能性も増えます。

次のメリットは、


2.暇つぶしになる。


メリットじゃねぇだろ。

と思った人もありますが、実は
この「暇潰し」という概念は、
非常に重要なキーワードになります。

ダンスの為に時間を投資する。とどうなるかと言うと、

・無駄な食事が減る。

・特に体全体を使わないスマホなどのゲームをする時間が減る。

・テレビ、アニメ、マンガ、ゲームなどの
一般的には体を大して活用しない時間も減る。


これらはいずれも体にとっては凄く良いことです。

小学校、中学校、高校までは運動の習慣があった人も、
大学に入ると激減する傾向が多く見受けられます。

しかし、潜在的な本能はわずか数年で廃れることはありません。
人間のDNAレベルでプログラミングされている為、
眠ってしまっている肉体的かつ精神的なパフォーマンスを

最大限発揮するためにも、
肉体的な健康は精神的な健康とも連動しており、
欠かすことができません。

いくらデトックスしても、いくらお金を稼いでも、
本質的な健康が失われてしまう限りは、
生きる喜びを感じられるとは僕には到底思えません。

続きまして…と行きたいところですが、
敢えてストップ。

制服女子に恋焦がれてもらいます。

あなたが女性なら「カワイー」と共感するかもしれません。
ダンスは最も原始的な求愛行動とも言えるので、

よくよく考えると凄く興味深いですよね。



3.アンチエイジング


これは非常に明確ですね。

ダンスは肉体的な負担も自らである程度コントロールできますし、
なにせ、頭も使いますし、汗もかきます。

汗をかき、有酸素運動をする。

これは単純なようで出来ている人は少なく、

逆に出来ている人は、凄く健康的で優れていると言えます。

汗は皮膚の健康であり、
血液のデトックスに繋がります。
さらにダンスは種類にもよりますが、

体幹部の柔軟性、
腹筋、背筋などの筋肉の中でも
大半を占める重要な部分を鍛えることが出来ます。

これは


腰痛改善、便通改善による腸のデトックスの他に、
ストレス解消にもなり、脂肪燃焼、
体のゆがみのナチュラルな是正効果を見込めます。


体の柔軟性、

しなやかで強(したた)かな体をバランス良く構築するには、

ダンスは非常に優れたアプローチと言えます。

体に過度の負担をかけ、
死に繋がる危険性のあるボディビルディングとは異なり、

ダンスの手法をよっぽど誤らない限り、

まだ体の部分的な故障、打撲、骨折、靱帯の損傷で済みます。

酷い場合は死ぬかもしれませんが、

細心の注意を払えば払うほど、
むしろ自分の体の癖を把握することができ、
生命の安全を肌感覚でスキルとして身に付けることに繋がります。


選べる職業の幅も拡がる素敵な可能性


すら出てくるのです。

ダンス、エンターテイメント、興業は、
隣国、韓国の国策でもあるのです。

日本もとうとうダンスが必須科目になりました。
今や義務教育の一環でダンスが行なわれるのです。
嫌でもダンスをしなくてはならない。

これを楽しめるか。嫌々やるのか?
どっちが良いでしょうか?
全く同じ体の動きをしたとしても

動きのキレから表情から何から何まで違ってくるでしょう。

今後は

日本から世界的なダンサーが続々と登場するでしょう。

それほど、ダンサーという職業はもはや未来の職業なのです。
どう考えても世界進出が容易だし、

トータルで考えたときに裕福な日本では、
需要の高い分野でもあります。

小資本で開始出来る
可能性が高過ぎるビジネスモデルともいえますし、

エンターテイメントという要素自体、
なにかのシステムの1つ組み込むべきと言えるほど、
外せない要素です。

肉体的なメリットも多すぎます。

昔と違って

両親に馬鹿の一つ覚えの如く反対される時代も、
終わりを告げました。


まとめ


メリットもあれば、デメリットもあります。

例えば、体の故障です。

後は、

恋愛とか人間関係的なことであれば、

モテる=同姓から嫌われる危険性が潜在的に上昇。
痩せる=太った人が好みだった異性からモテなくなる。

といったことです。

僕達が子供の頃に、
成長痛と呼んで、間接が伸びた時に体が強烈に悲鳴を上げたように、

ダイエットに成功したり、
肉体的なステータス、パラメータの上昇が、
数値的にも、見た目的にも良い兆(きざ)しが露(あらわ)になれば、

嫉妬、やきもちを焼くのが、
かわいらしい人間的な側面と言えます。

すべて受け入れましょう。

否定するのはそれからでも遅くはありません。

ダンスして、すっきり快便を目指す!

これが凄く気持ち良いし、心地良いですねぇ。

いいねぇ~。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク