お彼岸とはどういう意味?中学生でも分かる言葉で簡単解説!

岸(ひがん)とは、仏教用語で、極楽浄土を意味します。

苦しみの無い世界。「悟りの境地」といった意味です。
悟りの境地って何?という人へ、欲望から開放されて、まるで賢者になったかのような、
心の落ち着きを得た状態
のことを言います。

当記事では彼岸がいつくらいなのか?時期と、1日の日の長さの関係、
仏教の言葉、「中道」
についてお話します。

スポンサーリンク

「彼岸」と「お盆」は友達関係


実はお彼岸とお盆には共通点があります。
それはどちらも仏教の教え、仏教の行事という点です。

お盆に盆入り、盆明けがあるように
お彼岸にも彼岸入り、彼岸明けが存在します。

盆は年に一回しか無いのに対して
彼岸は年に2回あります。春(3月)と秋(9月)ですね。
1回の彼岸は7日間、1年に計14日間彼岸が存在します。

では彼岸の入りと明けはいつからいつなのか?
どのようにして決められているのか?

春であれば春分の日の3日前が彼岸入り、3日後が彼岸明けです。
秋なら秋分の日の3日前が彼岸入り、3日後が彼岸明け
です。

ですから例えば2015年、

春彼岸は、春分の日が3月21日(土曜日)なので、その3日前の3月18日が彼岸入り、
3月24日が彼岸明けとなります。

秋彼岸は秋分の日が9月23日(火曜日)なので
3日前の9月20日が彼岸入り、9月26日が彼岸明けとなります。

わかってしまえばそんな簡単なことなんだ。って感じですよね。

彼岸のタイミングは春分の日と秋分の日の前後3日間。
つまり春分と秋分の日がわかれば、入りも明けも簡単にわかります。

では


春分と秋分の説明が出来ますか?


「ギク…」

と息を飲んでしまった人はもう少しお勉強しませんか?

春分も秋分も昼と夜の長さが一緒

「へぇ〜」

と思ってしまった人、大丈夫です。僕も二十歳越しても知りませんでした。
1年で昼の長さが最も長い時期を夏至(げし)と言い、6月下旬〜7月上旬をさします。

最も昼の長さが短い時期を冬至(とうじ)と言い、12月22日頃です。
春分(3月下旬)も秋分(9月下旬)も大体、夏至と冬至の間になるわけです。

「いつからいつまでが彼岸なのかわかった。
彼岸のタイミングを決めている春分の日、秋分の日についてもわかった。

だけど彼岸の意味がイマイチわからないよ。」

という人はここからちょっと宗教的な話になるので抵抗があるかもしれません。

仏教の話になります。


なぜ彼岸にお墓参りを行うのか?


それにはいくつか理由がありますが、

最もわかりやすいもので言えば、春分と秋分で
昼と夜が一緒くらいの長さになることと
仏教の概念である「中道」と通ずるものがある
からという説があります。

中道(ちゅうどう)について解説します。

「左右極限(さうきょくげん)を知らなければ中道(ちゅうどう)には入れない。」

僕はこの言葉が好きで、どういう意味なのかわかりやすくいうと

例えば、

高額なサービスを受けたり、贅沢な食事をしたり
VIPなライフスタイルも徹底的にやって、
逆に毎日100円、10円単位でケチる貧しい暮らしもして、

それら2つの両極端を知ってはじめて真ん中の道、つまり
ちょうど良い普通の生活が出来る。という考え方です。

両極端(左右極限)を知るから悟りを開くことが出来る。

これが中道の大体の意味です。


彼岸という言葉の本来的な意味は
仏の世界に入る、悟りを開く、という意味があります。


こういった仏教の言い伝えによって
彼岸の時期(お盆も)には既に死んでしまった御先祖様の魂が
地上に降りることが出来る
とも言われています。

興味深いですね。

今でも彼岸にお墓参りをする習慣があるご家庭は少なくなったかもしれませんが、
「暑さも寒さも彼岸まで」ということわざ(慣用句)があるように、
季節の移り変わりを示す言葉としてずっと使われています。

もう少し詳しくに彼岸のことを知りたい!と思ったひとは、
こちらのサイトで深く述べられているので、参考にしてみてください。

2015年 お彼岸の時期と常識

毎月の行事に疎い人は、

「9月は第3週の月曜日の敬老の日が過ぎて秋の彼岸がやってくる。」

そういう流れで憶えるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク