七五三はいつ?早生まれの男の子のベストタイミングとは?

解はありませんが、

「9割の人がこのタイミングを選ぶ」という
法則性を導き出すことは可能です。

いくつか例を出します。

・2012年(平成24年)早生まれの男の子
・2010年(平成22年)5月に産まれた男の子

上記2つの例で数え年、満年齢の両方で
どうなるかをシミュレーションし、

更に

・2012年12月15日生まれの男の子が数え年と満年齢で
2年も七五三のタイミングがズレる理由


を具体的に公開します。

まず男の子の場合、
3歳、5歳の時に七五三が適用されます。(女の子の場合3歳と7歳)


昔はどの地域でも数え年が基本でした。

スポンサーリンク

数え年とは?


「そんな当たり前のことは言われなくても知っている」
という方はこの章を飛ばしてください。

数え年(数えとも言う)とは
産まれた瞬間に1歳とする計算方法です。

分かり易い例を挙げると

2014年12月31日に産まれた子供は1歳とし、
翌日は2015年1月1日なので2歳になります。

たった1日で2歳になっています。なんか面白いですよね。

数え年では誕生日を無視します。
ですから例えば
2014年1月1日に産まれた子供は2015年の1月1日に2歳になります。

これが数え年の計算方法です。

満年齢と数え年の違いは
誕生日を無視するか考慮するかということになります。


では早生まれの男の子が七五三に行くべき
タイミングの話をします。


例えば2012年2月23日で早生まれの男の子は
数え年で2012年に1歳になり、2013年に2歳になり、2014年に3歳です。

なので数え年でいけば
2014年の11月15日に七五三に行くのが普通です。

数え年ベースで七五三に行くと、
同じ学年の子供と一緒になります。

では満年齢制度を適用した場合に彼はどうなるのか?

2012年2月23日早生まれの男の子は
2013年2月23日に1歳になり、2014年の2月23日に2歳になります。

満年齢で彼が3歳になるのは2015年の2月23日です。

つまり2012年1月1日〜4月1日までに出生した早生まれの男の子は
数え年では2014年に七五三に行くのが普通となり、

満年齢では2015年に七五三に行くのが普通となります。


満年齢ベースで七五三に行くと
1つ下の学年の子供と一緒になる可能性が出てきます。

2010年の早生まれの男の子でも同じです。

数え年では2010年に既に1歳、
2011年に2歳、2012年に3歳、
2013年の4歳、2014年に5歳となるんで、

2010年の早生まれの男の子は
2014年に5歳の七五三に行くのが普通です。

満年齢でいくなら翌年2015年ですね。

早生まれで無い場合にどうなるか?
例えば2010年5月産まれの場合は数え年で2014年で5歳、

満年齢だと2015年に5歳ですから七五三が普通です。

ここまでは早生まれの子供と何も変わらないですよね。

では


七五三シーズン以降で
12月31日までに誕生日がある子供ではどうなるのか?


例えば

2012年12月15日産まれの男の子の場合、
数え年で、2014年に3歳の七五三、

満年齢だと2013年12月15日に1歳、
2014年12月15日に2歳、2015年12月15日に3歳ですから、

なんと!満年齢でいけば
2015年の七五三シーズン(10月〜11月)でまだ2歳ですから
翌年2016年の七五三が普通ということになるのです。

七五三シーズン以降で年内に誕生日を控える男の子だと

数え年と満年齢で2年も七五三のタイミングがズレるのです。

不思議ですよね。

ということはつまり


結論『好きな時に行けば良い。』


数え年とか満年齢とか細かいことは忘れて、
行かせたい時、もしくは子供が行きたいタイミングでいけば良いのです。

2010年か2012年の12月産まれの男の子なら、
数え年にすれば2014年の七五三で3歳、5歳なので普通になります。

正直に満年齢に従うと

2015年の七五三シーズンにはぎりぎり2歳、
4歳・・・翌月3歳、5歳になるというこのタイミングを逃すと

2016年に七五三ですから、
「来月4歳(6歳)だけど来ました七五三。」

ということになります。

そうなると
2学年下の子供と一緒になる可能性も出てくるのです。不思議ですよね。

ですから、
そういう時は深く考えずに2015年の11月に
「来月3歳(または5歳)なのよね。だから今年でいいかなと思って。」

という事にしといても良いと思います。

細かいことは気にしなくても良いです。
今できることは、最高の七五三をイメージしておくことです。



七五三がいつ行われるか?は
毎年11月15日に行われるのが一般的です。


当たり前ですが最もピークのタイミングなので

ちょうど11月15日に神社に行くと
鬼のように混むので人混みが苦手な人は避けた方がいいでしょう。

現実的にいつからいつまで寺や神社が
七五三の行事を行っているか?というと

大体早い方で10月上旬、遅い方で12月上旬。
1番普通なのは10月中旬〜11月末までに行くパターンです。

かなり細々として数学的な話をしましたが、
最終的にはあなたのお住まいの地域、
近所のお友達や神社に聞いてみましょう。

「うちの子供はこういう状況なんですけど
今度の七五三に参加してもおかしくないですかね?」

このように質問すれば誰か親切な人が答えてくれるはずです。
近所に友達がおらず、神社に聞くのも億劫なら

暇な時間帯で


人生経験豊富そうなコンビニの店員さん

(年齢30〜60くらいの女性が良いかと)にでも聞いてみましょう。

お子さん想いの素敵な御家庭に恵まれ、
愛情を注がれた子供はきっと素晴らしい大人になってくれると思います。

僕も応援しています。

さらに良い日本人に僕はなりたい。
あなたも、あなたのお子さんも
素晴らしい日本人になって欲しいです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク