さつまいもとじゃがいもでカロリーは違う?

構違います。
さつまいもの方がカロリーが高いです。

「へぇ〜。
ポテトチップスのカロリーは高いってのは知ってたから
てっきりじゃがいもの方がカロリーが高いと思ってました。」

と思った人もいるでしょうか?

実は、同じ量のポテトチップスとさつまいもを比較した場合は
ポテトチップスの方がカロリーが高い
のです。

どう調理するかで違ってくるわけです。特に「揚げる。」を行なった場合
急激にカロリーが高まるケースが増えます。

スポンサーリンク

同じイモでもさつまいもは

「さつまいもチップス」になる機会が少ないです。
その理由は「さつまいも」を英語に翻訳した時に明確にわかります。

sweet potato

直訳すると「甘いじゃがいも」それがさつまいもです。
スウィートポテトチップスというのも
もちろん市場には出回っていますが、

それよりも通常のじゃがいものもの(ポテトチップス)のほうが、
スーパーや多くの店で圧倒的多数を誇る理由は、原点をたどれば、
塩味が合うか否かという点が、非常に大きいと思います。

焼き芋をして、ちょうど良いタイミングで食べた
経験がある人ならわかると思いますが、

ホクホクで、天然の甘みがあって美味しいですよね。
心身共に暖まった経験はありませんか?

そう考えるとしばらく焼き芋なんてしていないなぁ。
と思ったかもしれませんね。僕自身焼き芋をしたのは
随分昔のような気がします。

さつまいもの軽い逸話

昔、日本が食糧難の危機に見舞われた(晒された)とき、
御飯の代わりにさつまいもの根っこを食べていた時期があったそうです。
さつまいもを地面から引き抜いた経験がある人なら、

よくわかると思いますが、上手に採(と)れるとその名の通り、
芋づる式に採れますよね。それを見たら、楽観的な人は、
「紫色じゃない方(根っこ)も食べれるんじゃね?」

と考えたのかもしれませんね。

実際、今僕の記事を読んでいるあなたは、
どのような環境で読んでくれているかは、わかりませんが、
「食うに困る。」ことも日本ではなかなか無いですし、ましてや

「さつまいもの根っこを食う。」

という経験のある人はなかなか居ないんじゃないでしょうか。

さらにいろんな話をしていく前に、1つ動画を紹介します。
さつまいもの甘さを活かしたタルトのレシピを解説されています。


あなたが今ホームレスで飢餓状態とかで無いなら、

今の日本の状況に感謝すべきだと思います。

簡単に感謝する方法があります。

銀座まるかんの創業者の斎藤一人さんが言ってたことで、
お金を支払う際に「ありがとう」とお金に対して声を出して言う。
というテクニックです。

券売機で会計の店舗等を利用する場合や、クレジットカード
を利用する際、ICカードにいくらか日本円をチャージする場合は、
細心の注意を払って感謝してください。

デビットカードを使う際も外貨でも同様にしてみてください。
スピリチュアルな話なので胡散臭いと1ミリでも思った人は
まったくやる必要はありませんが、験担ぎ(げんかつぎ)に

意味があると思える人はやってみてください。
この言い付けを守ると、なぜか運が上昇します。

話は戻りますが、

なぜさつまいもとじゃがいもで
カロリーが違うのでしょう?

まずは、ものが違うからですよね。

同じ芋類ですが、見た目も違うし、形状も違う。
さらに、日本で言えば、さつまいもの名産地は
薩摩芋、と呼ぶくらいですから、鹿児島、九州がメジャーです。

もちろん、日本全国で環境さえ整っていれば美味しいさつまいもを
栽培することは可能です。北海道でもさつまいもは採れます。

一方じゃがいもは北海道のイメージが強いですよね。
じゃがいもは岐阜県ですら環境が整えば作れます。

さつまいものメリットとベネフィット
(お特感)をちょっと大げさに語ると

  1. 食物繊維が豊富だから便通が改善される。腸内が綺麗になる。

  2. 腸の健康は人間が心身共に健康になる為の礎、
    だから鬱も治る。がんの予防にもなる。

  3. 仕事、プライベート両面のクオリティが改善される。

  4. 幸せを感じられる。

  5. 目標達成に前向きに、
    尚且つ長期的に考えられるようになる。

  6. 年収が伸びる可能性が上がる。

  7. あなたの友達、家族の見え方が変わる。

  8. 今まで出来なかった親孝行が自然に出来るようになる。

  9. ホルモンの分泌も全然変わってきて、肌つやも良くなる。

  10. 「最近肌が綺麗になったね。」
    と言われる、もしくはそう思われる可能性が上昇する。

  11. 異性が向こうから勝手に寄って来る。(嫌でもモテる。)

  12. 積極的に婚活しなくても良くなる。

  13. 経済的な負担が軽くなる。

  14. 人間関係も改善される。

  15. 多くの欲望が満たされる。

ざっくり挙げると上記のような感じです。
さつまいもはほとんど関係ないじゃないか!
と思ったかもしれませんが妄想は自由です。

さつまいもとじゃがいもでは
栄養価にも明確な違いが存在します。

さつまいもの強みは食物繊維です。

イモ類は全体的に食物繊維が豊富です。
なのでうんちがドサっと出ます。

いもを食べると屁が出るのは腸の蠕動運動が
活発に行われている証拠
ですからむしろ喜んでください。

血糖値をコントロールしてくれるんで、糖尿病の予防になります。

腸内さえ綺麗にしておけばすべての病気は治ると言われています。
胃がん、十二指腸がん、小腸がん、大腸がん、肛門がん、
最低でも上記5つのがんの確実な予防にもなります。

豆知識としては、がん系の病気は、
早期発見であればそんなに怖いことは無く、
腸内洗浄だけでなんとかなるケースがほとんどです。

がんのステージが3とか4など、
深刻化している場合にのみ、

高額な医療費が請求される施術、手術等の
高給取りの外科医でしか治せないなど西洋医学の
アプローチを取るしかなくなることはあります。

しかし、ほとんどの場合は普段の生活に秘密があり、
何より腸が綺麗であるか?ちゃんとうんちが出ているか?
が健康の8割を担っている
と僕は思います。

秋は日中と、夜、朝の温度差がひらいてきます。
寒暖差が5~10度ひらくこともある
のです。

冷房や暖房に安易に頼るのはやめて
服装や食べ物、飲み物など生活の土台となる手法で、
健康維持を心掛けることを、強く推奨します。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク