風邪薬で眠気に襲われるのは飲んで何時間後?

2時間~3時間後に副作用として眠気に襲われます。

人によって代謝が異なるため、代謝が良い人は
もっと早く、例えば30分~1時間もしないうちに

副作用が現れる場合があります。

風邪薬だけでなく、
薬は食後に飲むことを推奨する場合が多いです。

食後は胃や腸に普段の約2倍、血液が優先していきわたるので、
脳に血が十分に行き渡らなくなります。
だから眠くなるのです。

風邪薬の副作用と食後で胃腸に血流が
多く流れることが重なり、余計に眠くなる。

なので、昼御飯の後に薬を飲む場合は小食にするだけで
眠気を少なくすることができます。

この記事では、

  • コーヒーを飲む時の注意点

  • 風邪薬で確認すべき成分

  • 毎日仕事中に昼寝していた筆者が
    睡眠障害を克服したきっかけとなったあるホルモン

などお話しています。

スポンサーリンク

昼過ぎに車を運転する場合、
13時~14時くらいは眠気に襲われる危険があります。

ふと気付いたら居眠り運転してしまっていた、
信号待ちで睡魔に襲われ、後続車に
「ピッ」とクラクションを鳴らされる等の経験はありませんか?

ほぼ確実に食後に眠くなることが予知出来るため、
コーヒーやカフェイン入りの飲料で対抗する人もいると思います。

モンスターエナジーやレッドブルなど

カフェインが多く含まれる栄養ドリンク
が軽いブームになっていますよね。

これらカフェイン入り飲料で眠気が改善させる場合もありますが、
利尿作用が働くので脱水症状にならない為に
同時に水を飲むことをセットで行って下さい。

「最近は栄養ドリンクでも効き目がないんだよな…」
という人はサプリメントでダイレクトに
カフェインを摂取する方法もあります。

風邪薬を飲む場合注意して欲しいことがあります。

最近の市販の風邪薬には無水カフェインというものが入っています。
無水だからコーヒーに含まれるカフェインと
違いがあるかと言えば効能に違いはありません。

なので、風邪薬とコーヒーでカフェイン摂り過ぎになり、
頭痛や眠れなくなるといった副作用に襲われる場合があるので、
注意が重要です。

体内時計が狂って翌日にも悪影響が出てしまいますからね。

風邪薬の成分表を見る習慣が無い人は、
せめて無水カフェインが入っているかどうかだけでも
確認しておくと良いです。

結構デメリットがあるカフェインですが、
世界にはそれに気付いた宗教が存在します。

クリシュナ意識国際協会という宗教では
カフェインの入っているものは摂取禁止となっています。

パズドラやモンストに出てくるあのクリシュナですね。

コーヒーはもちろんお茶にもカフェインが入っているものは飲んでは
いけないというのです。理由は、カフェインは舌を麻痺させるから、
そうなると要らぬ発言をして争いを生みかねないからだそうです。

精神的な理由に思えますが、実は体内の余分なカフェインを排出する
時に頭痛
が起こります。なので彼らのカフェインの断つ行為は
肉体的なデメリットも回避しているのです。

ちょっと面白い動画を配信している人が居たので御紹介します。
本題とはかなりズレているので、時間に余裕がある人のみご視聴ください。

次のページでは筆者が毎日仕事中に昼寝していた状態を
克服するきっかけとなったホルモンについてお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク